ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  ビジネススキル  コミュニケーションスキル/NLP/コーチング  部下を育成するためのコミュニケーションスキルアップ講座【全3講】

開催日 2019/10/17 (木) 他2回/計3回 開催地 東京都

部下育成に必須のコミュニケーションスキルを一挙習得!

部下を育成するためのコミュニケーションスキルアップ講座【全3講】

主催 りそな総合研究所株式会社 講師 工藤 アリサ 氏 &nb... 受講料 89,100円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
  部下を持つ上司には、彼らを戦力として育成するスキルが常に求められます。
特に部下とのスムーズなコミュニケーションは、仕事を円滑にし、且つ成果を出すためには欠かせません。
しかし近年では、新人や若手社員とのコミュニケーションギャップが多く発生しており、管理者として正確かつ効果的なコミュニケーションスキルを習得していないと的確な指導・育成が難しくなっています。

 そこで本講座では、管理者の方が部下育成をスムーズに行えるよう、コミュニケーションスキルに特化した、全3講にわたるプログラムをご用意いたしました。
是非、3講通してのご受講をお薦めいたします。

セミナーの対象者はこんな方です

部下を持つすべての方、新任管理者の皆さま向け
  特典
開催日時 2019/10/17 (木)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )
2019/11/20 (水)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )
2019/12/13 (金)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/10/11
主催会社 りそな総合研究所株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 48名
受講料 89,100円 (全3講一括受講)
開講場所 ・会場名: りそな総合研究所 東京本社セミナールーム
・住所: 〒135-0042 東京都江東区木場1-5-25 深川ギャザリアタワーS棟14階
・交通アクセス: 東京メトロ東西線 木場駅 4b出口 徒歩5分

セミナー マップ

講師
工藤 アリサ 氏 講師写真

工藤 アリサ 氏  (くどう ありさ)

株式会社リサーチ サポート 講師室長

成蹊大学文学部英米文学科卒。丸紅株式会社を経て、研修コンサルティング会社にて研修企画、立案から実施、マニュアル作成、インストラクターを務める。現在、講師室長として研修プログラムの研究開発など幅広く活躍中。そのわかりやすく的確な指導には定評がある。
〈著書〉「ビジネスを成功させる「伝え方」の技術」(こう書房)「人を育てるこの会話技術」(こう書房)「仕事のできる人の話し方」(講談社)ほか。

濱田 秀彦 氏 講師写真

濱田 秀彦 氏  (はまだ ひでひこ)

株式会社 ヒューマンテック 代表

1960年東京都出身。早稲田大学教育学部卒業後、住宅メーカー関連会社、人材開発会社を経た後、独立。ヒューマンテックを設立し、ビジネスコミュニケーションに関する指導、コンサルティング、セミナーや関連の講演(年間150回以上)を行なうなど幅広く活動中。これまでに行ったセミナー・研修・講演は2000回を越える。
〈著書〉「あなたが部下から求められているシリアスな50のこと」(実務教育出版)「上司の言い分部下の言い分」(角川SSC新書)「上司のタテマエと本音なぜ、あなたは評価されないのか?」(SBクリエイティブ)「主任・係長の教科書」(光文社)「年上の部下をもったら読む本」(きずな出版)ほか全21冊。

齋藤 直美 氏 講師写真

齋藤 直美 氏  (さいとう なおみ)

株式会社ミュゼ 代表取締役

外食チェーン本部人材育成部署にて、約8000人の教育・研修を担当し新人、管理職、社内講師の育成を行う。その後、2006年㈱ミュゼ設立に参画。大手から中小企業まであらゆる業界のリーダー教育、組織活性化に携わり、全国各地で研修・講演を行う。また、褒め方、叱り方について、ラジオ、新聞、雑誌などメディアに多数取り上げられ、注目を集めている。
〈著書〉「叱り方ハンドブック」(中経出版)「あたりまえだけどなかなかできない叱り方のルール」(明日香出版社)「部下がついてくる人、離れていく人の叱り方」(あさ出版)

カリキュラム、
プログラム
10 月17 日(木) 第1講 部下の主体性を引き出すアプローチ
1.ウォーミングアップ 「挨拶が出来ていない部下に挨拶させるやり方を検討する」
 (1)挨拶をさせる手法は50以上ある
 (2)やってはいけない手法とやるべき手法
 (3)「主体的な部下」の育成に必要な心構えと行動

2.誤解されない部下への動機付け
~「話さなくてもわかるはず」が指示待ちを助長する~
 (1)「主体的な部下」に育つことへ期待する
 (2)「主体的な部下」へと成長させるメリット
 (3)「主体的な部下」へ導くために必要なあなたの行動

3.指示出しで、指示待ちにしない3ステップ
~的確な指示が出ないと、部下は混乱し指示待ちになる~
 STEP1.的確な指示の出し方
 STEP2.指示と考えさせる課題は分けて伝える
 STEP3.相談型指示出しで考えさせる

4.部下の意見を引き出す3ステップ
~部下を思考停止させるアプローチが指示待ち主従関係を作る~
 STEP1.Youメッセージ
 STEP2.Iメッセージ
 STEP3.Weメッセージ

5.部下の失敗を成長に繋げるアプローチ
~離職やメンタルダメージに繋げない関係作り~
 STEP1.アクティブワーキングへの感謝や労い
 STEP2.ギャップポイントの指摘
 STEP3.ステップアップ課題の共有

6.リフレクションガイダンスで育成を加速させる
~仕事に流されるスタイルの黙認が指示待ちを習慣化させる~
 (1)業務日誌やガイダンスでリフレクション習慣を作る
 (2)結果はほめなくてもリフレクションプロセスを評価

11 月20 日(水) 第2講 部下を動かす「指示・命令」と部下への「報・連・相」指導法
1.「指示・命令」と「報・連・相」
 (1)職場運営の体系
 (2)指示命令とは
 (3)報連相と命解援

2.部下を動かす指示・命令の出し方
 (1)指示の3原則
 (2)否定指示から肯定指示への変換トレーニング【実習】
 (3)定性目標の示し方【ケース】

3.「報・連・相」の全体像
 (1)なぜ報連相をしてこないのか
 (2)報連相を自主的にさせるには
 (3)正直にさせるには
 (4)悪い報告を早くさせるためには
 (5)途中経過も報告させるには

4.「報・連・相」の指導法
 (1)報告・連絡・相談それぞれの違いの再確認
 (2)職場の報連相シミュレーション【実習】
 (3)要求レベルを高度化する
 (4)指導の実践トレーニング【実習】

5.報連相の受け止め方
 (1)報告のよい聞き方とは【実習】
 (2)情報を広く引き出すオープン質問【実習】
 (3)「報・連・相」をレベルアップさせるコーチング

6.職場での展開に向けて
 (1)管理職・指導者の指示・指導の傾向【タイプ診断】
 (2)部下タイプ別、指導のチューニング
 (3)自律的に動く職場作りに向けて

12 月13 日(金) 第3講 部下を伸ばす「ほめ方」・「叱り方」の極意
1.テクニックだけでは人は動かない!
 (1)正論だけでは人は動かない
 (2)人を動かす3つの要素

2.信頼関係を築き、やる気を高める褒め言葉
 (1)ホメトレであなたも褒め上手に! 【実習1】
 (2)強みを引き出し活かす 【実習2】
 (3)アメとムチの問題点
 (4)人を動かす2つの動機づけ

3.部下を成長させる叱り方
 (1)71.4%の上司が叱ることに自信がない
 (2)あなたの叱り方タイプは? 【実習3】
 (3)部下が離れる人の叱り方 【実習4】
 (4)効果的な叱り方4ステップ

4.実践!指導ロールプレイング
 (1)叱りにくい部下への対応
 (2)実践!指導ロールプレイング 【実習5】
ケース1)言い訳 ケース2)反論 ケース3)沈黙

5.部下のタイプに合わせた褒め方、叱り方
 (1)自分のコミュニケーションタイプを知る 【実習6】
 (2)タイプ特徴
 (3)タイプ別褒め方 【実習7】
 (4)タイプ別叱り方 【実習8】
 (5)合わない部下への対応方法

6.まとめ
・アクションプラン宣言とシェア 【実習9】
セミナー参加費
支払い方法
受講料のお支払は、お振込となります。原則、受講票とともにご請求書をお送りいたします。

原則として、受講料の払い戻しはいたしませんので、ご都合のつかない場合は、代理の方の参加をお願いいたします。やむを得ず、参加を取り消される場合は、必ず開催日前営業日17時までにご連絡ください。それ以降のキャンセルは、受講料を全額いただきますので、ご了承ください。

また、事前の連絡がないかぎり、自動的にはキャンセルにはなりませんので、ご注意ください。

*りそな総合研究所会員の方は、受講料・お支払方法ともに異なりますので、
お知らせ ・受講料は、1名様です。消費税等・テキスト代が含まれています。
・複数名お申し込みされる場合は、「通信欄」に2人目以降の方の「氏名・部署・役職」をご入力ください。
・りそな総合研究所会員企業は「会員料金」でご受講できます。詳細はお問い合わせください。 (TEL 03-5653-3951)
※講義の録音および録画はご遠慮ください。
※参加お申込みが少人数の場合や講師の病気等により、開催を中止させていただく場合があります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。