ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2019/10/21 (月) 他2回/計3回 開催地 東京都

初心者の方も、経理・会計の基礎から応用まで3日間でマスター!

経理・会計完全マスター講座【全3講】

主催 りそな総合研究所株式会社 講師 松田 修 氏 受講料 89,100円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
簿記の基礎・決算業務におけるポイントと、決算書の作成、読み方から経営における分析手法まで完全習得!

☆初心者の方も、経理・会計の基礎から応用まで3日間でマスターできます !

☆実務に必要な簿記の知識と決算業務における帳票類の作成、また決算書の読み方から分析の手法まで、多数の演習問題に取り組みながら理解を深めていただきます。

☆徹底した実践と分かりやすい丁寧な解説が毎回好評な講座です。

☆経理の実務担当者、経理・財務部門の管理者はもちろん、決算書を経営分析に活かしたい経営者・経営幹部、事業戦略部門の方にもおすすめです。

セミナーの対象者はこんな方です

経理・財務部門の担当者・管理者、決算書を経営や事業戦略に活かしたい全ての皆さま 向け
  特典
開催日時 2019/10/21 (月)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )
2019/11/21 (木)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )
2019/12/12 (木)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/10/16
主催会社 りそな総合研究所株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 48名
受講料 89,100円 (全3講一括受講)
開講場所 ・会場名: りそな総合研究所 東京本社セミナールーム
・住所: 〒135-0042 東京都江東区木場1-5-25 深川ギャザリアタワーS棟14階
・交通アクセス: 東京メトロ東西線 木場駅 4b出口 徒歩5分

セミナー マップ

講師
松田 修 氏 講師写真

松田 修 氏  (まつだ おさむ)

松田会計事務所 所長/麻布ブレインズ・スクール 代表  税理士

昭和61年税理士試験合格。税理士松田会計事務所所長。学校法人村田簿記学校講師を経て、辻・本郷税理士法人にて6年間修行。主に法人税、資産税、財務分析を担当。平成5年、独立し、松田会計事務所を設立。簿記・税務・パソコン財務会計の専門スクール「麻布ブレインズ・スクール」代表。
<著書>「はじめてわかった決算書プロのコツ」「勝つ会社プロのコツ」(リイド社)「Q&Aで基礎からわかる固定資産をめぐる会計・税務」(清文社)「会社のお金がとぎれない!社長の「現ナマ」経営」(すばる舎)「実務入門Q&A 国際税務と海外勤務者・非居住者の税金」(清文社)

カリキュラム、
プログラム
10月21日(月) 第1講 簿記の基礎と決算業務をマスターする

1.簿記の基礎をマスターする
 (1)簿記の2つの最終目的をしっかり理解する
 (2)貸借対照表と損益計算書の仕組みと役割
 ①貸借対照表を理解する3つの構造
 ②損益計算書に計上されるもの
 ③簿記の基礎、「勘定科目」の意味と整理
 (3)意外とカンタン「仕訳法」
 ①「取引」とは何か
 ②現金の増減を記入してみよう
 ③勘定記入の法則をマスターしよう
 ④実際に「仕訳」に挑戦してみよう 他
 (4)出納帳・伝票を記入してみよう
 ①現金出納帳・入金伝票・出金伝票・振替伝票
 (5)転記を理解し、試算表をマスターしよう
 ①総勘定元帳の説明と転記の方法
 ②合計残高試算表を作成してみよう

2.決算業務をマスターする
 (1)「売上原価」を計算する
 (2)減価償却の意味と計算方法
 ①減価償却を「定額法」で計算してみよう
 ②減価償却の仕訳と車輌運搬具や備品を売却した時の処理
 (3)「前払費用」の計上を理解しよう

3.精算表、及び決算書の作成方法
 (1)精算表の役目と作成方法
 (2)売上原価の計算と減価償却費、前払費用を精算表に記入してみよう
 (3)精算表から決算書の作成問題


11月21日(木) 第2講 決算書の見方・読み方をマスターする

1.損益計算書の活用:こう見る、こう読む、こう活かす!
 (1)損益決算書の5つの利益から何が読み取れるか
 (2)当期の決算を総括する儲かったか!儲からなかったか!
 (3)売上原価率、粗利益率を計算し、理解する
 (4)わずか10%の値引きが与える会社への意外な影響 他

2.貸借対照表の活用:こう見る、こう読む、こう活かす!
 (1)流動資産・固定資産の内容を理解する
 (2)繰延資産の正体
 (3)流動負債・固定負債の内容を理解する
 (4)難解な「純資産の部」を理解する 他

3.貸借対照表をさらに経営分析してみよう!
 (1)流動比率、当座比率で支払能力を見る
 (2)自己資本対固定資産比率で設備投資の状況を見る
 (3)経営分析の誕生は100年前のアメリカ、現在でもこの指標は不変です!
 (4)貸借対照表を図形化してみよう 他

4.損益分岐点分析:「損益分岐点売上高」の計算とその応用
 (1)損益分岐点とは・・・変動費・固定費を理解する
 (2)損益分岐点売上高を実際に計算する
 (3)「安全余裕額」と「安全余裕率」を計算する
 (4)固定費が増加した場合、どの位売上をアップさせなければならないか 他

※講師著書「はじめてわかった決算書プロのコツ」を差し上げます。


12月12日(木) 第3講 資金繰り・キャッシュフロー計算書をマスターする

1.資金繰りを決定する要因
 (1)資金繰りを良くする・悪くする「4つの原因」
 (2)「利益」が出ても現金預金が増えないのはなぜか?
 (3)失われた10年を資金繰りから総括
 (4)“優良負債”とは? 他

2.資金繰りを良くする「着眼点10ヶ条」
 (1)会社にお金が残らない4つのパターン
 (2)前受金の活用を検討する
 (3)売掛金債権回収サイトと買掛債務支払サイトの差に注目
 (4)商品手持日数を把握し、不良在庫の発生を防ぐ 他

3.資金繰り表の作成
・六分法・八分法・資金繰り表 (予定・実績)

4.資金収支計算書 (資金移動表)の作成
・資金精算表・経常資金収支の部・財務・投資資金収支の部
・借入金による資金調達

5.キャッシュフロー計算書 (間接法)の作成と分析
 (1)キャッシュフロー計算書とは
 (2)キャッシュフロー計算書 (間接法)作成と理解
 (3)キャッシュフロー計算書を活用した経営分析と改善策
持ち物 各講電卓をご持参ください
セミナー参加費
支払い方法
受講料のお支払は、お振込となります。原則、受講票とともにご請求書をお送りいたします。

原則として、受講料の払い戻しはいたしませんので、ご都合のつかない場合は、代理の方の参加をお願いいたします。やむを得ず、参加を取り消される場合は、必ず開催日前営業日17時までにご連絡ください。それ以降のキャンセルは、受講料を全額いただきますので、ご了承ください。

また、事前の連絡がないかぎり、自動的にはキャンセルにはなりませんので、ご注意ください。

*りそな総合研究所会員の方は、受講料・お支払方法ともに異なりますので、
お知らせ ・受講料は、1名様です。消費税等・テキスト代が含まれています。
・複数名お申し込みされる場合は、「通信欄」に2人目以降の方の「氏名・部署・役職」をご入力ください。
・りそな総合研究所会員企業は「会員料金」でご受講できます。詳細はお問い合わせください。 (TEL 03-5653-3951)
※講義の録音および録画はご遠慮ください。
※参加お申込みが少人数の場合や講師の病気等により、開催を中止させていただく場合があります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。