ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  化学・高分子  【Webセミナー(アーカイブ配信)】 「統計的品質管理を極める」コース 全5コース

開催日 2021/04/26 (月) 他2回/計3回 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【Webセミナー(アーカイブ配信)】 「統計的品質管理を極める」コース 全5コース

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 福田 晃久 氏 受講料 132,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
このコースは【WEBセミナー(アーカイブ:撮影した動画)】でのご受講が可能です。
※WEBセミナーは、セミナー終了7日後を目途に、10日間・動画を何度でもご視聴いただけます。
※会場受講がなくなりました

【Aコース:入門】科学技術者としての基礎力を身につけるコース
【Bコース:初級】GMP/GQP分野で仕事をするのに役立つ知識を身につけるコース
【Cコース:初級】分析法バリデーションへの応用に特化したコース
【Dコース:中級】サンプリング試験の全体像を把握し、適切に設計、運用するためのコース
【Eコース:上級】QbDの理解に必要な統計手法をまとめたコース
 ※単コースでの受講も可能です。
 
【受講者限定】 各コースで統計実習用Excelデータを配布します 
  ※本Excelデータは演習用です。
  ※受講後も本Excelデータを用いて統計処理の演習計算が行えます。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

 過去数年に亘り、分析法バリデーションの統計解析、GMP/GQP推進のための統計的品質管理、Quality by Designのための実験計画法など、統計的品質管理に関わるセミナーを行ってきました。これらのセミナーはExcelを用いたシミュレーションや演習を組み込むことで、それなりに受講者様のお役に立ったと自負しております。しかしながら、受講者様との質疑応答(もっと掘り下げた解説を聞きたいとか、その先のことも聞きたい等)を通して、統計的品質管理を体系的に学べるコースの必要性も痛感しておりました。全てのコースでExcelを用いた演習を用意しており、組み込んだ関数を読み解いていけば、さらに深堀りもできるようになっています。

セミナーの対象者はこんな方です

【レベルについて】
・初級レベルを受講するためには入門レベルを理解していることが望ましいです。
・中級レベルを受講するためには初級レベルを理解していることが望ましいです。
・上級レベルを受講するためには中級レベルを理解していることが望ましいです。

【アーカイブ受講の場合】
【Aコース:統計入門】: 2021年5月12日(水)ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
【Bコース:GMP/GQP】: 2021年5月12日(水)ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
【Cコース:分析法バリ】: 2021年7月6日(火)ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
【Dコース:サンプリング】: 2021年7月6日(火)ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
【Eコース:QbD】 : 2021年9月7日(火)ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
開催日時 2021/04/26 (月)     00:00~ 00:00     (受付  00:00 ~ )
2021/06/24 (木)     00:00~ 00:00     (受付  00:00 ~ )
2021/08/26 (木)     00:00~ 00:00     (受付  00:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2021/02/08  ~ 2021/04/25
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 132,000円 (※全5コースをお申込み時の価格です。)
開講場所 Webセミナー
※会社・自宅にいながら受講可能です※  

講師
福田 晃久 氏 講師写真

福田 晃久 氏

スタット・イメージング・ラボ 代表 

カリキュラム、
プログラム
【Aコース:入門)】
基礎の基礎を徹底理解する
全体像を把握するには「ヒストグラム」が一番
「標準偏差」とは、ばらつきの数値化のこと
集団の中での相対的な場所は「規準化」で表現すべし
規準化を誰にでもわかる表現に変換する方法(正規分布表)
信頼区間を深掘りする
意外に深い「平均値」の本当の意味合い
平均値のばらつきが「標準誤差」と呼ばれる理由
推定に保険をかける(t分布表)
95%信頼区間は「真の値を95%の確率で含む範囲」と言うけれど
相関と回帰を深掘りする
対応のある2変数間の関連の強さ(相関係数)
対応のある2変数の関連を数式で表現する(回帰分析)
相関係数と回帰分析だけで十分か?(回帰診断)
【Bコース:初級】
平均値の比較を徹底理解する
平均値の差の検定(t検定)、本当は何を比較しているの?
統計ソフト(Excel)の出力を読みこなす
統計的有意とp値の意味するところ
統計ソフトは何を計算しているのか(ブラックボックスからの脱出)
平均値の差の95%信頼区間の意味合いと計算方法
対応関係がある場合の平均値の比較(paired-t検定)と信頼区間
t検定とpaired-t検定の使い分け
paired-t検定と回帰分析は親戚関係
これだけは身につけたい:実務への応用
トレンドを視覚的に把握する最強ツール(管理図)
計量データはーR管理図で(管理限界線の計算方法)
不良率はp管理図で(管理限界線の計算方法)
管理図を上手く使うポイントは群分けにあり
管理図とヒストグラムの関係
規格外れのリスクをミエル化する(工程能力指数)
【Cコース:初級】
偶然誤差を掘り下げる
併行精度とはどのような操作のばらつきか?
室内再現精度とはどのような操作のばらつきか?
併行精度、室内再現精度はどのような実験で評価すべきか?
併行精度、室内再現精度の実験データの解析方法
標準偏差の信頼区間(カイ二乗分布の導入)
一元配置分散分析入門(分散分析表の読み方、Excelでの指定方法)
室内再現精度と併行精度を一度に求めてみる
本当に重要なのは室間再現精度(枝分かれデザインの紹介)
系統誤差を掘り下げる
真度とは何か?
真度はどのような実験で評価すべきか?
真度と併行精度を一度に求めてみる
真度と併行精度はまったく無関係(測定精度を俯瞰する)
直線性を掘り下げる
直線性に関するガイドラインを味わう
検出限界と定量限界
直線性の回帰分析の結果から検出限界を求めてみる
範囲、頑健性について
【Dコース:中級)】
サンプリング試験の本質
試験サンプルを評価している訳ではない
不良個数の分布(超幾何分布、二項分布、ポアソン分布)
ゼロディフェクトは保証できない(生産者危険、消費者危険を受容する)
ロットが合格する確率の計算方法
ロットが合格する確率のミエル化(OC曲線の読み方)
AQL指標型抜取検査(JIS Z9015-1)
設計とOC曲線の作り方
出荷検査に用いてはならない理由
切替ルールの素晴らしい性能(シミュレーション結果の解説)
LQ指標型抜取検査(JIS Z9015-2)
設計とOC曲線の作り方
受入検査に用いてはならない理由
AQLと LQの良いとこ取り:計数規準型抜取検査(JIS Z-9002)
設計とOC曲線の作り方
ロット平均値を保証する:計量規準型抜取検査(JIS Z9003 その1)
設計とOC曲線の作り方
平均値からロット不良率を保証する:計量規準型抜取検査(JIS Z9003 その2)
設計とOC曲線の作り方
【Eコース:上級】
一元配置デザインとは(因子と水準)
統計ソフト(Excel)の出力を読みこなす
統計ソフトは何を計算しているのか(ブラックボックスからの脱出)
水準平均、水準間の差の計算方法
二元配置デザインとは
交互作用とは
制御因子が多数の場合(直交配列表の活用)
乱塊法と分割法の必要性
繰り返しのある回帰分析
重回帰分析
解析前の下準備と前解析
誤差の階層構造を解きほぐす「枝分かれ分散分析」
特論
さくら(開花)錠モックから拾い読み解説
医薬品の分析法バリデーション(鹿庭本)から「併行精度、室内再現精度、真度を一度に求める実験」の解説
特典 テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:
 受講料( 定価 110,000円/E-Mail案内登録価格 104,500円 )
 定価:本体100,000円+税10,000円
 E-Mail案内登録価格:本体95,000円+税9,500円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

  オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

  会場受講できるセミナーは当日現金でも承ります。



 ○ キャンセルについて

  お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

  やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

  その他、申込み要領は下記をご参照ください。

  https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の66,000円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。

【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
BC-seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されます。会員割引を希望される場合は、弊社からのEメール案内
(またはDM)が必須となりますので、通信欄に「〇〇(案内方法)の案内希望」、特に希望しない場合は「案内希望なし」とご入力ください。
追って、お申込み完了メールをお送り致しますので、こちらの到着をもって
正式に手続き完了となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。