ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  エレクトロニクス  生体センシング・バイオデバイス技術動向と ヘルスインフォマティクスへの展開

開催日 2018/10/02 (火) 開催地 東京都

  • 飲み物
  • 食事

日常での生体情報の取得と活用

生体センシング・バイオデバイス技術動向と ヘルスインフォマティクスへの展開

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 杉本 千佳 氏 &nbs... 受講料 54,000円

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
~ウェアラブル・無拘束計測向けセンサ・エネルギーデバイス動向とヘルスケアIOT~

ウェアラブルセンシング・生体センシング技術のトレンドや、無拘束・非侵襲のためのアイディア、デバイス駆動に必要なエネルギー技術、更にはデータ活用に向け重要となるヘルスケアIoTの展望などなど、生体情報の取得技術から課題に向けた取り組み、情報活用の展開までを解説。

セミナーの対象者はこんな方です

本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。
開催日時 2018/10/02 (火)     10:30~ 16:15     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2018/10/01
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 54,000円
開講場所 ・会場名: 東京・千代田区駿河台 連合会館 402会議室
・住所: 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 
・交通アクセス: 東京メトロ 千代田線「新御茶ノ水駅」(B3出口)より0分
講師
杉本 千佳 氏 講師写真

杉本 千佳 氏

横浜国立大学 工学研究院 未来情報通信医療社会基盤センター 准教授 

三林 浩二 氏 講師写真

三林 浩二 氏

東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 センサ医工学分野 教授 

山本 義春 氏 講師写真

山本 義春 氏

東京大学 大学院教育学研究科 教授 教育学博士

カリキュラム、
プログラム
ウエアラブルセンシング技術の基礎と、要素技術および応用動向

1.生体センシングのトレンドと技術
 1.1 生体センシングの近年の動向
 1.2 生体センシングの対象と要求ニーズ
 1.3 ウェアラブル生体センシングの要素技術
 1.4 生体センシング手法–近年研究開発が進むセンシング手法の測定方式と技術
  1.4.1 ウェアラブル生体センシング
  1.4.2 非接触・無拘束生体センシング

2.生体センシングの活用事例-デバイス・システム・アプリケーション-
 2.1 医療・ヘルスケア分野
 2.2 スポーツ・フィットネス分野
 2.3 産業・業務分野

3.まとめ~今後の展望~


無拘束計測のための生体・バイオセンサ及びデバイス技術とエネルギー対策

1.医療分野における無拘束・非侵襲バイオセンサの必要性
2.バイオセンサの原理と種類
3.酵素型バイオセンサの測定系
4.性能評価(選択性、定量性、検出限界、寿命、再現性、バラツキなど)
5.近未来のバイオセンサ
6.半導体プロセスを用いたバイオセンサ
7.キャビタス(窩腔)バイオセンサ
8.ソフトコンタクトレンズ型バイオセンサ
9.生体適合性材料を用いたバイオセンサ
10.涙液成分計測による非侵襲血糖評価の可能性
11.眼部からの経皮ガス計測
12.無線機能付きマウスガード型バイオセンサ
13.生体由来揮発性化学成分の高感度バイオセンシング
14.光ファイバー型バイオセンサ
15.バイオセンサ技術を応用した揮発成分の可視化計測
16.無拘束計測でのエネルギー課題
17. バイオセンサ技術を利用した空気バイオ電池
18.バイオ式酸素濃縮技術による空気バイオ電池の高出力化
19.自律血糖制御システム(人工すい臓)


第3部 Health Informatics(健康情報学)の現状と今後

1.これからの健康情報学に求められるもの
 1.1 日常の生活習慣行動(~現代の健康リスク)の機序解明と制御
 1.2 データと予測に基づく健康リスクの制御

2.関連研究動向
 2.1 ICT/IoTの利活用:EU-FP7 projects, mobile Health, healthcare IoT
 2.2 人間行動・習慣行動のモニタリング/モデリング
 2.3 Intensive Longitudinal Data (強縦断データ)とシステム行動医学
 2.4 海外の研究開発戦略動向とJST/CRDSの提言

3.ヘルスケアIoTの展望
 3.1 生体情報・健康関連情報の解析・モデリング・予測(ヒト精神疾患を例に)
 3.2 IoT時代のヘルスケアの姿(青写真としての疾患発症動物モデルでの検討)
 3.3 日常の状態把握と誘導システムの開発(JITAIへ向けて)
 3.4 ヘルスケアIoTコンソーシアム

4.まとめ
特典 セミナー資料付き。

食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
お知らせ ※各種割引特典がございます。
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の27,000円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。

【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき10,800円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。