ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  医薬・医療機器  ≪イチから始める≫ 分析法バリデーションの統計解析入門と 各パラメータの具体的な計算方法【Excel演習付き】

開催日 2021/10/26 (火) 開催地 東京都

≪イチから始める≫ 分析法バリデーションの統計解析入門と 各パラメータの具体的な計算方法【Excel演習付き】

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 川口 謙 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
【Webセミナー(アーカイブ)対応】
【アーカイブ受講】 2021年11月5日(金) ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)

~必要な統計学の背景とその意味、
活用法について図形的なイメージで出来るだけ直感的な理解を深める~

【その1】
正規分布やt分布、χ2分布などの特性を理解し、そこから信頼区間の推定への応用について解説。
分布曲線の図形的な理解を通じて、統計学の直感的な理解を目指す。

【その2】
分析法バリデーションの各パラメータの具体的な計算方法について、Excel演習を交えて解説。
講演時間の半分以上は各パラメータの具体的な計算方法の解説にあてる。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

分析法バリデーションに馴染めない理由の1つに、統計学の理解への障壁があると思われる。本講座では、分析法バリデーションに必要な統計学の背景とその意味を解説し、その活用法について図形的なイメージで出来るだけ直感的な理解をしていただこうと思う。
たとえば、正規分布やt分布、χ2分布などの特性を理解し、そこから信頼区間の推定への応用について解説するが、その解説では分布曲線の図形的な理解を通じて、統計学の直感的な理解を目指している。また、その過程で必要なExcelの利用方法についても解説する。
その上で、分析法バリデーションの各パラメータの具体的な計算方法について、Excel演習を交えて解説する。
なお、前半の統計学入門はポイントを絞って解説し、講演時間の半分以上は各パラメータの具体的な計算方法の解説にあてる予定である。

◆講習会のねらいなど
分析法バリデーションに必要な統計学の基礎の直感的な理解と、各パラメータの具体的な計算方法について演習を通じて習得する。
  特典
開催日時 2021/10/26 (火)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2021/08/26  ~ 2021/10/25
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 55,000円
開講場所 ・会場名: 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
・住所: 〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1  
・交通アクセス: 「大井町駅」(中央改札)より徒歩1分
講師
川口 謙 氏 講師写真

川口 謙 氏

(株)東レリサーチセンター バイオメディカル分析研究部​

カリキュラム、
プログラム
1. 統計学の基礎的事項
 1.1 「母集団と標本」及び統計学の記号について
 1.2 平均値と分散、標準偏差
   1.2.1 データを分布グラフに、そして平均値、確率へ
   1.2.2 平均値は期待値である
   1.2.3 バラツキの評価
   1.2.4 不偏推定量
   1.2.5 不偏分散や不偏標準偏差はなぜ(n-1)で割るのか
   1.2.6 エクセル(Excel)の関数を利用する
   1.2.7 連続型の分布、確率密度関数
 1.3 統計学の基本定理 
   1.3.1 平均の平均
   1.3.2 大数(たいすう)の法則
   1.3.3 中心極限定理

2. 正規分布とその周辺及び信頼区間
 2.1 正規分布
   2.1.1 正規分布とは
   2.1.2 正規分布曲線とその性質
   2.1.3 標準正規分布
   2.1.4 正規分布の確率をエクセルで(NORMSDISTの応用)
   2.1.5 NORMSDISTの逆関数
 2.2 標本平均から母平均を推定する(正規分布からt分布へ)
   2.2.1 母分散が既知の場合
   2.2.2 母分散が未知の場合(t分布)
   2.2.3 t分布曲線について
   2.2.4 t分布をエクセルで
 2.3 標本分散から母分散を推定する(χ2分布へ) 
   2.3.1 χ2分布
   2.3.2 χ2分布曲線について
   2.3.3 χ2分布をエクセルで
   2.3.4 F分布
   2.3.5 仮説検定

3. 分析法バリデーションへの応用
 3.1 直線性、検出限界、定量限界
   3.1.1 直線性における要求事項
   3.1.2 検出限界における要求事項
   3.1.3 定量限界における要求事項
   3.1.4 最小二乗法によって回帰直線を求める
   3.1.5 エクセルのグラフ機能や関数で回帰直線を求める
   3.1.6 エクセルの分析ツールで回帰直線を求める
   3.1.7 y切片の95%信頼区間を計算する
   3.1.8 回帰直線から検出限界、定量限界を推定する
   3.1.9 検出限界の推定式にある3.3の意味
 3.2 真度
   3.2.1 真度における要求事項
   3.2.2 真度の計算例
 3.3 併行精度
   3.3.1 併行精度の要求事項
   3.3.2 併行精度の計算例
 3.4 室内再現精度
   3.4.1 室内再現精度の要求事項
   3.4.2 室内再現精度と分散分析、F分布
   3.4.3 室内再現精度の計算

  □質疑応答・名刺交換□
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講限定)】
 受講料 35,200円になります。(さらにS&TのE-mail案内登録の場合:33,440円)
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで実質1名分無料(1名あたり“定価の半額”27,500円)】
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意(割引適用)■■■
BC-seminarからお申込みされますと、システム登録上、定価が表示されますが、
割引希望の方には下記をもって適用しますのでご安心ください。
各割引適用には、弊社のE-mail案内が必須となりますので、通信欄に「E-mail案内希望:する/しない」をご入力ください。
また受講は、S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。

追って、“サイエンス&テクノロジーからのお申込みメール”を
お送り致しますので、こちらの到着をもって正式に手続き完了となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。