ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  リスクマネジメント  法務/コンプライアンス/契約書  コンプライアンス違反の 予知・予防法探究セミナー 【大阪開催】

開催日 2019/02/28 (木) 開催地 大阪府

  • 食事

違反行為・事件の解析を講義と演習を通して 原因究明し防止策を模索する

コンプライアンス違反の 予知・予防法探究セミナー 【大阪開催】

主催 一般社団法人日本能率協会 講師 中村 茂弘 氏 受講料 68,040円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
昨今、理解し難いコンプライアンス違反・事件が相次いで報道されています。これらコンプライアンス違反・事件は、日本のものづくりの根幹をも揺るがしかねません。

本セミナーでは、これら違反行為・事件発生に至ったメカニズムを解析し、実践的、効果的な活用法について講義と演習を通して原因を究明し、コンプラインス違反の予知・予防法を探っていきます。


要点

コンプライアンス、CSRや、ISO関連のセミナーの多くは法や規定の解釈や違反行為のダメ出しのような内容を多く見受けます。

本セミナーでは、
1.重大コンプライアンス事件の発生メカニズム分析を行い、
2.世界で効果を挙げてきた、性悪説と環境犯罪学の利用などを紹介し、
3.適用効果が大きい対策事例を、演習時に体験学習の形で学び、自社のコンプライアンス対策を、実践的、効果的に進む題材を提供させていただきます。

セミナーの対象者はこんな方です

コンプライアンス・CSR対策、購買、設計開発~製造管理業務ご関係者
開催日時 2019/02/28 (木)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/02/21
主催会社 一般社団法人日本能率協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 68,040円
開講場所 ・会場名: 日本能率協会・研修室(大阪)
・住所: 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー19階
・交通アクセス: 阪神梅田駅/地下鉄四つ橋線 西梅田駅 より徒歩1分 JR大阪駅 (桜橋口) より徒歩2分

セミナー マップ

講師
中村 茂弘 氏 講師写真

中村 茂弘 氏

JMA専任講師

某大手企業にて、新製品開発担当、IE/QC/VE/JIT/CIMなど改善・管理技法を駆使した各種プロジェクトに参画し、その指揮にあたる。
うち、米国AAP St-Mary社に3年間赴任。1990年日本能率協会TPマネジメント・コンサルタント、TP賞審査委員の担当を開始。多数にわたるプロジェクトの立上げ経験に裏付けされた実践的で明快な指導には定評がある。
QCD革新研究所 所長、ISO9001、ISO14001審査員補。

カリキュラム、
プログラム
事例解析と設問形式で防止策を模索しながらセミナーを進めます。

1 企業活動の在り方とCSR対策
  (1)誰もが知る企業活動の在り方
  (2)CSRの生い立ちと対処
  (3)コンプライアンス問題の種類とリスク軽視
  (4)PL問題とISO局面から見たコンプラインスへの(含む経営コスト)影響

2 コンプライアンス違反事例の解析~対策検討
  (1)昨今の事件とコンプライアンス違反発生企業への影響
  (2)不正行為の分析から得る対策法
  (3)犯罪環境学に学ぶ、違反行為防止の技術

3 不正行為の芽を摘み撲滅を探る
  (1)演習で整理する擬似犯罪行為を例とした要因の撲滅(含む個人情報漏洩問題の対策)
  (2)効果を得てきた違反の芽を摘む対策事例

4 高信頼「企業体質・文化」の醸成
  (1)トップ思想・方針展開の進め方
  (2)完全順守完全化にための資格化対策
  (3)内部監査の解釈(=問題僕滅プロジェクト)と、外部監査利用法

5 Q&Aとまとめ


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。
特典 食事付 食事付 
お知らせ 参加費(税抜)
通常参加料 63,000円/1名

・上記金額にはテキスト・昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

※参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。