ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  環境・エネルギー  【大阪開催】蓄熱材・調湿剤及び同システムの基礎と蓄熱空調技術開発の動向

開催日 2017/05/30 (火) 開催地 大阪府

  • 飲み物
  • 食事

~蓄熱・調湿技術の基礎から材料・システムの技術動向や導入例、採算性まで~

【大阪開催】蓄熱材・調湿剤及び同システムの基礎と蓄熱空調技術開発の動向

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 岡山大学 名誉教授 稲葉 英男 氏 受講料 48,600円

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
 近年の情報機器の普及による冷却熱需要や民生用温熱・冷熱需要の急増そして多様なエネルギー供給源の最適化に向けての調整さらに化石燃料利用による環境問題などを勘案した省エネルギーの立場から、蓄熱・調湿技術に対する期待が大きくなっている。

 本セミナーでは、蓄熱・調湿技術の基礎や蓄熱・調湿材料の紹介そして具体的な蓄熱・調湿システムの導入事例や採算性などを体系的に説明し、さらに今後の蓄熱・調湿技術開発の最新動向にも幅広く言及し、熱エネルギーマネジメント技術としての蓄熱・調湿技術の将来像を明らかにする。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

<得られる知識>
・我が国における環境とエネルギー政策等の動向
・住宅・自動車空調分野における省エネルギー等
・蓄熱材料とその分類
・蓄熱技術とそのシステム化
・蓄熱・調湿システムの経済性
・調湿剤(デシカント剤)の分類
・調湿技術とそのシステム化
・蓄熱・調湿技術と建物のエネルギーマネジメント
・自動車の燃費向上に向けての蓄熱・調湿技術の新展開

セミナーの対象者はこんな方です

蓄熱・調湿技術や熱エネルギー関連に興味があれば、どなたでも受講可能。予備知識がなくとも理解できるよう、講師にお話頂く予定です。

【講師より】
 本セミナー、熱マネジメント技術としての蓄熱・調湿技術に焦点を当て、蓄熱・調湿技術の基本である蓄熱・調湿材料の種類とその具体的な蓄熱・調湿技術システムの紹介そして最新の技術動向を分かり易く解説し、熱エネルギー有効利用に向けての熱マネジメント技術の習得を目的とします。さらに、蓄熱・調湿システムの経済性についても言及します。特に、専門知識が無くても、理解できるようにセミナー内容を構成しております。
開催日時 2017/05/30 (火)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2017/05/29
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 48,600円
開講場所 ・会場名: 大阪・大阪市天満橋 ドーンセンター 5F 大会議室2
・住所: 〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-3-49 
・交通アクセス: 
講師
岡山大学 名誉教授 稲葉 英男 氏 講師写真

岡山大学 名誉教授 稲葉 英男 氏

1979年3月 北海道大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)
1979年4月 カナダ国アルバ-タ-大学 博士研究員
1980年4月 北見工業大学工学部機械工学科 助教授
1989年4月 岡山大学工学部機械工学科 教授
2004年4月 岡山大学工学部副工学部長
2005年6月 岡山大学理事・副学長
2005年6月 岡山大学付属図書館長
2006年4月 岡山大学研究推進・産学官連携機構長
2008年4月(独法)国立高等専門学校機構 津山工業高等専門学校校長
2013年4月 就実大学・就実短期大学学長
2014年4月 就実学園専務理事(併任)
現在 岡山大学名誉教授、津山高専名誉教授

カリキュラム、
プログラム
1.最近のエネルギー活用に対する社会的動向と政策
 1.1 地球環境保全とエネルギー需給の展望
 1.2 建築物や自動車等のエネルギーの効率的利用に向けての技術動向

2.蓄熱技術の基礎
 2.1 熱マネジメント技術としての蓄熱技術
 2.2 蓄熱技術に要求される機能特性
 2.3 蓄熱材料として具備しなければならない特性

3.蓄熱材料の分類と蓄熱システム
 3.1 蓄熱材料の種類と分類
 3.2 顕熱蓄熱材と顕熱蓄熱システムの具体例
 3.3 潜熱蓄熱材と潜熱蓄熱システムの具体例
 3.4 自動車関連の蓄熱システムの具体例

4.蓄熱システムの応用と運用
 4.1 蓄熱システムの展開
 4.2 蓄熱システムのコストと経済性
 4.3 蓄熱技術開発の計画フロー

5.調湿剤(デシカント剤)の基礎と分類
 5.1 調湿剤(デシカント剤)の種類と分類
 5.2 デシカントシステムの具体例
 5.3 顕熱潜熱分離空調の省エネルギー性
 5.4 新規開発低温再生可能調湿剤の開発と活用

6.今後の蓄熱・調湿システム展開と方向性
 6.1 顕熱潜熱分離型空調システムへの蓄熱・調湿技術
 6.2 先駆的蓄熱・調湿技術の展望

□ 質疑応答 □
特典 資料付

食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

※2名同時1名無料キャンペーン適用で「1名のみキャンセル」の場合は、キャンセル料は発生いたしません。

お知らせ ※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価の半額)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※他の割引は併用できません。

【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき10,800円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。