ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  エレクトロニクス  【Live配信(リアルタイム配信)】 2022年 偏光板と構成フィルム市場の現状および今後の展望

開催日 2022/06/30 (木) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~最新の市場動向から技術トレンドまで詳説~

【Live配信(リアルタイム配信)】 2022年 偏光板と構成フィルム市場の現状および今後の展望

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 桜井 幸広 氏 受講料 35,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
◎LCD用、OLED用、TAC・COP・PMMA・PETフィルムなどの偏光板・光学フィルム市場の最新動向を解説。
 定点観測にぜひご活用ください。

◎次世代ディスプレイにおける偏光板採用のトレンドや、技術要求の動向、新規光学フィルムへのニーズ
 ビジネスチャンスも押さえられます。

◇◆◇◆本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。◇◆◇◆
申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。
※セミナー視聴ページは、マイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
電子データ(PDF/印刷可)
・マイページよりダウンロードいただきます。
・開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。
・ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・ディスプレイ・偏光板・光学フィルム業界の最新動向
・偏光板の最新構成と設計思想
・光学フィルム開発時の市場要求
  特典
開催日時 2022/06/30 (木)     13:30~ 16:30     (受付  13:20 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/06/29
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 35,200円 (Live配信/WEBセミナー受講限定)
開講場所 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
※会社・自宅にいながら受講可能です※ 

講師
桜井 幸広 氏 講師写真

桜井 幸広 氏

(株)テクノ・システム・リサーチ アシスタントディレクター

カリキュラム、
プログラム
【セミナー趣旨】
 ディスプレイ市場はCOVID-19の感染拡大後、巣ごもり需要やリモートワークの普及による好況が続いていたが、一方で半導体不足による需要の急変動や輸送の長期化、ロックダウンによるサプライチェーンの分断など様々な困難に直面してきた。また、2020年を境に中国メーカーの生産動向が市場の需給バランスやパネル価格に与える影響が高まっており、液晶パネルの覇権は中国に移ったと言っても過言ではない。
 日韓台のパネルメーカーは数量規模で中国の後塵を拝する形となったが、韓国では有機EL(OLED)に注力しつつ、OLEDの特長であるフォルダブルやローラブルをいち早く製品化、台湾では既存のディスプレイに対抗すべくMicro LEDの開発が活発化している。日本ではインクジェット(IJ)プロセスによるOLEDパネルの生産や、Micro OLED(OLED on Silicon)パネルの開発で先行しており、各地域で価値創造型の次世代ディスプレイの開発が加速している。
 偏光板や光学フィルムは、ディスプレイに不可欠な部材の一つとして市場を形成してきたが、液晶パネルに続き偏光板においても中国での現地生産が進みつつある。また、次世代ディスプレイでは光や波長制御に偏光板を使用しない偏光板レスの構成の開発が進められている。
 本講演では、まず第一部でディスプレイ市場の現状および偏光板・光学フィルム市場の最新動向を詳細に説明いたします。第二部では用途別の偏光板構成と、光学フィルムの開発時の市場要求について、最新情報を元にわかりやすく解説いたします。

【セミナー講演内容】
第1部 ディスプレイおよび偏光板市場の現状
 1. ディスプレイ市場の現状
  1.1 主要ディスプレイ製品のトレンド
  1.2 2022年上期のディスプレイ・偏光板市況(ウクライナ侵攻、中国ロックダウンの影響)
 2. 偏光板市場の最新動向
  2.1 偏光板・光学フィルム市場の主要参入プレーヤー
  2.2 偏光板市場見通し(面積、金額)
  2.3 偏光板メーカーシェア
  2.4 中国偏光板メーカーの生産能力予測
 3. 光学フィルム市場の最新動向
  3.1 LCD用偏光板保護/位相差フィルム市場予測(面積)
  3.2 PVA保護フィルム(TAC、COP、アクリル、PET)の最新動向
  3.3 表面処理フィルム市場動向
  3.4 OLED用λ/4フィルム市場予測
 4. 次世代ディスプレイにおける偏光板採用トレンド

第2部 偏光板・光学フィルムの構成と技術動向
 1. 主要製品別偏光板構成
   1.1 TV向け偏光板
   1.2 スマートフォン向け偏光板
   1.3 車載向け偏光板
 2. 偏光板・光学フィルムの技術動向
   2.1 LCD用偏光板の生産性向上の取り組み(広幅・長尺化)
   2.2 OLED用液晶塗布型位相差フィルム
   2.3 光学フィルムのリサイクル技術

 □ 質疑応答 □
 
※講演資料作成時に項目名や順序を変更する可能性がございます、予めご了承ください
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン】
 受講料 35,200円(税込)(S&TのE-mail案内登録の場合:33,440円(税込))
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”44,000円の半額”22,000円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意(割引適用)■■■
BC-seminarからお申込みされますと、システム登録上、定価が表示されますが、
割引希望の方には下記をもって適用しますのでご安心ください。
各割引適用には、弊社のE-mail案内が必須となりますので、通信欄に
「E-mail案内希望:する/しない」をご入力ください。
また受講は、S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。

弊社より“お申込みメール”をお送り致しますので、こちらの到着をもって正式に手続き完了となります。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。