ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  経理/財務/会計  経理・会計に必要な税務の基礎知識 ─ 実務で判断に迷う法人税・消費税などの処理をわかりやすく解説 ─

開催日 2019/09/12 (木) 開催地 東京都

法人税・消費税・所得税・印紙税を要領よく修得!

経理・会計に必要な税務の基礎知識 ─ 実務で判断に迷う法人税・消費税などの処理をわかりやすく解説 ─

主催 りそな総合研究所株式会社 講師 松田 修氏 受講料 31,320円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
 税務は、ちょっとした間違いが元で起こるモレが思わぬトラブルを招く実務で、経理・会計に明るい方でも苦手という方が多いようです。独学で税務を修得するには、制度が年々変更になることもあり、複雑で大変な労力を要します。
 本セミナーは、法人税、消費税、所得税そして印紙税の4つの税金を取り上げ、その概要と実務で間違いやすいポイントをご理解いただきます。ベストセラー「はじめてわかった決算書プロのコツ」の著者、松田先生に具体的かつ丁寧に解説していただく実践的なセミナーです。

―電卓をお持ちください―

セミナーの対象者はこんな方です

経営幹部、経理・税務・管理部門の管理者・担当者の皆さま向け
  特典
開催日時 2019/09/12 (木)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/09/06
主催会社 りそな総合研究所株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 48名
受講料 31,320円
開講場所 ・会場名: りそな総合研究所 東京本社セミナールーム
・住所: 〒135-0042 東京都江東区木場1-5-25 深川ギャザリアタワーS棟14階
・交通アクセス: 東京メトロ東西線 木場駅 4b出口 徒歩5分

セミナー マップ

講師
松田 修氏 講師写真

松田 修氏  (まつだ おさむ)

松田会計事務所 所長 税理士

昭和61年税理士試験合格。税理士 松田会計事務所所長。学校法人村田簿記学校講師を経て、辻・本郷税理士法人にて6年間修行。主に法人税、消費税、資産税、財務分析を担当。平成5年、独立し、松田会計事務所を設立。簿記・税務・パソコン財務会計の専門スクール「麻布ブレインズ・スクール」代表。

【著書】
「はじめてわかった決算書 プロのコツ」「勝つ会社 プロのコツ」(リイド社)「Q&Aで基礎からわかる固定資産をめぐる会計・税務」(清文社)「会社のお金がとぎれない!社長の「現ナマ」経営」(すばる舎)

カリキュラム、
プログラム
1.法人税について
 (1)法人税の概要を理解する
  ①法人税の申告と納付を理解する
  ②税率を理解し、法人税額を計算してみる
 (2)法人税処理 実務のポイントは
  ①固定資産と消耗品 その分岐点は?
   少額減価償却資産、一括償却資産とその取扱い
  ②知らないとけがをする「交際費課税」の恐ろしさ
   ・福利厚生費との区分 ・広告宣伝費との区分
   ・会議費等との区分
  ③寄付金と使途秘匿金は似て非なるもの
  ④貸倒損失で損金算入できる3つの事由とは
  ⑤在庫計上を省略できる棚卸資産とは
  ⑥短期前払費用の取扱いは
 (3)給与・賞与・退職金の取扱い
  ①役員の範囲
  ②使用人兼務役員とは
  ③役員と従業員の給与・賞与・退職金の取扱い

2.消費税について
 (1)消費税の概要を理解する
  ①消費税が課税される取引、課税されない取引
  ②消費税と地方消費税の税率について
  ③消費税額計算の仕組みを理解する
 (2)課税・非課税・不課税・免税の違いをしっかり理解する
 (3)「免税事業者」「簡易課税」を理解する
 (4)科目別に仕入税額控除できるか否か検討してみよう
 (5)かなり厳しい「帳簿記載要件」に注意
 (6)簡易課税制度とは

3.所得税について(現物課税を中心として)
 (1)所得税(現物課税)の経理実務におけるポイント
  ①永年勤続者に支給する表彰記念品の取扱いについて
  ②役員、従業員に対する「昼食代」と「残業食事代」の取扱いは
  ③役員、従業員に対する「通勤手当」の取扱いは

4.「印紙税」迷いやすいケース10問10答
 (1)印紙を貼らないと契約は無効か
 (2)仮契約書や覚え書きにも印紙は必要か
 (3)レシートやクレジット払いの領収書にも印紙は必要か 他

5.近年の税制改正のポイント
 (1)法人税率の引き下げ
 (2)欠損金繰越控除制度の見直し
 (3)減価償却制度の見直し
 (4)平成31年度税制改正のポイント
 (5)消費税軽減税率の概要
 (6)適格請求書等保存方式(インボイス制度)の導入
 (7)免税事業者からの「仕入税額控除」の制限
持ち物 電卓
セミナー参加費
支払い方法
受講料のお支払は、お振込となります。原則、受講票とともにご請求書をお送りいたします。

原則として、受講料の払い戻しはいたしませんので、ご都合のつかない場合は、代理の方の参加をお願いいたします。やむを得ず、参加を取り消される場合は、必ず開催日前営業日17時までにご連絡ください。それ以降のキャンセルは、受講料を全額いただきますので、ご了承ください。

また、事前の連絡がないかぎり、自動的にはキャンセルにはなりませんので、ご注意ください。

*りそな総合研究所会員の方は、受講料・お支払方法ともに異なりますので、
お知らせ ・受講料は、1名様です。消費税等・テキスト代が含まれています。
・複数名お申し込みされる場合は、「通信欄」に2人目以降の方の「氏名・部署・役職」をご入力ください。
・りそな総合研究所会員企業は「会員料金」でご受講できます。詳細はお問い合わせください。 (TEL 03-5653-3951)
※講義の録音および録画はご遠慮ください。
※参加お申込みが少人数の場合や講師の病気等により、開催を中止させていただく場合があります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。