ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  化学・高分子  プラスチック・ゴム製品の破壊メカニズム・破面解析・破損対策・寿命予測

開催日 2022/10/26 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【Live(リアルタイム)配信】

プラスチック・ゴム製品の破壊メカニズム・破面解析・破損対策・寿命予測

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 川瀬 豊生 氏 受講料 39,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
破面解析の要点、破壊メカニズムの把握、再現試験方法並びに対策手法、寿命予測方法、劣化加速条件設定手法…etc.
本セミナーでは、プラスチック・ゴム製品に破損不具合が発生した際や破損不具合の予防のための技術構築をする際に「使える」知識・ノウハウを解説する。

◇◆◇◆本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。◇◆◇◆
申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。
※セミナー視聴ページは、マイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
 ※開催日の4~5日前にお申し込み時のご住所へ発送致します。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・ゴムまたはプラスチック製品の破面解析手法
・ゴムまたはプラスチック製品の破壊メカニズム
・ゴム、プラスチック製品の劣化寿命予測手法
・ゴム、プラスチック製品の破損対策仕様の設定
・ゴム、プラスチック製品の破損不具合再現試験方法
・ゴム、プラスチック製品の劣化加速条件設定手法

セミナーの対象者はこんな方です

入社2~3年目以上で、プラスチックまたはゴム製品の開発・設計・品質保証・製造技術に携わっている方
  特典
開催日時 2022/10/26 (水)     10:00~ 17:00     (受付  09:50 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/10/25
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 39,600円 (Live配信/WEBセミナー受講限定)
開講場所 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
※会社・自宅にいながら受講可能です※ 

講師
川瀬 豊生 氏 講師写真

川瀬 豊生 氏

川瀬 テクニカル・コンサルタンシー

カリキュラム、
プログラム
【セミナー趣旨】
 プラスチックやゴム製品の破損トラブルは、製造メーカの信用・信頼を著しく傷つけるが、その破損原因を究明し再発防止のためのシステムを構築すれば、競合他社を凌駕する技術と仕組みを確立することが可能である。

 プラスチックやゴム製品の破面には、その製品が破損するに至った原因と、破損の経過が刻み込まれており、適切な破面解析により、その後に実施する原因究明や再現試験への移行が容易となるが材料・製品設計・成形・製品評価等の知識が豊富でなければ一刻を争う不具合対策に支障をきたす。

 本講座では、プラスチック・ゴム製品における破面解析のポイント、破壊メカニズムの把握と再現試験方法並びに対策手法、寿命予測方法、加速倍率の理解並びに劣化加速条件設定手法と一連の破損不具合防止策について解説する。破損不具合が発生した際、または破損不具合の予防のための技術構築の参考としていただければ幸甚である。

【セミナー講演内容】
1.破面解析並びに寿命予測の概要
 1.1 破面解析の概要
 1.2 破壊不具合の原因究明~再発防止に至る取り組みの流れ
 1.3 樹脂製品の劣化現象に対する寿命予測と劣化加速の対応可能項目
 1.4 寿命予測(アレーニウス&ラーソンミラー法)の概要
 1.5 重回帰分析結果の展開

2.プラスチック製品の破損トラブルの事例
 2.1 ソルベントクラック
 2.2 環境応力割れ
 2.3 クリープ破壊
 2.4 疲労破壊
 2.5 成形加工が原因の破壊
 2.6 ストレスクラック

3.ゴム製品の破損トラブル
 3.1 熱による破損
 3.2 光による破損
 3.3 オゾンクラック
 3.4 残留塩素による劣化
 3.5 疲労破壊
 3.6 銅害
 3.7 溶剤による膨潤
 3.8 ブリスター破壊
 3.9 加水分解

4.樹脂製品・材料における破面解析
 4.1 プラスチック製品の破面
 4.2 ゴム製品の破面

5.プラスチック製品の破壊メカニズム
 5.1 ソルベントクラック
 5.2 環境応力割れ
 5.3 クリープ破壊
 5.4 疲労破壊
 5.5 ストレスクラック
 5.6 延性破壊と脆性破壊の決定因子

6.環境因子によるプラスチックの劣化
 6.1 紫外線
 6.2 熱
 6.3 加水分解
 6.4 銅害

7.ゴム製品の破壊メカニズム
 7.1 ゴムの4大トラブル
 7.2 加硫ゴムの破損要因
 7.3 ポリマー構造の違いによる耐候性・耐オゾン性
 7.4 ゴムのオゾン酸化反応
 7.5 残留塩素によるゴムの劣化
 7.6 銅害
 7.7 溶剤膨潤による亀裂の発生
 7.8 ブリスター破壊
 7.9 加水分解
7.10 ゴムポリマーの酸化劣化

8.樹脂材料の劣化寿命予測の手法
 8.1 アレーニウス型
 8.2 ラーソンミラー型
 8.3 寿命予測における検討内容並びに計算手法
 8.4 エクセルによる重回帰分析
 8.5 製品保証期間を担保する加速時間の設定
 8.6 加速倍率の把握方法

9.プラスチック・ゴムの寿命予測
 9.1 製品または材料の寿命予測の流れ
 9.2 環境応力割れを誘発する吸水率の予測
 9.3 プラスチック材料のクリープ破壊寿命の予測
 9.4 プラスチック材料の疲労破壊寿命の予測
 9.5 加硫ゴムのオゾンクラック寿命の予測

10.劣化不具合の原因と対策
 10.1 不具合が発生した際のチェック表
 10.2 プラスチック製品の衝撃破壊解析フロー
 10.3 プラスチック製品の経時劣化による破損解析フロー
 10.4 劣化モード別対策内容

11.解析ツール
 11.1 破損原因調査のための使用機器
 11.2 FT-IRの活用
 11.3 TEM画像の活用法
 11.4 主なプラスチックの結晶化度の算出方法

12.破損不具合の再現試験
 12.1 ソルベントクラック
 12.2 環境応力割れ
 12.3 疲労破壊
 12.4 クリープ破壊

13.劣化加速条件の設定
 13.1 劣化加速条件設定の流れ
 13.2 マイナー則による熱劣化加速条件の設定
 13.3 シール・ゴム部品の加速条件設定
 13.4 POM製品のクリープ破壊加速条件設定
 13.5 温度頻度表がない場合の劣化加速条件の設定方法

□ 質疑応答 □
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン】
 受講料 39,600円(税込)(S&TのE-mail案内登録の場合:37,620円(税込))
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”49,500円の半額”24,750円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意(割引適用)■■■
BC-seminarからお申込みされますと、システム登録上、定価が表示されますが、
割引希望の方には下記をもって適用しますのでご安心ください。
各割引適用には、弊社のE-mail案内が必須となりますので、通信欄に
「E-mail案内希望:する/しない」をご入力ください。
また受講は、S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。

弊社より“お申込みメール”をお送り致しますので、こちらの到着をもって正式に手続き完了となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。