ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  営業・マーケティング  営業・マーケティング(その他)  消費財メーカーの営業改革・人材育成の進め方 2022

開催日 2022/08/24 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

─ 提案型営業への変革と定着 ─

消費財メーカーの営業改革・人材育成の進め方 2022

主催 株式会社マーケティング研究協会 講師 谷 雅之  他 受講料 無料   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
セミナー概要
様々なカテゴリーのメーカー様で、昨今の値上げ対応に追われながらも、目まぐるしく変化する環境に対応するため、デジタルを活用した施策や、SDGsに対応した企画提案など日々営業活動に進化を求められていることと思います。

これらに対応していくため、「営業改革をしたいと考えている」 「営業改革を推進中である」 「提案営業の研修は一通り実施した」というようなお声をよく耳にしますが、思ったように進んでいなかったり、定着が図れていなかったり、今後どのように推進していけば良いかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回の特別セミナーでは、メーカー様への”営業実態調査”から見えてきた「現状の営業活動の問題点」を起点に、実際に営業改革や提案型営業の定着に向けて何をどのような手順で考えていくべきなのか、具体的な事例を交えて解説していきます。

これからの営業組織力強化の方向性を検討する一助として是非ご参加ください。

セミナーの対象者はこんな方です

営業部門の部門長/支店長/マネージャー・リーダークラスの方
営業企画/営業推進スタッフ部門の方
マーケティング/経営企画/人事部門など営業力強化に係わる方
  特典
開催日時 2022/08/24 (水)     15:00~ 16:30     (受付  15:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/08/23
主催会社 株式会社マーケティング研究協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 40名
受講料 無料 (ご参加無料(1社3名様まで))
開講場所 ★ZOOM社ミーティングを使用したWEBセミナーです
港区芝大門から配信 

講師
谷 雅之 講師写真

谷 雅之

株式会社マーケティング研究協会
トレードマーケティング部 顧問

1965年生まれ。大学卒業後、ライオン株式会社に入社(28年間勤務)。セールス、ブランド育成担当、事業計画担当を経て営業革新プロジェクトに参画環境変化、技術革新に対応できる新たな営業活動スタイルの構築を行う。「物を売る⇒顧客を作る営業」へと革新を推進し利益率を改善。独立後はこれまでの経験を活かし、主に消費財メーカーの営業改革、営業強化に携わっている。

塚本 和之 講師写真

塚本 和之

株式会社マーケティング研究協会
取締役
トレードマーケティング部 部長

大学卒業後、(現)花王グループカスタマーマーケティング株式会社に入社。営業担当として、広域量販チェーンを担当。小売業の課題解決を目的とした提案型営業を実践し、成功と失敗を経験。その後、株式会社マーケティング研究協会に入社。消費財メーカーのアカウント戦略立案とその実行のサポートや、次世代リーダーの育成に注力している。

カリキュラム、
プログラム
プログラム概要
1.”営業改革”の声が高まっている背景
 ・コロナ禍でより鮮明になった、営業活動のバラツキ・属人化
 ・変わる小売業への、個人レベルでの”変化対応”の難しさ
 ・このままでは「商談をしなくても良いメーカー」に…
  ~2022年消費財メーカー営業実態調査から

2.”提案型営業への改革”を阻む壁とは?
 ・営業改革を進める前に考えるべき”目指す姿と目的”
 ・今求められているのは、”考えて・行動する”営業組織
 ・よくある、うまくいかないケースと社内の壁

3.具体的な”営業改革”の推進手順
 ・組織・人材・仕組の3本柱で取り組むことを整理する
 ・8つのステップで進める営業改革
 ・営業改革の進捗、提案型営業の実践度合いを”可視化”する

4.マーケティング研究協会の支援事例
 ・まとめ
お知らせ 受講にあたって
本セミナーは「消費財メーカー様対象」のセミナーとなります
ご了承ください
本セミナーは「テキスト送付」はございません
受講用のURLはメールにてお送りします
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。