ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  エレクトロニクス  広色再現性QD-OLED製品化で次世代進化が加速するディスプレイ用QD(量子ドット)技術

開催日 2022/08/29 (月) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【Live配信(リアルタイム配信)】

広色再現性QD-OLED製品化で次世代進化が加速するディスプレイ用QD(量子ドット)技術

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 小野 記久雄 氏 受講料 35,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
◎QD応用ディスプレイ製品化の状況、パネルメーカやサプライチェーン動向
◎QDの基本構造や材料種、各種QDディスプレイの動作原理
◎CES2022で大きな注目を集めたQD-OLED高性能パネルの構造、製造方法を特許情報から解析
◎QD材料探索やパターニング技術研究が進展するQD-ELまで
QD応用ディスプレイ技術の最新動向、課題、今後の展望を解説します。

◇◆◇◆本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。◇◆◇◆
申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。
※セミナー視聴ページは、マイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
電子データ(PDF/印刷可)
・マイページよりダウンロードいただきます。
・開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

(1)量子ドット(QD)を使ったディスプレイ製品の市場動向、パネルメーカ動向、サプライチェーン
(2)QDの基本構造、材料の種類、及び製品用途、色再現性を含む光学特性
(3)QDを使ったフォトルミネッセンス製品の構造と特性(QDシート、QD-CF)、課題、技術動向、今後の展望
(4)QDを使ったエレクトロルミネッセンス製品の構造、特性(QD-EL)、課題、技術動向、今後の展望
  特典
開催日時 2022/08/29 (月)     13:00~ 17:00     (受付  12:50 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/08/28
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 35,200円 (Live配信/WEBセミナー受講限定)
開講場所 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
※会社・自宅にいながら受講可能です※ 

講師
小野 記久雄 氏 講師写真

小野 記久雄 氏

(株)サークルクロスコーポレーション フェローアナリスト

 □経歴:
  1982年(株)日立製作所日立研究所入所。半導体IC、LTPS開発に従事。
  1993年(株)日立製作所 電子管事業部(後の日立ディスプレイズ)へ異動。
  TFT-LCD開発。特にTV用IPS-LCDの開発を主な担当とする。
  2009年パナソニック液晶ディスプレイ(株)へ異動。
  FPD技術調査(LCD、OLED、QLED、μLEDなど)を行う。
  2017年末退職。
  2018年1月より(株)サークルクロスコーポレーションFellow Analyst 就任。
 □著書(共同執筆)
  ・ Edited by S. Ishihara et. al.,
  “High Quality Liquid Crystal Displays and Smart Devices” IET(UK) (2019).
 □主な受賞歴
  ・2013年(公社)発明協会 全国発明表彰、発明賞
  ・2015年文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)
   受賞テーマ『広視野角で低消費電力を実現したIPS方式液晶パネルの開発』
   その他、日本、米国登録特許457件保有、特許分析に精通している。

カリキュラム、
プログラム
【セミナー趣旨】
 ナノテクノロジ技術として量子ドット(QD)はディスプレイに鮮やかな広再現性の世界をもたらしている。SamsungのTVセット部門はQLEDとしてOLEDに対抗するQDのブランド化を行った。これはフォトルミネッセンス(PL)としてのQDの働きで有り、青色LED光源と色変換QDシートを液晶ディスプレイ(LCD)に組み合わせて搭載する製品となった。2021年からは、このQDシートとMini-LED BLを組み合わせたLCD TVで攻勢をかけている。

 一方、パネル生産を手掛けるSamsung Display (SDC)は、青色OLED光源とカラーフィルター(CF)状にQD領域を基板上にパターン化したQD-CFとの組み合わせ技術QD-OLEDを長年開発して来たが、2022年にTVセットメーカにパネル供給を開始した。OLEDとして分類すると、過去最高輝度(~1500nits)と最高色再現性(BT2020~92%)の高性能パネルであり、2022年CES展示のディスプレイデバイスとして最大のトピックスとなった。

 本セミナーでは、まずPLとしてのQDシート材料、さらにLCD組み合わせでのMini-LED搭載2022年モデルのTV製品性能を解説する。そして、最大トピックスであるQD-OLEDパネルの製品性能および判明した課題を解説する。さらに、技術開示の無いパネル構造・製造方法については、SDCのUS特許公開公報を詳細解析することで、その内容を解き明かす。
 次世代技術として、色規格BT2020で100%を超える超広再現性に加えて、全Ink Jet製法で低コスト化を目指すエレクトロルミネッセンス(EL)のQD-EL(nanoLED)の構造、特性、製造方法について、最新学会SID2022での発表内容の解析により、将来への展望技術として紐解く。

【セミナー講演内容】
1.ディスプレイデバイスの動作原理とQDディスプレイのロードマップ
  1.1 フォトルミネッセンスQD、QDシート装着LCD、QD-OLED、QD-EL(nanoLED)の動作原理
  1.2 QDディスプレイのロードマップ

2.CES2022におけるQD技術適用ディスプレイ搭載機器提案とその後の製品化状況
  2.1 QDシート/Mini-LED BL技術適用LCDおよびQD-LED搭載ディスプイ機器の提案
  2.2 CES2022展示機器のその後の製品化状況
  2.3 CES2022展示機器の市場動向と戦国絵巻

3.フォトルミネッセンスQDシートと2022年モデルディスプレイ機器の色再現性
  3.1 部品としてのQDシート構造、市場シェア動向
  3.2 QD材料の分類と色再現性規格、2022年モデルディスプレイ機器の色再現性
  3.3 ナノサイズLEDを光源とするQNEDデバイスとペロブスカイト(Perovskite)QD材料の概要

4.US特許調査で紐解くQD-OLEDパネルの構造・製造方法
  4.1 QD-OLEDパネルを搭載したTVの性能解析
  4.2 US特許分析によるQD-OLEDのパネル構造の推定
  4.3 QD-CFの隔壁材料の解析
  4.4 QD-OLEDのタンデム発光層構造
  4.5 画素CF色配列とインクジェット製法との関係

5.継続開発位置づけのOLED、QD-EL技術の解析(OLEDパターニング製法視点)
  5.1 OLEDとQD-ELの開発継続性とOLEDパターニング技術の動向
  5.2 All IJ印刷OLED(SID2022:SDC)
  5.3 TE型All IJ印刷QD-EL(SID2022:SDC)
  5.4 IJ印刷に加えホト加工も狙うQD-EL(SID2022:BOE)
  5.5 IJ印刷OLEDからの継続のQD-EL(SID2022:TCL)
  5.6 さらなる高色再現性QD材料探索するQD-EL(SID2022:SHARP)
  5.7 AR向け高精細フォトリソ加工QD-EL(SID2022:SHARP)

6.まとめ:2022年モデルディスプレイ製品の市場毎の輝度比較と製品ライフサイクル

□ 質疑応答 □
受講者の声 ◎SIDなどの最新情報も絡めた解説でQDの知見を深めることができた。参考になる事項が多くあった。
◎講師の方の調査内容と今後の予想が盛り込まれており大変参考になった。
◎とても詳しく、主観も交えられて、質問にも誠実に正確に答えられていたのでよかったです。
◎営業職ですが分かりやすく言葉も選んでいただき、よく理解できた。
◎非常に丁寧に、わかりやすく説明してくれた。話し方にも好感が持て理解が深まった。
◎かなり綿密な特許調査に基づいた分析されていると思った。また関連技術への理解が深く広いと感じた。
◎この分野に経験がなく知識不足であったが、今後知識を深めていく上で良い取っ掛かりになる講演だと感じた。
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン】
 受講料 35,200円(税込)(S&TのE-mail案内登録の場合:33,440円(税込))
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”44,000円の半額”22,000円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意(割引適用)■■■
BC-seminarからお申込みされますと、システム登録上、定価が表示されますが、
割引希望の方には下記をもって適用しますのでご安心ください。
各割引適用には、弊社のE-mail案内が必須となりますので、通信欄に
「E-mail案内希望:する/しない」をご入力ください。
また受講は、S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。

弊社より“お申込みメール”をお送り致しますので、こちらの到着をもって正式に手続き完了となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。