ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  環境・エネルギー  リチウムイオン電池の 安全性確保と国内外の関連規制動向

開催日 2019/08/29 (木) 開催地 東京都

  • 飲み物
  • 食事

~作る側・使う側どちらも知っておきたいリチウムイオン電池の安全に関する技術と規制~

リチウムイオン電池の 安全性確保と国内外の関連規制動向

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 鳶島 真一 氏 &nbs... 受講料 54,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
技術動向から規制・規格の最新情報まで
LiBの安全性にまつわる諸問題を2名の講師が解説
 リチウムイオン電池の異常発熱や発火などを原因としたトラブルから、製品回収へと至ったり、使用や輸送等に新たに規制が加えられたりする例がここ数年、散見されるようになっている。リチウムイオン電池が異常発熱、発火等の非安全へと至るメカニズム は? それらを抑えて安全を確保する技術は?また、リチウムイオン電池の安全性に関連する規制や規格動向は?理論に秀でた大学教授と経験豊富なコンサルタントの二人が、リチウムイオン電池の安全性に関して"技術"と"規制・規格"の両面から語り尽くします。

受講によって得られる知識・ノウハウ
・リチウムイオン電池の熱暴走メカニズム
・リチウムイオン電池のトラブル例
・リチウムイオン電池の安全性確保のための各種技術
・リチウムイオン電池の安全性評価方法

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

第1部
 リチウムイオン電池は電気自動車を中心に今後飛躍的に市場が拡大するとの経済予測がある。しかし、工業製品としての安全性は十分とはいえず、毎年、発火の可能性がある電池のリコールがなされている。本講演ではリチウムイオン電池の安全性の基礎、現状と課題、安全性向上対策等について概説し高性能電池開発の助としたい。

第2部
 本セミナーでは、可能な限り、目前の危険な状況を捉えて原因を考え、リチウムイオン電池の材料、設計と製造に戻って予防措置(アクション)が出来ないかを考えてみたい。電池の原材、部材と電池メーカーにとって、上記の様な視点に立って開発を進めてゆくことが、単にデッド・コピーの技術との差別化につながる策であろう。

セミナーの対象者はこんな方です

本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。
開催日時 2019/08/29 (木)     10:30~ 17:00     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/08/28
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 54,000円
開講場所 ・会場名:  東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 6階 D会議室
・住所: 〒144-0035 東京都大田区南蒲田1-20-20 
・交通アクセス: 「京急蒲田駅」(東口)より徒歩3分
講師
鳶島 真一 氏 講師写真

鳶島 真一 氏

第1部 群馬大学 理工学部 環境創生理工学科 教授 

菅原 秀一 氏 講師写真

菅原 秀一 氏

第2部 泉化研(株) 代表 

カリキュラム、
プログラム
第1部 リチウムイオン電池の非安全へと至るメカニズムと安全性向上対策

 リチウムイオン電池は電気自動車を中心に今後飛躍的に市場が拡大するとの経済予測がある。しかし、工業製品としての安全性は十分とはいえず、毎年、発火の可能性がある電池のリコールがなされている。本講演ではリチウムイオン電池の安全性の基礎、現状と課題、安全性向上対策等について概説し高性能電池開発の助としたい。

1. リチウムイオン電池市場と今後の研究開発動向
 1.1 モバイル機器
 1.2 電動車両
 1.3 電力貯蔵装置

2.リチウムイオン電池が非安全になる機構
 2.1 電池の熱暴走機構
 2.2 熱暴走を誘発する基本的因子

3.市販電池の現状の安全性確保策

4.市販リチウムイオン電池の市場トラブルの例

5.安全性向上の取り組み、対策
 5.1 電解液の安定性向上
 5.2 負極表面処理による安定性向上
 5.3 正極表面処理による安定性向上
 5.4 電解液の難燃性向上
 5.5 セパレータ
 5.6 全固体電池

6.リチウム電池の安全性評価方法
 6.1 モバイル機器用電池
 6.2 車載用電池
 6.3 電力貯蔵用電池

7.安全性と今後のビジネスチャンス

□ 質疑応答 □


第2部 リチウムイオン電池の安全性確保と関連規制・ガイドライン対応

 今回の講演題目は、些か “表と裏をひっくり返した” 様な捉え方である。通常この種のテーマは、“リチウムイオン電池の安全性と試験規格”の様な、順序立てた内容で扱われる。確かに、国内外に多くのリチウムイオン電池の安全性規格があり、試験をクリアしていれば、電池の発火事故などは起こらない筈ではある。

 とは言え、1991年のリチウムイオン電池の創生から今日まで、多種多様な事故、発火/破裂/漏液..は延々と続いている。今回のテーマの取り上げ方は“非安全へ至るメカニズム”に可能な限り迫り、その中から安全性を確保する策を探ろうと言う道筋である。

 最近の高性能な正極材と負極材で、優れた特性、比容量(Wh/kg、Wh/L)の高いリチウムイオン電池を設計・製作することが可能になった。一方でその電池が数千サイクルの充放電で性能と安全性を維持可能か、EVなどの過酷な使用環境で安全性を維持出来るかは、かなりの確率で不安定要素を抱えたままで進まざるを得ない。

 本セミナーでは、可能な限り、目前の危険な状況を捉えて原因を考え、リチウムイオン電池の材料、設計と製造に戻って予防措置(アクション)が出来ないかを考えてみたい。電池の原材、部材と電池メーカーにとって、上記の様な視点に立って開発を進めてゆくことが、単にデッド・コピーの技術との差別化につながる策であろう。

 1.世界のzEVの生産状況と問題点(1)生産台数と電池

 2.世界のzEVの生産状況と問題点(2)発火事故の再燃

 3.電池の髙性能化と限界 比容量(Wh/kg、Wh/L)

 4.EVの急速充電システムと課題(1)充電時間と充電速度

 5.EVの急速充電システムと課題(2)100kWh級大型EV

 6.電池のガス膨張、発火と破裂(1)セル(単電池)レベル

 7.電池のガス膨張、発火と破裂(2)EVと安全性規格試験

 8.予防安全の考え方(1)電解液漏れセンサー

 9.予防安全の考え方(2)水素センサー

10.危険性の原因、電解液とセパレータからの離脱(1)電解液の限界

11.危険性の原因、電解液とセパレータからの離脱(2)全固体電池

12.電池の航空輸送(1)UN輸送安全勧告

13.電池の航空輸送(2)航空実務の実態と対応

14.リチウムイオン電池の安全性と要求事項、セル・モジュールとシステム

15.EV用電池システムの安全性規格とその対応、UNECE_R100他

□ 質疑応答 □

※ 講演時間の都合により、上記されている一部の項目に言及しない可能性がございます。講師に特に言及して欲しい項目がある
場合は、受講前(1週間前まで)に当社HP内のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
特典 セミナー資料付き。

食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以
お知らせ 割引特典は各種ございます。

(1) S&T会員割引
  受講料より5%割引(一部対象外、他社商品は対象外)
  ※一部割引対象外のセミナーもあります。個別ホームページの価格欄をご覧ください。
(2) 2名同時申込みで1名分無料適用
  1名あたり定価半額で受講可能
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
   (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません
(3) 複数受講者の同時申込み割引(同一セミナーのみ)
  上記(2)「2名同時申込み1名分無料適用」対象外セミナーのみ適用
  <2名で>お申込みの場合、1名につき7,560円割引
  <3名~9名で>お申込みの場合、1名につき10,800円割引
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。