ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  ビジネススキル  マネジメント/PMBOK  標準時間の設定と活用実践セミナー 【東京開催】

開催日 2020/06/16 (火) 他1回/計2回 開催地 東京都

  • 食事

~データ収集・解析活用による効率的な設定と、収益性向上に結びつく活用方法について学ぶ~

標準時間の設定と活用実践セミナー 【東京開催】

主催 一般社団法人日本能率協会 講師 小川 正樹 氏 受講料 126,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
標準時間は生産活動を見える化する物差しであり、標準のないところ改善はありません。

生産性や収益性をさらに向上させるには、“あるべき姿”としての正しい標準時間を設定し、活用することです。

本セミナーでは、グローバルに通用する標準時間の考え方、設定方法から収益性向上に結びつく実践的な活用方法について丁寧に指導します。


演習ポイント

PCを用いたグループ演習で理解を深めます。PCを持参出来る方は個人演習も可能です。

セミナーの対象者はこんな方です

・設計部門、生産技術部門、製造部門、生産管理部門の管理者、スタッフ
・製造現場の管理監督者
・現場の改善、コストダウンを推進されている方々
・標準時間の設定に関係する管理者、スタッフ
開催日時 2020/06/16 (火)     10:00~ 17:00    
2020/06/17 (水)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/06/01
主催会社 一般社団法人日本能率協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 126,500円
開講場所 ・会場名: 日本能率協会・研修室(東京・港区)
・住所: 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
・交通アクセス: 日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分 都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分

セミナー マップ

講師
小川 正樹 氏 講師写真

小川 正樹 氏

JMA専任講師
(株)MEマネジメントサービス 代表取締役
マネジメントコンサルタント・技術士(経営工学)

カリキュラム、
プログラム
1日目 10:00~17:00

標準時間の意義と設定手法~標準時間資料作成
◆マネジメントに役立つ標準時間

1 標準時間の概要
  (1) 標準時間設定の目的とレベル
  (2) どこまでを標準時間に含めるか
  (3) グローバルな作業標準時間の構成
  (4) 設備に対する標準時間設定

2 標準時間設定に必要なIE技術
  (1) IE(インダストリアル エンジニアリング)とは何か
  (2) 直接時間研究と標準スピードを見極めるレイティング
  (3) 余裕率設定にも役立つワークサンプリング
  (4) 人の動作の基準はPTS(既定時間標準)法
  演習
    標準スピードをレイティングする

3 標準時間資料の作成方法
  (1) 標準時間資料で自社の標準時間を設定する
  (2) PTS法を活用する合成法による標準時間資料の作り方
  (3) データを収集・解析し活用する分析法による標準時間資料の作り方
  (4) 時間を変動させる要因を読む回帰分析
  (5) 複数要因と時間の関係を読む重回帰分析
  (6) 余裕率の設定方法
  (7) 標準時間の監査制度とメンテナンスの自動化
  演習
  実践!PCを用いた標準時間資料の作成


2日目 10:00~17:00

標準時間の有効的な使い方 ◆計画面での活用を強化する

4 標準時間資料の工程設計・工数見積り面での活用
  (1) 新製品の工程設計・工数見積の手順とチェックポイント
  (2) ライン生産、セル生産での標準時間設定ポイント
  (3) CADや図面段階で標準時間を設定する
  (4) 設備の標準時間設定に必要な実験計画法
  (5) 実験計画法を活用して設備の標準時間を設定する
  演習
    PCを用いた標準時間を設定
    図面や仕様書からの標準時間設定を学ぶ

5 標準時間の生産管理面での活用
  (1) 標準時間で負荷を計算する
  (2) 負荷と能力の調整をコストで評価する
  (3) 段取費用と在庫費用を最適化する
  (4) 在庫が多いか少ないかを基準在庫で判定する
  演習
    負荷と能力を調整しコストメリットのある生産計画を作成しよう

◆計画と実績との差異対策

6 標準時間の工数・設備効率管理面での活用-決められた標準時間を維持管理する
  (1) 成果の出る工数、設備効率管理のやり方
  (2) 作業者の時間のムダ、管理者の時間のムダ
  (3) 標準時間を物差しにして生産性を倍増させる
  (4) 仕事量に対応して人と設備を使い分ける


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。
特典 食事付 食事付 
受講者の声 ・実例での説明と質問の解答が非常に解り易かった。
・標準時間を設定する必要性を再認識しました。
・工程改善のための指標について学んだ事を実践します。
持ち物 ※本セミナーでは電卓を使用しますので、必ずご持参ください。
お知らせ 参加費(税抜)
通常参加料  115,000円/1名

・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

※参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。