ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  技術・研究(その他)  海洋生分解性を有するプラスチックの基礎と材料設計

開催日 2019/10/25 (金) 開催地 東京都

海洋生分解性を有するプラスチックの基礎と材料設計

主催 株式会社R&D支援センター 講師 柘植 丈治 受講料 49,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
 マイクロプラスチックによる海洋汚染が広く認知されるようになり、海洋生分解性を有するプラスチックに注目が集りつつあります。一方で、地球温暖化防止の観点から、プラスチックの原料にも再生可能な資源を用いることが求められています。本講では、主にバイオマス資源から微生物によって合成される天然プラスチック・ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)を中心に、生分解性プラスチックとしての研究の歴史、新しいタイプのPHAや生分解性機構などの最新の研究動向、海洋生分解性プラスチックにおける政策や市場の動向、および、今後目指すべき環境にやさしいプラスチックについて紹介します。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

生分解性プラスチックの基礎知識を習得できる。
バイオマスを原料とした生産プロセスについて理解できる。
海洋生分解性を有する樹脂の材料化における注意点が理解できる。
  特典
 お知らせ
開催日時 2019/10/25 (金)     13:00~ 16:00     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2019/07/24  ~ 2019/10/24
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 49,500円 (一般)
開講場所 ・会場名: 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
・住所: 〒136-0071 東京都江東区亀戸2-19-1 
・交通アクセス: ・JR総武線亀戸駅北口改札下車徒歩2分
講師
柘植 丈治 講師写真

柘植 丈治  (ツゲ タケハル)

東京工業大学 物質理工学院・材料系 博士(農学) 准教授

カリキュラム、
プログラム
1.生分解性プラスチックとバイオマスプラスチック
  1-1 プラスチックと環境問題
  1-2 生分解性プラスチックの種類
  1-3 バイオマスプラスチックの種類
  1-4 認証マーク制度
  1-5 生分解性・バイオマスプラスチックの合成法

2.海洋生分解性を有する微生物合成プラスチック
  2-1 微生物合成プラスチックの歴史
  2-2 微生物合成プラスチックの種類と構造
  2-3 微生物合成プラスチックの物性
  2-4 微生物合成プラスチックの合成方法
  2-5 微生物合成プラスチックの海洋生分解性

3.新しいタイプの微生物合成プラスチック
  3-1 ホモポリマー型
  3-2 分岐側鎖・芳香族側鎖型
  3-3 乳酸系モノマー型
  3-4 末端修飾型
  3-5 分子量制御型

4.生分解性プラスチックの分解機構
  4-1 物性と生分解性の関係
  4-2 生分解性制御法
  4-3 各種生分解性試験法

5.政策および市場動向、今後の展望
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。