ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  バイオ・食品関連  『製剤・製造』に特化した医薬品モダリティの特許動向と特許戦略

開催日 2022/10/28 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

<抗体医薬、核酸医薬、中分子医薬、低分子医薬>

『製剤・製造』に特化した医薬品モダリティの特許動向と特許戦略

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 加藤 浩​ 氏 受講料 35,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
~どのような特許を取得すべきか、特許をどのように活用すべきか~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

■医薬品モダリティの「製剤・製法」の特許の取得と活用の考え方(裁判例からの教訓)■
~抗体医薬、核酸医薬、中分子医薬、低分子医薬の「製剤・製造」特許~

特許戦略として重要な課題です。
研究開発のそれぞれの段階に対応して、どのような特許を取得し、どのように活用するかについては、
特許を有効に活用するためには、広くて強い特許を取得することが必要不可欠

◇◆◇◆本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。◇◆◇◆
申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。
※セミナー視聴ページは、マイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
電子媒体(PDFデータ/印刷可)をマイページよりダウンロードいただきます。
  (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

■抗体医薬
(溶解性・安定性、剤型、用法・用量、投与方法、抗体薬物複合体、DAR(薬物抗体比)など)
■核酸医薬
(安定性・免疫原性、脂質ナノ粒子、核酸の構造改変、PEG化・コンジュゲート化など)
■中分子医薬
(安定性・膜透過性、糖修飾ペプチド、リン酸化ペプチド、ジスルフィド結合、PEG化など)
■低分子医薬
(剤型、用法・用量、結晶多型・水和物、リポソーム、DDSなど)

セミナーの対象者はこんな方です

◆講習会のねらい◆
この講習会では、以下の事項の習得をねらいとする。
・医薬品モダリティの「製剤・製法」における特許実務の考え方
・医薬品モダリティの「製剤・製法」の特許動向の現状と今後の方向性
・医薬品モダリティの「製剤・製法」の特許の取得と活用の考え方(裁判例からの教訓)
・医薬品モダリティの「製剤・製法」の登録特許の審査・審判事例からの教訓
  特典
開催日時 2022/10/28 (金)     13:00~ 16:30     (受付  12:50 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/10/27
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 35,200円 (Live配信/WEBセミナー受講限定)
開講場所 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
※会社・自宅にいながら受講可能です※ 

講師
加藤 浩​ 氏 講師写真

加藤 浩​ 氏

青山特許事務所 顧問弁理士

【経済産業省特許庁(特許審査官)に入庁後、特許庁審判部(審判官)を経て現職】

【主なご専門/業務】
知的財産法/大学教授、弁理士

カリキュラム、
プログラム
【セミナー趣旨】
近年、医薬品モダリティとして、抗体医薬、核酸医薬、中分子医薬、低分子医薬などの研究開発が推進されています。最近では、いよいよ実用化の段階に至り、医薬品モダリティに関する「製剤・製造」の研究開発が行われ、研究成果が積極的に特許出願されています。
このような医薬品モダリティに関する「製剤・製造」を推進するためには、特許動向を分析し、それに基づいて、特許戦略を構築することが必要不可欠です。とくに、特許を有効に活用するためには、広くて強い特許を取得することが必要不可欠であり、研究開発のそれぞれの段階に対応して、どのような特許を取得し、どのように活用するかについては、特許戦略として重要な課題です。このような課題への対応により、研究成果を事業活動に最大限に活かすことができます。
本講演では、「製剤・製造」に特化した医薬品モダリティについて、特許出願及び権利化の現状と課題について説明したうえで、今後の特許戦略の在り方について解説します。

【セミナー講演内容】
1.医薬品モダリティの現状と課題
  1.1 医薬品モダリティの「製剤・製造」の技術開発の現状
1.2 医薬品モダリティの「製剤・製造」に関する特許出願の現状
1.3 医薬品モダリティの「製剤・製造」の特許審査の現状と課題

2.医薬品モダリティの「製剤技術」の特許動向
2.1 抗体医薬
(溶解性・安定性、剤型、用法・用量、投与方法、抗体薬物複合体、DAR(薬物抗体比)など)
2.2 核酸医薬
(安定性・免疫原性、脂質ナノ粒子、核酸の構造改変、PEG化・コンジュゲート化など)
2.3 中分子医薬
(安定性・膜透過性、糖修飾ペプチド、リン酸化ペプチド、ジスルフィド結合、PEG化など)
2.4 低分子医薬
(剤型、用法・用量、結晶多型・水和物、リポソーム、DDSなど)

3.医薬品モダリティの「製造技術」の特許動向
3.1 抗体医薬
(H鎖とL鎖の合成・選択、構造改変、二重特異性抗体、精製方法(クロマト、膜分離)など)
3.2 核酸医薬
(次世代PCR、ホスホロアミダイド法の改良、人工核酸、核酸修飾、精製方法(HPLC)など)
3.3 中分子医薬
(ペプチドの修飾方法、保護基と脱保護、固相合成・液相合成、架橋反応、精製方法(HPLC)など)
3.4 低分子医薬
(プロドラッグ・アンチドラッグ、収率の向上、結晶多型・水和物、AI創薬など)

4.どのような特許を取得すべきか
  4.1 特許要件、記載要件の考え方と最近の傾向(近時の裁判例からの考察)
4.2 どの程度の進歩性が要求されるのか(従来技術との比較データなど)
4.3 どの程度の開示が要求されるのか(実験データ、薬理データなど)
4.4 広くて強い特許とは、どのような特許か
4.5 特許審査への対応(拒絶理由への対応、面接審査の活用など)

5.特許をどのように活用すべきか
5.1 医薬品モダリティに関する特許活用の現状と課題
5.2 医薬品特許の効力範囲の解釈と留意点
5.3 クリアランス調査の現状と留意点
5.4 他社の特許を侵害しない方法(他社特許の迂回方法、査証制度の活用など)
5.5 事業戦略と特許戦略の一体化(薬機法に配慮した特許戦略の在り方など)

6.医薬品モダリティの「製剤・製法」に関する登録特許の分析(事例紹介)
6.1 特許審査・審判の経緯からの教訓
6.2 特許請求の範囲の記載方法
6.3 進歩性及び明細書の開示の程度
6.4 諸外国の登録特許の事例との比較(米国、欧州、中国など)
6.5 事例を踏まえた最適な明細書・クレームの提案

  □質疑応答□
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン】
 受講料 35,200円(税込)(S&TのE-mail案内登録の場合:33,440円(税込))
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”49,500円の半額”24,750円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意(割引適用)■■■
BC-seminarからお申込みされますと、システム登録上、定価が表示されますが、
割引希望の方には下記をもって適用しますのでご安心ください。
各割引適用には、弊社のE-mail案内が必須となりますので、通信欄に
「E-mail案内希望:する/しない」をご入力ください。
また受講は、S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。

弊社より“お申込みメール”をお送り致しますので、こちらの到着をもって正式に手続き完了となります。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。