ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  技術・研究(その他)  金属積層造形(金属3Dプリンター)の開発動向と今後の展望

開催日 2020/08/25 (火) 開催地 東京都

  • 飲み物

【WEBセミナー:アーカイブ受講】対応  ※会社・自宅にいながら学習可能です※

金属積層造形(金属3Dプリンター)の開発動向と今後の展望

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 木藤 茂 氏 受講料 44,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
航空宇宙産業を中心に海外で利用が始まっている金属3Dプリンターについて、
最新の開発動向と各産業分野における今後の利用用途について展望します!

◇金属粉の製造方法(アトマイズ法・粉砕法・電解法・還元法)およびその評価と使い分け
◇積層造形の各手法:光造形法・バインダー噴射法・UV照射硬化法・FDM法・薄板積層法・
          粉末床溶融結合法・指向性エネルギー堆積法・切削併用法
◇利用分野とメリット・デメリット:医療分野、航空・宇宙機器部品、射出成形用金型(自由構造冷却水管)、
                 自動車修理部品、ラティス構造軽量化部品、試作用(極小ロット部品も含む)

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

 金属積層造形技術は、レーザー光線または電子ビームの高密度エネルギーにより必要な部分のみの金属粉末を溶解し、凝固させて金属部品を製作する技術です。複雑な形状や強度の高い金属などの難しい成形を可能にし、緻密な3D形状を造形することができます。
 海外では航空宇宙産業を中心に既に生産が始まっていますが、日本国内での普及は正直な話、これからで期待されています。
 今回、原材料の金属粉の製法の説明から、金属3Dプリンターの各種に関して説明し、メリットデメリットにも触れます。併せて、砂型造形にも触れて鋳造業界の取り組みも紹介します。

 金属積層造形に関して、原材料の金属粉作成法に始まり、加工データの作成法、実際の造形方法まで、最新情報が得られます。さらに、鋳造業界での砂型作成は職人が不足する中、担い手が問題となっていますが、その解決法である3Dプリンターによる砂型造形に関しても説明します。

セミナーの対象者はこんな方です

 金属材料開発者、機械部品設計者、金属加工メーカー開発担当者、鋳造技術者

【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】
 ・当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・受講期間・受講方法の詳細はメールにてご連絡申し上げます。
 ・S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
 ・視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
 ・セミナー資料は配信開始日より会員マイページにてPDFデータをダウンロードいただきます。
 ・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)
開催日時 2020/08/25 (火)     13:00~ 16:30     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/08/15
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 44,000円
開講場所 ・会場名: 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
・住所: 〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1 
・交通アクセス: 「大井町駅」(中央改札)より徒歩1分
講師
木藤 茂 氏 講師写真

木藤 茂 氏

木藤技術士事務所 代表 技術士(金属部門)

カリキュラム、
プログラム
1.金属粉の製造方法
 1-1 アトマイズ法
  水アトマイズ法
  ガスアトマイズ法
  チタン粉アトマイズ法
  その他アトマイズ法
 1-2 粉砕法
 1-3 電解法
 1-4 還元法
 1-5 金属粉の検査方法
 1-6 金属積層造形に適する金属粉とは?

2. 金属積層造形の歴史
 2-1 黎明期(1981年、名古屋で産声をあげた技術)
 2-2 発展期(2013年、オバマ大統領の一般教書演説)
 2-3 呼び名の変遷(現在はAM法:Additive Manufacturing)
 2-4 日本でのTRAFAMの役割

3. 金属粉を原料とする他の製法
 3-1 粉末冶金(Powder Metallurgy)
 3-2 MIM(金属粉射出成形;Metal Injection Molding)
 3-3 従来技術と金属積層造形の違い

4. 積層造形の各手法
 4-1 光造形法(樹脂)
 4-2 バインダー噴射法(樹脂、セラミック、金属)
 4-3 UV照射硬化法(樹脂、セラミック)
 4-4 FDM法(熱溶融積層法:線材、ワイヤを溶融しながら造形:樹脂、金属)
 4-5 薄板積層法(樹脂、金属)
 4-6 粉末床溶融結合法(パウダーベッド法:樹脂、金属)
 4-7 指向性エネルギー堆積法(デポジション法:金属)
 4-8 +αとしての切削併用法
 4-9 金属3Dプリンタのメーカーの紹介
 4-10 積層プログラムの作成方法

5. 金属積層造形の利用分野
 5-1 メリットとデメリット
 5-2 医療分野
 5-3 航空・宇宙機器部品
 5-4 射出成形用金型(自由構造冷却水管)
 5-5 自動車修理部品
 5-6 ラティス構造軽量化部品
 5-7 試作用(極小ロット部品も含む)

6. 砂型造形への利用
 6-1 従来の砂型製法
 6-2 バインダー噴射法による鋳型製造方法
 6-3 粉末床溶融結合法(パウダーベッド法)による中子製造方法

 □質疑・応答□
特典 セミナー資料付き。

飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以
お知らせ ※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の22000円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。


【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。