ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  ビジネススキル  コミュニケーションスキル/NLP/コーチング  説明・説得力向上研修 ─管理職が遭遇する、タフな状況下での説明力を鍛える ─

開催日 2020/03/06 (金) 開催地 東京都

難しい状況でも「相手を動かす力が武器になる!」

説明・説得力向上研修 ─管理職が遭遇する、タフな状況下での説明力を鍛える ─

主催 りそな総合研究所株式会社 講師 功刀 謙二 氏 受講料 31,900円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
 管理職には日々、上司や部下、顧客などに対し、難しい場面での説得や交渉が求められています。
しかし、熱意や想いだけで、人々や状況がいつも思いのままに動いてくれるわけではありません。
管理職が遭遇する難し い(タフな)場面において、相手に理解してもらい、自らの思いの方向へ動かす説明力を身につけるには、状況把握力や相手の心理状態に応じた対応など、スキルの習得が必要です。

 本セミナーでは、管理職に説得力が求められるシーンを想定し、説得するための心構えとスキルを習得していただきます。
「上司を説得する」「部下に無理を強いる」「ステークホルダーを説得する」「お客さまに詫びる」それぞれのシーンにあわせた説得の仕方を学んでいただきます。

セミナーの対象者はこんな方です

難しい場面における「説明・説得力」を強化し、レベルアップしたい管理職の皆さま向け
  特典
開催日時 2020/03/06 (金)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/03/03
主催会社 りそな総合研究所株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 48名
受講料 31,900円
開講場所 ・会場名: りそな総合研究所 東京本社セミナールーム
・住所: 〒135-0042 東京都江東区木場1-5-25 深川ギャザリアタワーS棟14階
・交通アクセス: 東京メトロ東西線 木場駅 4b出口 徒歩5分

セミナー マップ

講師
功刀 謙二 氏 講師写真

功刀 謙二 氏  (くぬぎ けんじ)

株式会社インソース

1974 年に大手石油会社に入社し、 1990 年にグループ会社に出向、 動機械設備保全担当の専門技術者として 設備の信頼性向上や保全費削限に取り組み、東南アジアにおいて設備診断・設備管理技術の専門家指導も経験。 2010 年に営業課長に就任し、提案営業の展開・管理監督費の削減に取り組み、営業利益を黒字に転換。 2015 年に取締役事業部長に就任。 180 名の組織を統括し、ソリューション営業支援や社員育成に取り組む。 2016 年から㈱インソース講師に就任。登壇は年間 100 回以上。豊富な知識と経験談を持ち、事例を交えた講義は現場での実践力を養う。

カリキュラム、
プログラム
1.管理職に求められる「説明力」とは
  管理職が説明を求められるシーンはそれなりに"タフ"である
  説明力が問われるシーンを考える    【ワーク】

2.“説明"の前に求められる状況把握力
 (1)上司を説得する
 (2)部下に無理を強いる
 (3)ステークホルダーを説得する
 (4)お客さまに詫びる

3.説明力を構成する3つの基本要素
 (1)相手の気持ちや感情を推し量る力
 (2)伝えたいことを論理的に整理する力
 (3)効果的な言葉を選ぶ力

4.望む結果を得るための上司への「説明力」 【ケーススタディ】
  組織目標を達成するために、上司が納得するように「説得」する

(1)上司を味方につけることが目標達成への近道
 (2)上司の視点に立って考えるポイント
 (3)仮説をもって上司に説得する「どうしましょう?」は三流社員

5.部下が意欲的に自ら動きたくなる「説明力」 
  部下に無理を強いる必要がある場面でも、
        部下がやる気になるような面談をする  【ケーススタディ】

 (1)面談の有効性~面談で問題解決の糸口をつかむ
 (2)一方的な面談にならないための「傾聴力」
 (3)部下が意欲を高めるための面談の仕方
 (4)根気強く何度も伝える「忍耐力」と「成長を願う気持ち」の重要性

6.ステークホルダーと協働するための「説明力」
  たとえ利害関係が一致しなくとも、
    会社視点で話すことにより納得してもらう  【ケーススタディ】

 (1)相手が説明を受け入れるために必要となる日頃の信頼関係
 (2)会社視点で考えた説明をする~自組織の利益だけを考えない
 (3)ずる賢い交渉も必要

7.お客さまに納得してもらうための「説明力」
 お客様から強い要望やクレームがあったとしても、
  的確な判断軸をもとに矢面に立って詫びたり説明をする 【ケーススタディ】

 (1)矢面に立つことを管理職の責務として受け入れる
 (2)管理職に求められる判断軸
 (3)強い要望やクレームへの対応方法

8.まとめ
セミナー参加費
支払い方法
受講料のお支払は、お振込となります。原則、受講票とともにご請求書をお送りいたします。

原則として、受講料の払い戻しはいたしませんので、ご都合のつかない場合は、代理の方の参加をお願いいたします。やむを得ず、参加を取り消される場合は、必ず開催日前営業日17時までにご連絡ください。それ以降のキャンセルは、受講料を全額いただきますので、ご了承ください。

また、事前の連絡がないかぎり、自動的にはキャンセルにはなりませんので、ご注意ください。

*りそな総合研究所会員の方は、受講料・お支払方法ともに異なりますので、
お知らせ ・受講料は、1名様です。消費税等・テキスト代が含まれています。
・複数名お申し込みされる場合は、「通信欄」に2人目以降の方の「氏名・部署・役職」をご入力ください。
・りそな総合研究所会員企業は「会員料金」でご受講できます。詳細はお問い合わせください。 (TEL 03-5653-3951)

※講義の録音および録画はご遠慮ください。
※参加お申込みが少人数の場合や講師の病気等により、開催を中止させていただく場合があります。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。