ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  化学・高分子  ウェブハンドリング技術の基礎知識と 巻取における実践的トラブル対策

開催日 2022/12/06 (火) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

ウェブハンドリング技術の基礎知識と 巻取における実践的トラブル対策

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 砂見 雄太 氏 &nbs... 受講料 44,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
フィルム・紙・不織布などのウェブを扱え時に起きる不具合をどのようにすればいいのか…
理論に基づかない経験や勘でトラブルを乗り切っていないでしょうか?

2人の講師がウェブハンドリングのメカニズムなどの理論的な基礎知識から
巻取時に起きるトラブル対策法など実務に役立つ技術を解説!

◇◆◇◆本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。◇◆◇◆
※セミナー視聴ページは、マイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員(無料))が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※お申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。

セミナーの対象者はこんな方です

フィルムメーカーやコンバーターなどの生産現場において、
①トラブル改善に取り組んでいる、
②理論的な観点を活用した事例に関心がある、
③機械メーカーや各種材料メーカー等で技術の知見を深めたい、
ウェブハンドリング技術あるいは周辺分野に関わる技術者
  特典
開催日時 2022/12/06 (火)     10:30~ 17:00     (受付  10:20 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/12/05
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 44,000円 (Live配信/WEBセミナー受講限定)
開講場所 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
※会社・自宅にいながら受講可能です※ 

講師
砂見 雄太 氏 講師写真

砂見 雄太 氏

東海大学 工学部 機械工学科 准教授

<専門>
トライボロジー、設計工学、ウェブハンドリング、バイオミメティクス

神田 敏満 氏 講師写真

神田 敏満 氏

(株)KANDA 代表取締役社長

<専門>
ウェブハンドリング

カリキュラム、
プログラム
【セミナー趣旨】
 巻取理論の本質を解説し、実際にトラブル防止にアプローチする考え方を紹介する。さらに、トラブルの発生メカニズムを解説し、様々な状況を想定した実践的な対策事例とその概念を紹介する。

【セミナー講演内容】
【第一部】 10:30~14:00(12:00~13:00 休憩)
東海大学 工学部 機械工学科 准教授 砂見 雄太 氏

1.はじめに
 1.1 ウェブとウェブハンドリング
 1.2 ウェブハンドリング技術のポイント
 1.3 ウェブハンドリングの研究の流れ
 1.4 まとめ

2.ウェブの力学的性質
 2.1 ウェブに作用する力とその変形
 2.2 フックの法則
 2.3 ウェブ素材の構造と弾性の関係
 2.4 液体の構造と粘性
 2.5 粘弾性体とその力学的モデル
 2.6 ウェブの曲げ
 2.7 ウェブの座屈
 2.8 ウェブの折れしわ

3.ウェブハンドリングのトライボロジー
 3.1 ウェブ搬送とトライボロジー
 3.2 摩擦力と摩擦係数
 3.3 摩擦係数の測定
 3.4 オイラーのベルト公式
 3.5 固体の接触と摩擦
 3.6 摩擦のメカニズム
 3.7 摩擦係数のコントロール
 3.8 マクロスリップの発生条件と抑止方法

  □ 質疑応答 □

【第2部】 14:15~17:00(15:45~16:00 休憩)
(株)KANDA 代表取締役社長 神田 敏満 氏

1.トラブル改善への心構え
 1.1 原因推定から対策決定までの思考プロセス
 1.2 トラブルと張力の関係

2.しわの発生メカニズム
 2.1 円周方向しわの本質と事例
 2.2 流れ方向しわの本質と事例

3.巻取理論とその活用事例
 3.1 巻取方式の分類・特徴
 3.2 理論の外観、およびトラブルと内部応力の関係
 3.3 基礎モデル
  3.3.1 概念と数値計算
  3.3.2 スケールアップ事例
 3.4 巻き込み空気の影響
  3.4.1 空気層厚みの計算とその活用(表層ズレ、巻締り)
  3.4.2 概念と数値計算
 3.5 周辺環境(温度変動)の影響
  3.5.1 概念と数値計算
  3.5.2 ウェブ物性の違い事例
  3.5.3 季節要因の事例
  3.5.4 コア物性での品質コントロール事例
  3.5.5 巻取条件の最適化の基本
  3.5.6 ウェブ厚みムラの影響
      1)概念と数値計算
      2)狭幅と広幅の違い事例

4.巻取りシミュレーションソフトウェアの紹介

  □ 質疑応答 □
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講限定)】
 受講料(税込) :44,000円/E-Mail案内登録価格:41,800円
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”55,000円の半額”27,500円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意■■■
通信欄に以下をご入力下さい。

①「E-mail案内希望:する/しない」
※各割引適用にはE-mail案内登録が必須となります※

在宅勤務等で書類の送付をご指定の場合
②送付先住所

2名様以上でお申し込みの場合
③氏名
④部署
⑤メールアドレス
⑥「E-mail案内希望:する/しない」
※割引適用にはE-mail案内登録が必須となります※

お申込みと同時に、セミナーの視聴、テキスト配布等のため
S&T(主催会社のWeb)会員登録をさせていただきます。
(E-mail案内登録とは異なります)
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。