ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  生産管理  品質管理/品質改善  ≪設計品質向上シリーズ≫ 「設計手順の標準化」推進セミナー 【大阪開催】

開催日 2019/04/18 (木) 開催地 大阪府

~技術伝承と暗黙知の見える化で”設計検討の質”をあげる~

≪設計品質向上シリーズ≫ 「設計手順の標準化」推進セミナー 【大阪開催】

主催 一般社団法人日本能率協会 講師 渡部 訓久 氏 受講料 37,800円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
開発設計の現場の課題


効率化・スピード・ コストが最優先で求められてきた結果、発生した不具合の根本原因の追究と対策や、技術の深掘り、人材育成等に時間がかけられず、類似問題の再発によって顧客の信頼が失墜し、技術力や知的生産性が退化してしまっているように感じます。

この状況を打破するには「設計検討の質」を重要視すべきです。

既知の領域は確実に伝承し、確固たる開発設計の基盤を確立することが、新たな価値創出には不可欠となるからです。

本セミナーでは、「設計手順の標準化」を切り口により“筋の良い”設計の伝承方法を学んでいただきたく企画しました。


設計手順標準化の意義

・製品構造の標準化よりも普遍性が高い
・若手設計者が一人で設計できることにより、ベテランらしい仕事に特化できる
・常により最適な設計手順にブラッシュアップすることができる
・属人的になりがちな製品設計。暗黙知を見える化することで組織全体の財産になる

セミナーの対象者はこんな方です

・開発、設計、技術、品質保証部門の方
・中堅~ベテランエンジニアの方
・設計手順標準化の効果的な考え方に関心のある方
・設計部門のレベルアップを図りたい方
  特典
開催日時 2019/04/18 (木)     13:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/04/11
主催会社 一般社団法人日本能率協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 37,800円
開講場所 ・会場名: 日本能率協会・研修室(大阪市・北区)
・住所: 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー19階
・交通アクセス: 阪神梅田駅/地下鉄四つ橋線「西梅田駅」より徒歩1分

セミナー マップ

講師
渡部 訓久 氏 講師写真

渡部 訓久 氏

㈱日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント

1991年に㈱日本能率協会コンサルティング(JMAC)に入社して以来、主に技術部門を対象に、
・商品企画プロセスづくりを通じた、新たな付加価値創出、組織的企画力強化
・フロントローディング型開発プロセス革新を通じた、開発期間短縮、効率化
・各種品質向上手法を駆使した、組織的設計品質向上
・技術ロードマップ構築活動を通じた、技術企画力強化
などのコンサルティングテーマに取り組んでいる。

カリキュラム、
プログラム
1日 13:00~17:00

1. 設計品質に関する現状の問題点と基本的な考え方
  (1) 開発設計プロセス上の問題点
  (2) 人材育成に関する問題点
  (3) 品質問題の再発防止、未然防止手法

2. 設計現場における技術伝承と暗黙知の見える化のポイント
  (1) 技術伝承の場
    ・DR、審査会などの公式の場
    ・定例ミーティング、打合せ、相談などの日常コミュニケーションの場
  (2) 暗黙知の見える化手法
    ・設計手順の標準化手法:IPDO標準化の解説
    ・IPDO標準化のデモンストレーション
  (3) 技術資産としての過去トラ情報活用方法
    ・過去トラ情報で参照すべきポイント
    ・過去トラ情報として蓄積すべき情報

3. 設計標準化について
  (1) 標準化の目的
  (2) 標準化対象ごとの基本概念


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。
お知らせ 参加費(税抜)
通常参加料 35,000円/1名

・テキスト(資料)費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

※参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。