ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  事業承継/後継者育成  暗黙知としての実験技術の可視化と技術継承 組織と技術の自律的成長を生む技術継承の戦略と方法

開催日 2018/06/06 (水) 開催地 東京都

  • 飲み物
  • 食事

ベテラン研究員の熟達した技を次世代へ効率良く引き継がせるには?

暗黙知としての実験技術の可視化と技術継承 組織と技術の自律的成長を生む技術継承の戦略と方法

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 奥村 治樹 氏 受講料 48,600円

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
研究実務にも技術継承が必要だと思いませんか?
例えばベテラン研究員が知っている実験のコツなんで特に…

 技術継承というとどうしても生産技術にスポットが当てられがちであるが、研究開発、特に実験技術の継承も大きな問題の一つである。実験技術は生産技術のように定まった固定的なものではなく、ケースバイケースでその時その時に考えていくものであるので、マニュアル化も難しい。そのため、これまで実験技術の継承についてはほとんど触れられてこなかった。しかし、スピードと効率化、人材の流動化が激しい現代においては、実験技術の継承も生産技術と同様に推し進めなければならない。
 本講演では、特に実験技術にフォーカスして、技術継承の本質の理解と共に、発展的成長へと繋がる技術継承戦略の考え方、そして、その戦略を実現するための具体的方法(伝える内容、伝え方、技術の情報化)について、暗黙知と形式知という考え方や行動心理学の考え方を取り入れて解説する。 

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・目的志向でゴール設定し、確実に目標達成する力
・本来のあるべき実験技術の継承
・技術継承の考え方と方法
・保有技術の可視化と情報資産化
・継続性と発展の両立
・基盤人材戦略

セミナーの対象者はこんな方です

・マネージャー、課長、管理者層
・研究所長、部長、部門長
・経営層
・中堅(受け手側&若手育成者として)
・企画、計画サイドとしてのスタッフ部門
開催日時 2018/06/06 (水)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2018/06/05
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 48,600円
開講場所 ・会場名: 東京・品川区大井町 きゅりあん 6階 中会議室
・住所: 〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1 
・交通アクセス: 「大井町駅」(中央改札)より徒歩1分
講師
奥村 治樹 氏 講師写真

奥村 治樹 氏

ジャパン・リサーチ・ラボ 代表 博士(工学)

カリキュラム、
プログラム
1.イントロ
 1.1 実験技術とは
 1.2 生産技術との違い

2.技術継承と暗黙知
 2.1 継承とナレッジの共有化
 2.2 ナレッジと暗黙知
 2.3 暗黙知の構成要素
 2.4 暗黙知を形式知にする
 2.5 2種類の感
 2.6 二つの「ワザ」
 2.7 テクニックをテクノロジーに
 2.8 知識と知恵
 2.9 情報資産化
 2.10 実験技術継承の目的
 2.11 開発・実験と継承
 2.12 なぜ継承するのか

3.なぜ継承が難しいか
 3.1 本質的課題
 3.2 現実的な現場の課題
 3.3 情報化の難しさ
 3.4 内面の可視化
 3.5 大いなる誤解の存在

4.実験技術継承における課題
 4.1 伝える側の課題
 4.2 良き師とは
 4.3 受け手の不在
 4.4 責任と原因の帰属
 4.5 継承における心理的課題
 4.6 現場担当者任せの課題

5.継承プロセスとは
 5.1 テクニックをテクノロジーへ
 5.2 テクノロジー化のポイント
 5.3 重要な顕在化の方法
 5.4 プロセスフロー
 5.5 トップダウン&ボトムアップ
 5.6 技術の可視化

6.実験技術継承のキーポイント
 6.1 技術継承とは
 6.2 形式知化の向こう側
 6.3 手順の後ろにあるもの
 6.4 技術力の継承とは
 6.5 経験知
 6.6 ノウハウ・技術以外に伝えるべきこと
 6.7 継承することの本質
 6.8 継承の内的プロセス
 6.9 スタートとゴール
 6.10 人を動かす伝え方
 6.11 新米、中堅、ベテラン
 6.12 継承≠引継ぎ
 6.13 言葉の重要性
 6.14 業務化と期限、ゴール設定
 6.15 バランス
 6.16 失敗の価値
 6.17 二つの成長
 6.18技術は資産

7.継承を成功させる戦略
 7.1 経営戦略との整合
 7.2 継承の条件
 7.3 優先順位
 7.4 ステップ継承
 7.5 分散・冗長化
 7.6 継承のPJ化
 7.7 継承マニュアル

8.実験技術継承の準備
 8.1 準備の重要性
 8.2 棚卸
 8.3 人材の棚卸
 8.4 継承技術の基準
 8.5 分類する

9.実験技術の継承
 9.1 実験スキルの分類
 9.2 作業、思考の区別
 9.3 上位概念化
 9.4 流儀(個性)の整理
 9.5 動作の継承
 9.6 思考の継承
 9.7 プロセスへのアプローチ
 9.8 構想
 9.9 計画
 9.10 実験条件
 9.11 実験操作
 9.12 マニュアルの統合
 9.13 基盤力
 9.14 OJT ≠ 免罪符
 9.15 実験プロセスの比較
 9.16 裁量バランス

10.内面と啓蒙
 10.1 ソフト要素
 10.2 啓蒙と納得
 10.3 失敗も技術
 10.4 技術だけではない

11.技術(ナレッジ)の可視化・情報化
 11.1 暗黙知の情報化とは
 11.2 外面(手順)の情報化
 11.3 パラメーターの可視化
 11.4 多元的収集と情報次元の拡大
 11.5 内面の情報化
 11.6 認識プロセスの可視化

12.情報の評価と解析
 12.1 情報整理
 12.2 構造化
 12.3 分解、結合
 12.4 独立性と相関性
 12.5 直感的、感覚的で良い?
 12.6 プロセスとしての解析
 12.7 俯瞰視点と仰望視点

13.技術継承の方法(伝え方と教え方)
 13.1 継承のパターン
 13.2 要素分解(手強い対象は分解する)
 13.3 継承技術のブレークダウン
 13.4 認知バイアス
 13.5 まず知る
 13.6 徒弟制度
 13.7 OJTが機能しない理由
 13.8 正しいOJT
 13.9 良い訓練とは
 13.10 背景と理由
 13.11 ソクラテス式教育法
 13.12 定量的、客観的に
 13.13 以心伝心
 13.14「動」で伝える

14.継承のためのコミュニケーション
 14.1 コミュニケーションとは
 14.2 心(マインド)のリンク
 14.3 伝えたいこと、聞きたいこと
 14.4 質問の例
 14.5 全体イメージ(テーマ)の共有
 14.6 いっしょに冒険の旅に出る
 14.7 アフターフォロー

15.育成と継承
特典 【セミナー受講特典コンサルティング】 ※ コンサルティング料は受講料とは別になります。

 セミナーに受講して名刺交換をさせて頂いた方への特典サービスとして、初回限定で限定特別料金にてコンサルティングをご利用いただけます。技術的な相談はもちろん、戦略相談、オンサイトセミナーなど、依頼条件を満たす限り原則として実施内容、方法に制限はありません。
 技術コンサルティングには興味があるが利用したことがないので、どのようなものか良くわからず正式依頼に踏み切れない、決裁を取るために一度ディスカッションしたいという方は、是非この機会に、JRLのコンサルティングを御体験ください。限定特典ではありますが、必ず満足のいただける内容でお応えします。

<依頼条件>
 ・初回1回のみ
 ・セミナー実施日より3カ月以内に依頼が成立
 ・コンサルティング実施時間:4時間程度まで
 ・費用:場所、内容によらず定額の限定受講特典(交通費は、別途ご負担下さい)

食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以
お知らせ ※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。

【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき10,800円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。