ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  技術・研究(その他)  産業用ロボットの最新技術と市場・規格動向及び導入におけるポイント

開催日 2019/09/25 (水) 開催地 東京都

産業用ロボットの最新技術と市場・規格動向及び導入におけるポイント

主催 株式会社R&D支援センター 講師 守田 裕親 受講料 49,980円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
 最近何かと話題になるロボットだが、その中でも今やものづくりの様々な分野で活躍する産業用ロボットの最新技術動向と同ロボットを取り巻く市場動向や法規・規格の動向も紹介し、今話題の人協働にも言及する。このような一連の話の中からロボット導入に向けた基本的知識・応用知識を習得していただきます。
  特典
 お知らせ
開催日時 2019/09/25 (水)     12:30~ 16:30     (受付  12:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2019/07/24  ~ 2019/09/24
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 49,980円 (一般)
開講場所 ・会場名: 江東区産業会館 第2会議室
・住所: 〒135-0016 東京都江東区東陽4-5-18 
・交通アクセス: ・東京メトロ東西線「東陽町駅」 4番出口右隣り
講師
守田 裕親 講師写真

守田 裕親  (モチダ ヒロチカ)

三菱電機(株) FAエンジニアリングサービスセンター FE企画部 専任(テクニカルアドバイザー)

カリキュラム、
プログラム
1.産業用ロボットの市場と法規・規格の動向
 →国内ロボット市場とその歴史にもふれ、海外の市場にも目を向ける。また、最近話題となっている人とロボットの協働作業についても、法と規格(労働安全衛生規則と2 号通達、JISB8433 とISO10218-1/2 等)を交え、解説する。
 1.1 国内ロボット市場について
  →生産推移 ・用途 ・生産形態の推移
 1.2 海外ロボット市場について
  →中国市場、等
 1.3 産業用ロボットにかかわる法規・規格について
  →労働安全衛生規則と2 号通達 ・JISB8433 とISO10218-1/2 ・人協働とリスクアセスメント
2.産業用ロボットの最新技術、及びアプリケーション技術の動向
 →なぜ、今、各種センサが普及し始めているかを考察し、三菱電機の産業用ロボットの実例を通して、現状の産業用ロボットの最新技術動向(力覚センサ、2 次元ビジョンセンサ、3次元ビジョンセンサ応用、複腕制御等)を解説する。
 2.1 なぜ今、センサか
 2.2 力覚センサ
  →力覚センサとは ・力覚センサを用いたアプリケーション技術
 2.3 2次元ビジョンセンサ
  →2次元ビジョンセンサとは ・2次元ビジョンセンサを用いたアプリケーション技術
 2.4 3次元ビジョンセンサ
  →3次元ビジョンセンサとは ・3次元ビジョンセンサを用いたアプリケーション技術
 2.5 複腕制御
  →複腕制御とは ・複腕制御を用いたそのアプリケーション技術
 2.6 その他
3.今後の展望
 →まず、政府が推し進めるロボット普及施策等にふれた後、今後の需要や展望について、直近の話や将来について、講師の思いも込めて説いてゆく。
 3.1 ロボット普及促進に関する施策について
  →RRI、IVI、他
 3.2 今後の展望
  →産業用ロボットの基本性能の視点より ・システムインテグレータの視点より ・エンドユーザの視点より
【質疑応答・名刺交換】
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。