ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  エレクトロニクス  電気自動車(EV)におけるパワーエレクトロニクス及び そのコンポーネント技術の現状把握と将来展望

開催日 2019/07/11 (木) 開催地 愛知県

  • 飲み物
  • 食事

【名古屋開催】

電気自動車(EV)におけるパワーエレクトロニクス及び そのコンポーネント技術の現状把握と将来展望

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 廣田 壽男 氏 受講料 48,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
  自動車による環境への対応として、世界で電気自動車(EV)の市場導入が急速に拡大しつつある。欧州など各国でエンジン車からEVへシフトする政策の検討が進められ、中国では今年からEVなど新エネルギー車の販売義務付けが開始される。これらの動きに対応し自動車メーカーのEV開発やベンチャー企業の新規参入も急速に活発になりつつある。
 EV開発ではモータ、インバータ、バッテリなどパワーエレクトロニクスの技術が重要となる。またこれらのコンポーネントによりパワートレーンシステムとして纏め上げるには、自動車に要求される機能と電動バワートレーン、コンポーネントの技術の本質を理解することと、それぞれのコンポーネント技術が自動車の性能にどう影響するかを理解することが必要である。さらにそれぞれの技術が自動車ユーザーのフィーリングにどう関わっているか、自動車を通して技術がどのように社会に役立つかを理解することも重要である。
 EVの車両技術、コンポーネント技術の基礎知識と最近の技術進化、将来技術の可能性について講師の実務経験をもとにお話ししたい。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・EV技術の基礎知識、車両技術、パワートレーン、モータ・インバータ、バッテリなど要素技術の基礎知識の理解。
・EV車両性能とコンポーネント機能の関わり合いの理解。
・機械、電気、電子、ソフトウェアなど技術領域のつながり、関わり合いの理解。
・新しい技術を商品化することの難しさと取り組み方の理解。

セミナーの対象者はこんな方です

本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。
開催日時 2019/07/11 (木)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/07/10
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 48,600円
開講場所 ・会場名: 愛知・名古屋市中村区 愛知県産業労働センター ウインクあいち 13F 1308
・住所: 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 
・交通アクセス: ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
講師
廣田 壽男 氏 講師写真

廣田 壽男 氏

早稲田大学 電動車両研究所 招聘研究員 工学博士

カリキュラム、
プログラム
1.EV技術の現状
 1) EVの市場導入が急速に進む
  a) 世界のEV,PHV保有台数
  b) 各国の内燃エンジン車の販売禁止の動き
  c) 中国NEV規制
  d) IEAの電動化シナリオ
   -各国政府の推進政策だけでEV市場拡大は進むのか?ー
 2) エンジン車を凌駕するEVの魅力
   -EVの魅力を創り出す本質的な技術とは何か?-
  a) レスポンスの良い加速性能
  b) ハンドリング性能
  c) 回生協調ブレーキ
  d) 静粛性
 3) 最新の注目技術
  a) ワンペダルドライビング
  b)モータの動力性能、静粛性能の改善
 4) 乗用車だけでないEVがモビリティを変える
  a) 超小型EV
  b) 商用車
  c) トラック、バス

2.EVの進化を支えるコンポーネント技術
 1) 電動パワートレーン技術の概要
  a) EVパワートレーンシステム
  b) プラグインハイブリッドパワートレーンシステム
 2) モータ・インバータ技術の基礎と応用
  a) モータの種類と特徴
  b) 永久磁石式同期モータPMSMの出力特性、効率特性
   -PMSM‐EVのレスポンスが格段に良いのは何故か?-
  c)電動パワートレーン構成
  d)PMSM用インバータの基本構成
  e)力行駆動
  f)逆起電力、弱め界磁
  g) 回生運転
  h) インバータ技術進化:回生ブレーキ作動領域の拡大など
   -回生エネルギー量が大幅に増大したのは何故か?-
  i) IGBTの小型化および損失低減
 3) リチウムイオンバッテリ技術の現状と将来見通し
  a) リチウムイオンバッテリの動作原理および特徴
  b) エネルギー密度、部分負荷運転時の低い内部抵抗
  c) 正極材料の種類と特徴
  d) マンガン系リチウムイオンバッテリ
  e) バッテリマネジメントシステムBMSの種類と特徴
  f) 三元系、Ni系リチウムイオンバッテリ
  g) ニッケルリッチ正極バッテリ
  h) シリコン添加負極バッテリ
  i) リチウムイオンバッテリのエネルギー密度向上およびコスト低減
 4) 充電技術の現状と将来見通し
  a) 普通充電、急速充電
  b) 充電インフラの現状
  c) 超急速充電の技術
  d) EV充電の将来技術

3.将来展望
 1)EVの課題の克服および将来に向けた進化のポテンシャル
   -モータ・インバータの新たなアプローチはあるか?-
  a) バッテリ性能改善の困難さ
  b) 全固体電池
  c) モータ・インバータの技術革新、SiC半導体はEVを変えるか
 2) 燃料電池の現状と将来見通し
  a) 燃料電池の原理、電極界面の物質移動
  b) MIRAIのFC技術進化
  c) 高圧水素タンク
 3) 実用的なソーラーカーは実現するか?
  a) 太陽電池の技術革新
  b) 太陽光発電システム搭載自動車の技術検討
  c) 国際的協力プログラム開始
 4) サステナブルモビリティの実現を目指して

  □質疑応答□
特典 セミナー資料付き。

食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以
お知らせ ※各種割引特典がございます。
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。

【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき10,800円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。