ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  環境・エネルギー  小型モジュール炉の国内外の最新動向と導入に向けた課題・今後の可能性

開催日 2022/10/24 (月) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~国内外の開発・導入動向、日本における社会的・技術的課題、事業可能性と今後の展望等~

小型モジュール炉の国内外の最新動向と導入に向けた課題・今後の可能性

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 山野 秀将 氏 受講料 35,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
~構造・原理・特徴といった基礎や、エネルギー政策・原子力発電の導入計画等の動向から解説~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

脱炭素に向けて重要な役割を担う「小型モジュール炉(SMR)」。国内外で開発・導入が進む同技術について、カーボンニュートラルに向けた国内外のエネルギー政策から、エネルギー安全保障と電力価格、小型モジュール炉の構造・原理・特徴、国内外の開発・導入動向、日本における社会的・技術的課題、関連技術の開発動向、事業可能性と今後の展望までを詳しく解説します。

◇◆◇◆本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。◇◆◇◆
申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。
※セミナー視聴ページは、マイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
電子媒体(PDFデータ/印刷可)
・マイページよりダウンロードいただきます。
・開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。

セミナーの対象者はこんな方です

一般的な講演とするため予備知識は不要。原子力関係者のみならず、新規参入を目指すエネルギー業界や商社等にも役立つ。
  特典
開催日時 2022/10/24 (月)     13:00~ 16:00     (受付  12:50 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/10/23
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 35,200円 (Live配信/WEBセミナー受講限定)
開講場所 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
※会社・自宅にいながら受講可能です※ 

講師
山野 秀将 氏 講師写真

山野 秀将 氏

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 研究主席 工学博士

専門:原子力工学
ナトリウム冷却高速炉のシビアアクシデント研究、安全評価、確率論的リスク評価、熱流動評価、耐震評価、プラント設計

カリキュラム、
プログラム
【セミナー趣旨】
 わが国の2050年カーボンニュートラル政策を実現するためには、再生可能エネルギーと原子力エネルギーを適切に組み合わせて電力の安定供給を目指す必要がある。国外では、中国・ロシアは大型炉の従来路線を続けているが、欧米では1基当たりの建設費の安い小型炉を志向し、それをモジュール化することで大容量発電を目指している。わが国においても小型モジュール炉を導入する機運が高まっている。
 そこで、小型モジュール炉の仕組みや国内外の動向を紹介し、今後の事業可能性について見解を示す。本講演により、エネルギー業界での新規参入を期待している。

【セミナー講演内容】
1.2050年カーボンニュートラルに向けたエネルギー政策
 1.1 脱炭素に関する国外動向
 1.2 各国エネルギー政策
 1.3 日本のエネルギー政策
 1.4 2030年と2050年のエネルギーミックス

2.エネルギー安全保障と電力価格
 2.1 地政学的リスク
 2.2 ロシアのウクライナ侵攻の影響
 2.3 火力発電における燃料費の負担増
 2.4 脱炭素化による火力発電の削減
 2.5 電力自由化と電力系統
 2.6 最近の電力価格

3.原子力発電の必要性と導入計画
 3.1 カーボンニュートラルやエネルギー安全保障による原子力発電の必要性
 3.2 IAEA等による原子力発電導入の見込み
 3.3 各国の原子力発電導入計画
 3.4 日本における再稼働と新増設の必要性

4.小型モジュール炉の構造・原理、特徴
 4.1 従来の軽水炉
 4.2 代表的な小型モジュール炉としてNuScaleとBWRX300
 4.3 非軽水炉(ナトリウム冷却高速炉、高温ガス炉、溶融塩炉)

5.小型モジュール炉の国外の開発・導入動向
 5.1 NuScale
 5.2 BWRX300
 5.3 マイクロ炉
 5.4 その他

6.小型モジュール炉の国内の開発・導入動向
 6.1 NuScale
 6.2 BWRX300
 6.3 小型PWR
 6.4 マイクロ炉
 6.5 高速炉
 6.6 ガス炉

7.日本における社会的・技術的課題
 7.1 原子力規制
 7.2 地方自治体等社会的合意形成
 7.3 政府方針・支援
 7.4 資金調達
 7.5 サプライチェーン
 7.6 産業基盤維持
 7.7 人材確保・維持・育成
 7.8 放射性廃棄物
 7.9 プラント設計・建設・運転に係る課題
 7.10 産業競争力(国外展開)
 7.11 実証試験等インフラ設備

8.関連した研究開発動向
 8.1 3次元免震技術
 8.2 浮体免震技術
 8.3 積層造形技術(3Dプリンティング)
 8.4 事故耐性燃料
 8.5 過酷事故対策
 8.6 リスク情報活用
 8.7 デジタルツイン、AI活用
 8.8 再エネ協調技術、蓄熱、水素製造

9.事業可能性と今後の展望
 9.1 発電目的の既存炉のリプレース
 9.2 鉄鋼産業等の電力を必要とする産業界での利用
 9.3 水素製造目的利用
 9.4 太陽光発電や風力発電と結合した統合エネルギーシステムとして活用
 9.5 石油やガス業界からの原子力業界への転向
 9.6 スタートアップ企業
 9.7 今後の展望

 □質疑応答□
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン】
 受講料 35,200円(税込)(S&TのE-mail案内登録の場合:33,440円(税込))
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”44,000円の半額”22,000円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意(割引適用)■■■
BC-seminarからお申込みされますと、システム登録上、定価が表示されますが、
割引希望の方には下記をもって適用しますのでご安心ください。
各割引適用には、弊社のE-mail案内が必須となりますので、通信欄に
「E-mail案内希望:する/しない」をご入力ください。
また受講は、S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。

弊社より“お申込みメール”をお送り致しますので、こちらの到着をもって正式に手続き完了となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。