ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  医薬・医療機器  目前に迫った新GMP省令の主要な改正ポイント (製造業者QA及び製造販売業QAに向けた教育訓練)

開催日 2020/01/27 (月) 開催地 東京都

  • 飲み物
  • 食事

目前に迫った新GMP省令の主要な改正ポイント (製造業者QA及び製造販売業QAに向けた教育訓練)

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 若山 義兼 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
 GMP省令改正の目玉は、マネジメントレビューの導入(製造業者による医薬品品質システムに対する照査)、承認事項の遵守、品質保証部門(QA)の設置等である。その目的は、「製品の質、プロセスの質、システムの質」に関わる継続的改善である。経営陣および品質保証部門の関与の良否が継続的改善の決め手となる。
 このセミナーでは、現行GMP省令と改正GMP省令のギャップ分析を踏まえた改正GMP省令の主要な改正ポイント及び変更点を学びます。
 GMP省令改正を見据えた対応として、マネジメントレビューの実際に役に立つ実践事例、品質マニュアルなどの手順書の事例、マネジメントレビュー記録事例を具体的に解説する。さらに、新たに設置が要求される「品質保証部門の必須事項のポイント」を解説する。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

中小医薬品企業/製造業者QA及び製造販売業QAに向けて
現行GMP省令とのギャップ分析を踏まえ、改正GMP省令の主要な改正ポイントを解説します!

手順書類、製販製造業との取り決め、マネジメントレビューなど主要な改正を見据えた諸準備が急務

なぜ、GMP省令の抜本的な改訂が必要なのかを、我が国がおかれたGMP規制に内在する諸問題(海外におけるGMPとの乖離及び不祥事で見られるGMPの脆弱性及び改正GMPと現行GMP省令とのギャップを理解し、改正GMP省令の主要な改正ポイント、変更点をわかりやく解説します。

セミナーの対象者はこんな方です

本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。
開催日時 2020/01/27 (月)     10:15~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/01/26
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 55,000円
開講場所 ・会場名: 東京・港区浜松町 ビジョンセンター浜松町 4F Kルーム
・住所: 〒105-0013 東京都港区浜松町2-8-14 
・交通アクセス: 
講師
若山 義兼 氏 講師写真

若山 義兼 氏

高槻医薬品GMP/食品ISOリサーチ所長
 JRCA認定品質マネジメントシステム主任審査員
 医薬品・食品品質保証支援センター(通称:NPO-QA) 顧問
 [元 塩野義製薬(株) 品質保証部 次長]

カリキュラム、
プログラム
1部:GMP省令は、(1)今、なぜ改正が、必要か? (2)どこが変わるか (3)そのためにどのような管理が必要か?

今なぜ、GMP省令の抜本的な改訂が必要なのかを、我が国がおかれたGMP規制に内在する諸問題(海外におけるGMPとの乖離及び不祥事で見られるGMPの脆弱性)及び改正GMPと現行GMP省令とのギャップを理解し、改正GMP省令の主要な改正ポイント、を把握する。

1.GMPを取り巻く最近の状況
 ●最近の指摘の特徴及びその事例
 ●GMPの脆弱性改善/国内諸問題(申請規格と製造実態との乖離)への対応
 ●無通告査察でわかってきたGMP運用の現実
 ●不正と不備
 ●製造における承認書遵守の徹底
2.我が国におけるGMP省令の変遷
3.GMPのリニュアル化
 ●GMPの国際化を踏まえたGMP省令の抜本的改正 の目的及び意義
 ●通知レベルから省令レベルへの変化の意味 
 ●GMPと融合した医薬品品質システム
 ●GMPと医薬品品質システム(PQS)との対比
 ●改正GMP省令の狙い目と主要な改正のポイント
4.GMP省令で改正の概要
●新GMP省令の全体像
 ●製造業者の責任(所謂業許可申請者の責務)
 ●製造管理者の役割の強化
 ●品質マニュアル
 ●マネジメントレビュー
 ●省令施行通知(2013.8.30)から省令に格上げされた要求事項
 ●承認事項の遵守
 ●品質保証部門設置(QA)
 ●手順書類の強化
●交叉汚染の防止
 ●変更管理の強化
 ●文書・記録の完全性
 ●設備共用の禁止

2部:継続的改善に効果的なマネジメントレビューの進め方及びその手順書類

マネジメントレビューや品質システムの運用を形骸化させないためには、品質システムの基本要素及び経営陣の役割に熟知すること。GMPと融合した品質システムを見える化し、経営陣から現場の作業者一人一人にまで、自らの役割と貢献である。マネジメントレビューの役に立つGMP省令改正を見据えた実際に役に立つ実践事例として、品質マニュアル、マネジメント記録事例などを解説します。

1.継続的改善に繋げる医薬品品質システムの目的とその運営のキーワードの理解
 ●三つの主要目的
 ●医薬品品質システムの4要素
 ●医薬品品質システム運営の7原則
2.医薬品品質システムの構築・運営及びマネジメントレビュー
 ●製造業者(以下、経営陣)の責任・役割の意味?
 ●経営陣の責任とは?
 ●経営陣によるコミットメントの事例
 ●品質方針の事例
 ●業績評価指標の事例
 ●経営陣の責任である品質計画とは?
 ●内部コミュのケーション
 ●経営資源の適正配分のポイント(インナーソースとアウトソースのバランスを含む)
 ●Quality Cultureの醸成
 ●マネジメントレビューのポイント
 ●品質マニュアル
 ●品質システムの視える化
3.医薬品品質システムの手順書類(サンプル)の紹介
 ●品質マニュアル
 ●マネジメントレビュー手順書

3部:品質保証部門の必須事項

これまでのGMP省令でも、品質部門として、バリデーション結果及び逸脱結果などの報告を受けることが定められていた。しかし、新GMP省令では、品質保証を担う組織が新たに新設されることになった。「品質保証に係る業務を担う組織」とは、製造所における製造手順等が適切であることを管理するために、製造部門及び品質管理に係る業務を担う組織が行う業務を保証する組織の設置を求めているものである。新たに設置が要求される品質保証部門の責務に関わる必須事項の概要を解説する。

1.GMP省令改正:品質保証部門の役割
2.製造販売業者との取り決め
3.製造手順と製造販売承認事項の整合性確保
4.文書・記録の完全性
5.PIC/Sとのギャップ6項目の浸透と定着化
6.サイトマスターファイル(厚生労働科学研究によるモックの紹介)

  □質疑応答・名刺交換□
特典 セミナー資料付き。

食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以
お知らせ ※各種割引特典がございます。
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の27500円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。

【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき10,800円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。