ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  機械・シミュレーション・計測  人間工学からみる自動車シートの在り方と 快適性向上のための評価・計測技術、疲労低減手法

開催日 2019/09/12 (木) 開催地 東京都

  • 飲み物
  • 食事

~乗り心地・座り心地向上のための座りの基礎学と評価・設計~

人間工学からみる自動車シートの在り方と 快適性向上のための評価・計測技術、疲労低減手法

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 上野 義雪 氏 &nbs... 受講料 54,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
安全・快適な運転を支える自動車用シートを実現するために!
シートづくりの基礎、自動車シートに求められる条件、これからのシートづくり、深層学習の適用も含めた「静的な座り心地・振動乗心地・温熱快適性」の評価手法、快適性予測・性能改善の取り組み、ドライバの疲労の評価・低減手法等、3名の講師がそれぞれ解説します。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・座りの基礎学ABCと原理原則
・学としてのいす・シートづくり
・身体で感じる座り感覚
・座りの常識と非常識
・自動車シートの静的・動的快適性の評価法,計測法に関する基礎知識
・CAEを用いた快適性予測技術や性能改善方法に関する基礎知識
・長時間運転時のドライバの着座疲労評価手法
・長時間運転時のドライバの着座疲労低減手法

セミナーの対象者はこんな方です

・作り手の立場にある方
・使い手の立場にある方
・販売側の立場にある方
・乗り物用シートの静的,動的な快適性を定量的に評価したい方
・シミュレーションモデルによる快適性予測に興味のある方
・各種のシート開発を行っている方
・ドライバの運転疲労に関連する研究・開発をしている方
開催日時 2019/09/12 (木)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/09/11
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 54,000円
開講場所 ・会場名: 東京・大田区平和島 東京流通センター 2F 第1会議室
・住所: 〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1 
・交通アクセス: 「流通センター駅」すぐ
講師
上野 義雪 氏 講師写真

上野 義雪 氏

第1部 上野研究室 主宰 博士(工学) 

加藤 和人 氏 講師写真

加藤 和人 氏

第2部 日本発条株式会社 シート生産本部開発部 主管 

早川 聡一郎 氏 講師写真

早川 聡一郎 氏

第3部 三重大学 大学院工学研究科 機械工学専攻 准教授 博士(工学) 

カリキュラム、
プログラム
第1部【10:30~12:30】
「人体構造・人体特性配慮の自動車用シートづくりを見直す
 ~座りの科学とトータルデザイン+作り手と使い手とのギャップ~」

1.「座姿勢否定論」の真意と立ち姿勢のすすめ
 ・通勤電車で空き席を探しますか?

2.いす・シートづくりの現状をどう評価するか
 ・満足のいくシートづくりができていますか?

3.あってならない「知らないで」シートづくり
 ・座りについて科学的に説明できますか?

4.シートづくりに「人間工学」は有効か
 ・人間工学はシートづくりに役立つ学問でしょうか?

5.「姿勢の違い」と身体負担
 ・身体に負担の少ない姿勢はどんな姿勢?

6.座姿勢が身体に及ぼす負の影響
 ・日常生活から座姿勢はなくせますか?

7.椅子のプロトタイプに「寝姿勢」を含める意味
 ・座り姿勢と寝姿勢に共通することはありますか?

8.シート評価に「体圧分布」はベストな方法か
 ・体圧分布で座り心地の評価は可能でしょうか?

9.クッション材の構成に不可欠な「三層構造」
 ・三層構造を正しく説明できますか?

10.運転姿勢に影響するシート条件と人的条件
 ・シート設計において、ドライバーに配慮すべき条件に何がありますか?

11.シートづくりの原理原則と具備すべき条件は
 ・シートづくりにどこまで配慮できますか?

12.これからどうする、「明日に向けて、次世代に向けて」のシートづくり
 ・真のシートづくり、次世代のシートづくりに何を加えるべきでしょうか?

13.作る側にも使う側にも「座育」のすすめ
 ・シートづくりの教科書は見つけられますか?

 □質疑応答・名刺交換□


第2部【13:20~14:50】
「自動車シートの快適性向上のための評価・計測および解析技術」

1.座り心地
 1.1 座り心地の定量評価技術
  1.1.1 短時間座り心地の定量評価
  1.1.2 深層学習を用いた座り心地の評価
  1.1.3 長時間座り心地の定量評価
 1.2 CAEによる座り心地評価

2.振動乗心地
 2.1 振動乗心地の定量評価技術
  2.1.1 中~高周波の振動乗心地評価
  2.1.2 低周波の振動乗心地評価
 2.2 CAEによる振動乗心地評価

3.温熱快適性
 3.1 シート上温熱快適性の定量評価技術
 3.2 サーマルマネキンを用いた計測・評価

 □質疑応答・名刺交換□


第3部【15:00~16:30】
「自動車用シートにおける着座時の疲労評価と疲労低減手法」

1.序論

2.ドライバの疲労評価
 2.1 指尖容積脈波に基づく疲労評価について
 2.2 血中乳酸値に基づく疲労評価について
 2.3 主観評価について

3.ドライバの疲労低減手法
 3.1 ランバーサポートによる疲労低減について
 3.2 エアセルサポートによる疲労低減について
 3.3 複数点サポートによる疲労低減について
 3.4 ドライバの運転姿勢と疲労状態について

4.まとめ

 □質疑応答・名刺交換□
特典 セミナー資料付き。

食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以
お知らせ
※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の27,000円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。


【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき10,800円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。