ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  機械・シミュレーション・計測  ディジタル信号による統計的信号処理の基本原理の理解と応用

開催日 2022/11/22 (火) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~通信技術/計測データ/画像処理/音声認識 信号処理の基本~

ディジタル信号による統計的信号処理の基本原理の理解と応用

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 島村 徹也 氏 受講料 39,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
〇生体情報やセンサー計測・レーダーなどのセンシング技術   
〇自動化に向けた画像認識や音の認識、通信技術などのデータ処理

様々なディジタル信号を扱う上で基礎となる「統計的信号処理」を詳しく解説!
難解なスペクトル解析やアルゴリズムの本質など独学では理解しにくい部分を
音、画像、通信等への応用例などを用いてわかりやすく解説致します。

◇◆◇◆本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。◇◆◇◆
※セミナー視聴ページは、マイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・ディジタル信号処理の基礎
・統計的信号処理技術の広い知識、利用のノウハウ
・最近の研究動向

セミナーの対象者はこんな方です

・高校数学程度の知識を有する方
 ※分野的な制約は特にございません
  特典
開催日時 2022/11/22 (火)     10:00~ 16:30     (受付  09:50 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/11/21
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 39,600円 (Live配信/WEBセミナー受講限定)
開講場所 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
※会社・自宅にいながら受講可能です※ 

講師
島村 徹也 氏 講師写真

島村 徹也 氏

埼玉大学 大学院 理工学研究科 数理電子情報系専攻 / 工学部 情報工学科 教授

【専門】
ディジタル信号処理とその音声、画像、通信などへの応用
【経歴】
1991年慶應義塾大学大学院博士後期課程修了、1995年ラフバラ大学、1996年ベルファーストクイーンズ大学客員研究員(ともにイギリス)、2007年埼玉大学教授へ就任、現在に至る。論文・著書多数。これまで20社を超える企業との共同研究を実施するなど、産学連携に力を入れている。2019年より「AI時代の画像処理技術研究会(埼玉大学産学官連携協議会)」の代表を務め、年に複数回の研究発表会を主導している。

【会員など】
IEEE, アメリカ音響学会、日本音響学会、電子情報通信学会、信号処理学会、電気学会などの会員、現在、信号処理学会編集長

カリキュラム、
プログラム
【セミナー趣旨】
 本講演では、ディジタル信号処理の中でも特に統計的信号処理と呼ばれる統計を扱う信号処理技術に関して、詳しくご説明致します。
 音、画像、通信等のデータは不規則信号です。不規則信号を処理するためには不規則信号処理が必要です。それが統計的信号処理です。具体的にはスペクトル解析、適応信号処理が中心的となりますが、それらの理解を助けるためにディジタル信号処理の基本概念からはじめ、スペクトル解析の準備としてフ-リエ変換について定義の他に物理的解釈に触れ、その応用に至るまでをカバーします。
 理工系の大学では、必ずと言っていいほど、ディジタル信号処理に関する講義が行われます。しかしながら、学部の講義では時間の関係上、統計的信号処理まで進めないのが現状です。よって、現実問題として多く遭遇する不規則信号の取り扱いは、実際に対応される企業技術力に依存することになりますが、総計的信号処理に利用されるアルゴリズムの複雑さは、その理解の妨げが企業展開のネックになることが懸念されます。

 本講演では、個々のアルゴリズムの本来の狙いは何かを理解することを目的とし、丁寧な説明を心がけ、参加者の理解の一助となることを目指します。また、音、画像、通信等への応用例を複数挙げ、実際にどのように利用可能かのヒントを示します。圧縮センシング、独立成分分析、カルマンフィルタなどの最近の技術についても紹介し、それらも含め、講師のこれまでの企業との共同研究の経験から統計的信号処理の利用のノウハウを解説致します。さらには最近の統計的信号処理技術の進展や動向に関しても言及する予定です。

【セミナー講演内容】
1.信号処理の基礎的事項
 1.1 サンプリング
 1.2 離散時間信号
 1.3 離散時間システム(ディジタルフィルタ)
 1.4 FIRフィルタとIIRフィルタ

2.フーリエ解析
 2.1 フーリエ級数
 2.2 フーリエ変換
 2.3 離散フーリエ変換と高速フーリエ変換(FFT)
 2.4 処理例
 
3.スペクトル解析
 3.1 不規則信号
  3.1.1 相関関数
  3.1.2 パワースペクトル
 3.2 ノンパラメトリック法
 3.3 パラメトリック法
  3.3.1 線形予測
  3.3.2 ARスペクトル推定
  3.3.3 ARMAスペクトル推定
  3.3.4 次数推定
 3.4 部分空間法
 3.5 応用例

4.適応信号処理
 4.1 適応アルゴリズム
  4.1.1 LMSアルゴリズム
  4.1.2 RLSアルゴリズム
  4.1.3 各種アルゴリズム
 4.2 応用例
  4.2.1 システム同定
  4.2.2 エコーキャンセラ
  4.2.3 ノイズキャンセラ
  4.2.4 信号強調
  4.2.5 イコライザ
4.2.6 その他

5.最近の技術と応用
 5.1 圧縮センシング
 5.2 独立成分分析
 5.3 カルマンフィルタ
 5.4 音、画像、通信等への応用

6.最新動向
 6.1 適応信号処理の進展
 6.2 深層学習との関連性
 6.3 その他

  □ 質疑応答 □
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講限定)】
 受講料(税込):39,600円/E-Mail案内登録価格:37,620円
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”49,500円の半額”24,750円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円

■■■お申込み時の注意■■■
通信欄に以下をご入力下さい。

①「E-mail案内希望:する/しない」
※各割引適用にはE-mail案内登録が必須となります※

在宅勤務等で書類の送付をご指定の場合
②送付先住所

2名様以上でお申し込みの場合
③氏名
④部署
⑤メールアドレス
⑥「E-mail案内希望:する/しない」
※割引適用にはE-mail案内登録が必須となります※

お申込みと同時に、セミナーの視聴、テキスト配布等のため
S&T(主催会社のWeb)会員登録をさせていただきます。
(E-mail案内登録とは異なります)
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。