ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  エレクトロニクス  ADAS(先進運転支援システム)用センサの 技術動向と今後の展望

開催日 2019/07/11 (木) 開催地 東京都

車載用ミリ波センシング&LiDARの技術動向を徹底解説

ADAS(先進運転支援システム)用センサの 技術動向と今後の展望

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 梶原 昭博 氏 &nbs... 受講料 48,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
第1部
 本セミナーでは、高い周波数と広い占有帯域幅、進化したアンテナ技術などによる先進的車載用ミリ波センシング技術について概説する。次にミリ波レーダによる自車位置推定や路上落下物検知技術を紹介し、自動走行システム(レベル3、4)にもたらす効果について説明する。また今後、車載レーダシステムの普及に伴う課題としてレーダ間干渉が指摘されているがその解決策についても紹介する。

第2部
現在、自動運転自動車の開発が世界中で活発に行われている。自動運転自動車が自律的に走行を行うためには、その周辺環境をオンボードセンサにより認識する必要があり、LiDARはその中でも最も注目されているセンサの1つとなっている。本講座では車載LiDARの技術概要と、LiDARに基づく各種認識技術(自己位置推定、周辺環境認識など)について解説する。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

急速に市場が拡大するADAS(先進運転支援システム)用センサ。本セミナーでは、その主要なセンサと目されるカメラ、ミリ波レーダ、LiDAR(Light Detection and Ranging)のうち、ミリ波レーダ、LiDARに焦点をあててその技術動向と今後の展望を解説する。

【第1部】
・レーダの基本原理と応用
・ミリ波レーダのシステム設計
・ミリ波モジュールの設計と開発
【第2部】
・自動運転自動車に必要な技術の概要
・LiDARの動作原理
・LiDARに基づく自己位置推定技術
・LiDARに基づく周辺環境認識技術
・自動運転自動車の公道走行実証の現状と課題

セミナーの対象者はこんな方です

本テーマに興味のある方ならどなたでも受講可能です。
  特典
開催日時 2019/07/11 (木)     13:00~ 16:30     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/07/10
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
共催会社
(協力会社)
株式会社イード イベント事業部
定員 30名
受講料 48,600円
開講場所 ・会場名: 東京・品川区大井町 きゅりあん 4階 第2特別講習室
・住所: 〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1 
・交通アクセス: 「大井町駅」(中央改札)より徒歩1分
講師
梶原 昭博 氏 講師写真

梶原 昭博 氏

第1部 北九州市立大学 国際環境工学部 教授 

菅沼 直樹 氏 講師写真

菅沼 直樹 氏

第2部 金沢大学 新学術創成研究機構 教授 

カリキュラム、
プログラム
第1部 車載用ミリ波センシング技術動向と更なる高機能化技術
<趣旨>
 近年のミリ波レーダ技術の進歩は著しく、自動走行システムやADASのための車載用センサとしての存在感を高めている。その要因として考えられるのが占有帯域幅の拡大とアレーアンテナ技術による高空間分解能化(高い距離・角度分解能)、及びCMOS化による小型・軽量化である。また、他の車載用センサと比較するとレーダだけが距離、角度、速度という3つの基本情報を検出できる。しかしながら、従来の24GHz帯や76GHz帯レーダでは物標の識別能力に限界があり、歩行者や自転車、並走車、さらにタイヤや段ボールなどの路上落下物を区別できなかった。このため、雨や霧、雪など他のセンサが利用できない悪天候下での自動走行やADASの実現は難しかった。
 本セミナーでは、高い周波数と広い占有帯域幅、進化したアンテナ技術などによる先進的車載用ミリ波センシング技術について概説する。次にミリ波レーダによる自車位置推定や路上落下物検知技術を紹介し、自動走行システム(レベル3、4)にもたらす効果について説明する。また今後、車載レーダシステムの普及に伴う課題としてレーダ間干渉が指摘されているがその解決策についても紹介する。

<プログラム>
1.ミリ波レーダ技術の概要

2.車載用ミリ波レーダの役割と市場規模予測

3.ミリ波レーダ技術と自動運転システム

4.高機能化のためのレーダ方式

5.高機能化のための高レーダ周波数化

6.高機能化のためのアンテナ技術

7.ミリ波レーダによる自動運転システムと自車位置推定技術

8.ミリ波レーダによる路上落下物検知技術

9.先進的ミリ波レーダシステムの課題と展望

10.まとめと質疑応答


第2部 車載LiDARを用いた自動運転自動車の認識技術
<趣旨>
 現在、自動運転自動車の開発が世界中で活発に行われている。自動運転自動車が自律的に走行を行うためには、その周辺環境をオンボードセンサにより認識する必要があり、LiDARはその中でも最も注目されているセンサの1つとなっている。本講座では車載LiDARの技術概要と、LiDARに基づく各種認識技術(自己位置推定、周辺環境認識など)について解説する。

<プログラム>
1.自動運転に関する研究動向と必要技術
 1.1 自動運転の歴史
 1.2 自動運転に必要な技術

2.自動運転に用いられるセンサの概要と特徴
 2.1 LiDARの動作原理と特徴
 2.2 RADARの動作原理と特徴
 2.3 ステレオカメラの動作原理と特徴

3.LiDARに基づく各種認識技術の概要
 3.1 LIDARを用いた走行空間認識
 3.2 自己位置推定

4.自動車の自動運転への適応
 4.1 自動運転システムの概要
 4.2 市街地公道走行実証実験の成果と課題

5.まとめ

6.質疑応答
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以
お知らせ ※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額のの24,300円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。


【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき10,800円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。