ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  新規事業開発  新規事業開発におけるテーマ探索・創出とその評価法

開催日 2019/07/26 (金) 開催地 東京都

  • 飲み物
  • 食事

【エンジニア(技術者)のためのマーケティング・新規事業開発入門:2日目】

新規事業開発におけるテーマ探索・創出とその評価法

主催 株式会社情報機構 講師 石川 憲昭 氏 受講料 46,440円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
マーケットが成熟し、ヒット商品の創出が困難な時代だと言われているが、そのような中でも社会から支持される商品は生み出されている。
 新規事業を確立させるためには、市場から「使用したい」と思われるような価値ある商品を開発する必要がある。そのためにはマーケティングの考え方に基づいたテーマの探索・創出が必要不可欠であるが、他にも競合他社との関係や、自社技術の分析・把握、ビジネスモデル・コンセプトを見据えた構想など、重要となるポイントがいくつか存在する。
本セミナーでは、新規事業として確立するためのテーマの発想・創出から自社に相応しいテーマの選択までの実践的な手法についてわかりやすく解説する。
また、新規事業を成功に導くための組織体制や、近年新規事業開発手法として注目・活用され始めているエフェクチュエーション(市場創造の実効理論:優れた起業家の思考プロセスを分析・パターン化したもの)についても触れる。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・新規事業・商品テーマの発想から選択まで実践的な手法
・開発マーケティングの基礎知識
・新規事業のビジネス構想の考え方、手法

セミナーの対象者はこんな方です

・新規事業や新商品開発に携わる研究・開発・技術企画部門等の方
・新規事業開発の仕組みや手法の導入を検討している部門の方
・開発マーケティングについて学びたい研究・開発・技術企画部門等の方
・事前にマーケティングの知識は必要ありません
 お知らせ
開催日時 2019/07/26 (金)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/07/25
主催会社 株式会社情報機構
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 46,440円
開講場所 ・会場名: [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館 3階 320
・住所: 〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5 
・交通アクセス: R中央・総武線 御茶ノ水駅下車、徒歩3分
講師
石川 憲昭 氏 講師写真

石川 憲昭 氏  (イシカワ ノリアキ)

アイマーケ(株) 代表取締役 大阪成蹊大学 非常勤講師 MBA

大学卒業後、オムロン(株)にて産業機器の事業企画、商品企画に従事しヒット商品を創出。2004年アイマーケを創業、大企業から中小企業まで様々な業界の新規事業開発、製品開発、マーケティング等のコンサルティングや研修を実施。これまで関わった企業は1000社以上。その他、大学の講師や経済産業省の産業施策に関する委員を務める。

カリキュラム、
プログラム
1.新規事業開発に必要な視点と成功要因
 1) 事業成立の3要素 「市場」「商品」「技術」
 2)ビジネスの構造と事業の拡大
 3)事業拡大と新規事業創造の類型
 4)ビジネス構造の見える化
   ・商品属性と市場構造

2.新規事業を成功に導くためのテーマ探索・創出の7つのポイント
 1)ポイント1 自社の技術の棚卸し
  a) 連関図を活用した自社の技術の整理
  b) 市場・競合視点での自社の技術・強みの分析
  c) 個人演習①(自社の技術の棚卸し)
 2)ポイント2 自社の技術の外部からの評価
  a) 学会・展示会を活用し外部の声を収集
  b) 技術交流会によるキーマンインタビュー
 3)ポイント3 新規事業・商品テーマの発想
  a) アイディア創造の要件
  b) 主な発想法:ブレーンストーミング/KJ法
   ・デザイン思考の活用(意味的価値の視点)
   ・類似しているものから推しはかるアナロジー発想法
   ・ミニ個人演習②(発想法によるアイディア創造)
 4)ポイント4 ターゲット市場の設定
  a) 外部環境分析
  b) 市場のセグメンテーション
  c) セグメンテーション事例紹介
 5)ポイント5 新規事業・商品テーマ選択のための評価方法
  a) 自社の上位目標・経営資源からの評価
  b) 市場の魅力度からの評価
 6)ポイント6 事業・商品コンセプトの創出
  a) 社内の一体感を醸成する事業コンセプト
  b) 市場・顧客に提供する価値の定義
  c) 競合優位性・独自性の明確化
  d) 戦略キャンバス・ポジショニングマップによるコンセプトの見える化
  e) 個人演習③(ポジショニングマップの作成)
 7) ポイント7 商品コンセプトの表現
  a) コンセプトの表現方法
  b) プレカタログの作成
  c) 個人演習④(コンセプトの表現)

3.新規事業創造を牽引する組織としくみ
 1) 市場開発・技術開発の推進
 2) 組織体制とプロジェクトマネジメント
 3) エフェクチュエーション(effectuation 市場創造の実効理論)とは?
 4) エフェクチュエーションによる新規事業創造事例

4.まとめ
  本日のまとめと質疑応答
特典 食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
以下申込要領をご了承のうえお申し込みください。



=申込要領=



※お申込を確認後、受講券、請求書、会場の地図等をお送りいたします(申込者数が最小催行人数に達してない場合、開催決定まで受講券等の発送を見合させて頂くことがございます)



※受講料のお支払いは、原則として開催日までにお願いいたします。後日になる場合は予定日をご明記ください。また、当日会場でのお支払いも可能です。



※申込後、ご都合により講習会に出席できなくなりました場合は、代理の方がご出席ください 。

止むを得ず欠席の場合、
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。