ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2019/09/17 (火) 他1回/計2回 開催地 東京都

【デジタルトランスフォーメーション】

システムシンキング基礎

主催 株式会社 日立アカデミー 講師 日立アカデミー講師 受講料 95,040円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
【デジタルトランスフォーメーション】問題を構成する互いに影響しあう要素の「つながり」を可視化する

ここでいうシステムとは、ITシステムではなく、より広い「系」を指します。システム思考とは、社会・企業・人間集団を構成する要素の相互作用を捉え、問題の根源を見つけるミクロな視点と、その問題の根源に手を加えることによる「系」全体の変化のマクロな視点の両方を持ちながら問題解決にあたる考え方です。このコースでは、システムを可視化する方法として因果ループ図・欲求連鎖分析を学習します。さらに、可視化した結果を有効に議論に活用するためのダイアローグを紹介します。
以下のさまざまなサイズのシステムの問題解決を学習します。
・繰り返してしまう望ましくない行動とその背後にある動機の個人レベルのシステム
・「ありたい姿」ではないと分かっていながらも、全員が本心を隠しながら働いているチームレベルのシステム
・会社としての共通目標があるにもかかわらず、部門の目標に分解されたとたんに起こるセクショナリズムの組織レベルのシステム
・BtoC、かつBが主導権を持っている単純な形から、BtoBtoCやBtoCtoCなどへの変化するエコシステムレ

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・他者の動機/行動について因果ループ図(強化ループ)が描け、行動変容方針に活かせる。
・自社の部門をまたぐ課題を因果ループ図で描け、全体最適方針に活かせる。
・ビジネスのエコシステムを欲求連鎖分析図で描け、業界の協創を思い描ける。
・社会問題を欲求連鎖分析図で描ける。

セミナーの対象者はこんな方です

相互の関連する要因から成る問題において、まずは現状把握をする必要のある方。例えば、部下・後輩の行動をどのように強化ループに巻き込むか考える必要がある、生産性の問題を部門横断的に明らかにし全体最適を考える必要がある、顧客・競合と共に協創するエコシステムを考える必要がある方。
  特典
開催日時 2019/09/17 (火)     09:30~ 17:00     (受付  09:00 ~ )
2019/09/18 (水)     09:30~ 17:00     (受付  09:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2019/03/01  ~ 2019/09/02
主催会社 株式会社 日立アカデミー
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 10名
受講料 95,040円
開講場所 ・会場名: (株)日立アカデミー 東京研修センタ
・住所: 〒140-0013 東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館
・交通アクセス: JR京浜東北線 大森駅東口より徒歩約4分 京浜急行線 大森海岸駅より徒歩約5分

セミナー マップ

講師
日立アカデミー講師 講師写真

日立アカデミー講師

カリキュラム、
プログラム
1.システムシンキングの基礎知識
 (1)システムシンキングとは?
 (2)なぜシステムシンキングが必要なのか?
 (3)どのようにシステムを捉えるのか?
2.因果ループ図・欲求連鎖分析図
 (1)因果ループ図・欲求連鎖分析図とは
 (2)因果ループ図・欲求連鎖分析図の記載ルール
 (3)因果ループ図・欲求連鎖分析図の例
3.因果ループ図での問題把握
 (1)後輩・部下はなぜ思ったとおりに行動してくれないのか?
 (2)業務の各プロセスでそれぞれ頑張っているのになぜ全体が良くならないのか?
 (3)競合となぜ消耗戦になるのか、協創できないものか?
 (4)儲かる仕組みって何だ?
 (5)社会問題はそもそもどんな構造なのか?
4.まとめ
参加条件・資格 「ロジカルシンキング基礎−論理の可視化と論理チェックのポイント−」コースを修了しているか、または同等の知識があること。
お知らせ ・このコースは、9:30〜17:00の開催とさせていただきます。
・このコースは、グループ演習を中心とした構成のため、研修効果の観点から最少開催人数を設けさせていただいております。ご了承のほどよろしくお願いいたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。