ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  環境・エネルギー  使用済みGFRP&CFRPの 国内外におけるリサイクル技術の動向・課題と 回収材の用途開発、再利用技術

開催日 2022/10/31 (月) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~熱硬化性樹脂複合材料のリサイクル技術の現状、課題と最新動向~

使用済みGFRP&CFRPの 国内外におけるリサイクル技術の動向・課題と 回収材の用途開発、再利用技術

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 柴田 勝司 氏 受講料 39,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
代表的な熱硬化性樹脂複合材料製品であるGFRP、CFRPのリサイクル技術の現状と最新動向を把握

主なCF回収方法の比較、
国内・海外のリサイクル技術とそのバリエーション、リサイクル後の回収材の利用方法

CFRPのみならず、生産量が20倍以上のGFRPのガラス繊維(GF)の回収技術の確立に向けて

繊維複合材料リサイクルの世界では何が起こっているのか、何がどこまで進んでいるのか、課題は

◇◆◇◆本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。◇◆◇◆
申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。
※セミナー視聴ページは、マイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
PDFテキスト(印刷可・編集不可)

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

国内外におけるGFRP、CFRPのリサイクル技術の最新動向

セミナーの対象者はこんな方です

・GFRP、CFRPのリサイクル技術に関わりのある方
・GFRP、CFRPの開発設計者
・リサイクル事業に携わっている方
  特典
開催日時 2022/10/31 (月)     10:30~ 16:30     (受付  10:20 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/10/30
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 39,600円 (Live配信/WEBセミナー受講限定)
開講場所 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
※会社・自宅にいながら受講可能です※ 

講師
柴田 勝司 氏 講師写真

柴田 勝司 氏

溶解技術(株) 代表取締役 博士 (工学) 

※元日立化成(株)
専門:高分子合成 エポキシ樹脂配合設計 高分子リサイクル(熱硬化性樹脂)

カリキュラム、
プログラム
【セミナー趣旨】
 熱硬化性樹脂複合材料の代表的な製品としては、不飽和ポリエステル樹脂/ガラス繊維複合材料(GFRP: Glass Fiber Reinforced Plastics)、エポキシ樹脂/炭素繊維複合材料(CFRP: Carbon Fiber Reinforced Plastics)が挙げられる。CFRPに使用される炭素繊維(CF)は高価なため、最近はリサイクルされ始め、回収CFの用途探索も進んできた。一方、CFRP生産量の20倍以上生産されているGFRPについては、2000年頃から約20年間、セメントの原燃料化によるリサイクルしか実用化されていなかった。しかしながら、ここ数年でリサイクル技術は著しく進歩し、GFRP製の風力発電用ブレードなどがリサイクルされるようになってきた。本セミナーではGFRP並びにCFRPのリサイクル技術に関する最新動向を報告する。

【セミナー講演内容】
1.緒言
   ・複合材料の定義と分類
   ・米国の各種FRPの市場
   ・バサルト繊維
   ・プラスチックリサイクル技術の分類

2.GFRPリサイクル技術の動向
   ・GFRPの歴史
   ・国内のGFRP出荷量と用途
   ・欧州のGFRP生産量
   ・GFRPの廃棄物処理
   ・プラスチックリサイクル技術の分類
 2.1 国内のGFRPリサイクル技術
  2.1.1 マテリアルリサイクル
  2.1.2 熱分解法
  2.1.3 加溶媒分解法
  2.1.4 超臨界流体法
  2.1.5 その他の回収技術
  2.1.6 再利用技術
 2.2 海外のGFRPリサイクル技術
  2.2.1 GFリサイクル
  2.2.2 マテリアルリサイクル
  2.2.3 熱分解法
  2.2.4 溶媒洗浄法
  2.2.5 加溶媒分解法
  2.2.6 超臨界流体法
  2.2.7 その他の回収技術
  2.2.8 易分解性樹脂
  2.2.9 再利用技術

3.CFRPリサイクル技術の動向
   ・炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の出荷量
   ・CFRPの用途
   ・ボーイング787に使われている材料
   ・PAN(PolyAcryloNitrile)系CFの製造法
   ・CF製造時のエネルギーとCO2排出量
   ・CF廃材の種類
   ・CFRP廃材のリサイクルに適用可能な技術
   ・各種CFRPリサイクルの比較
 3.1 国内のCFRPリサイクル技術
  3.1.1 マテリアルリサイクル
  3.1.2 熱分解法
  3.1.3 加溶媒分解法
  3.1.4 超臨界流体法
  3.1.5 その他の回収技術
  3.1.6 易分解性樹脂
  3.1.7 再利用技術
 3.2 海外のCFRPリサイクル技術
  3.2.1 CFリサイクル
  3.2.2 マテリアルリサイクル
  3.2.3 熱分解法
  3.2.4 溶媒洗浄法
  3.2.5 加溶媒分解法
  3.2.6 超臨界流体法
  3.2.7 その他の回収技術
  3.2.8 易分解性樹脂
  3.2.9 再利用技術

4.結言
 4.1 結論
  4.1.1 GFRPリサイクル技術
  4.1.2 CFRPリサイクル技術
 4.2 今後の技術課題
  4.2.1 回収技術
  4.2.2 加工技術
  4.2.3 再利用技術

  □質疑応答□

キーワード:GFRP,CFRP,リサイクル,再利用
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン】
 受講料 39,600円(税込)(S&TのE-mail案内登録の場合:37,620円(税込))
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”49,500円の半額”24,750円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意(割引適用)■■■
BC-seminarからお申込みされますと、システム登録上、定価が表示されますが、
割引希望の方には下記をもって適用しますのでご安心ください。
各割引適用には、弊社のE-mail案内が必須となりますので、通信欄に
「E-mail案内希望:する/しない」をご入力ください。
また受講は、S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。

弊社より“お申込みメール”をお送り致しますので、こちらの到着をもって正式に手続き完了となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。