ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  化学・高分子  濾過プロセスの必須基礎知識と装置選定・スケールアップおよび最新技術

開催日 2020/10/30 (金) 開催地 東京都

濾過プロセスの必須基礎知識と装置選定・スケールアップおよび最新技術

主催 株式会社R&D支援センター 講師 向井 康人 氏 &nbs... 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
【第1部】10:30~13:00 ※途中5分間トイレ休憩あり
「濾過プロセスの必須基礎知識」
名古屋大学 大学院工学研究科 化学システム工学専攻 准教授 博士(工学) 向井 康人 氏

【第2部】14:00~16:30 ※途中5分間トイレ休憩あり
(1)「ろ過技術基礎とろ過装置の選定・スケールアップ」
三菱化工機(株) 機械事業本部 産業機械技術部 主幹セールスエンジニア 細野 武彦 氏

(2)「最新の膜ろ過技術」
~≪回転型セラミック膜フィルタ≫ダイナミック・クロスフロー~
三菱化工機(株) 企画本部 研究開発部 大森 一樹 氏


スケジュール
10:00~13:00 第1部 ※途中5分間トイレ休憩あり
13:00~14:00 昼食(各自)
14:00~16:30 第2部 ※途中5分間トイレ休憩あり

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

習得できる知識
【第1部】
 ・濾過の基礎的な原理・理論
 ・濾過の基本的な試験方法
 ・濾過データの整理・評価・解析方法

【第2部】
 ・ろ過(固液分離)の基礎知識
 ・ろ過(固液分離)装置の種類と特徴
 ・ろ過(固液分離)装置選定におけるスケールアップ基礎
 ・ろ過(固液分離)活用例および最新動向

セミナーの対象者はこんな方です

【第1部】
 ・広範な産業分野で濾過の基礎知識を必要とされている方(初心者歓迎)

【第2部】
 ・化学メーカー、機械メーカーの研究開発・生産製造や計画・実務に携わる方(初心者から中級者まで)
  特典
開催日時 2020/10/30 (金)     10:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/10/06
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 10名
受講料 55,000円
開講場所 ・会場名: 江東区産業会館 第1会議室
・住所: 〒135-0016 東京都江東区東陽4-5-18 
・交通アクセス: 東京メトロ東西線「東陽町駅」 4番出口右隣り
講師
向井 康人 氏 講師写真

向井 康人 氏

【第1部】
名古屋大学 大学院工学研究科 化学システム工学専攻 准教授 博士(工学)

《専門》
 分離工学

《活動など》
 ・世界濾過工学会日本会 役員
 ・化学工学会東海支部 庶務幹事
 ・日本繊維機械学会 ジャーナル編集委員会副委員長

細野 武彦 氏 講師写真

細野 武彦 氏

【第2部(1)】
三菱化工機(株) 機械事業本部 産業機械技術部 主幹セールスエンジニア

《専門》
 ろ過(固液分離)全般

《略歴》
 1998年3月 横浜国立大学大学院 物質工学専攻  卒業
 1998年4月 三菱化工機(株) 入社
 1998年5月 プラント技術部 第5G に配属
  ~2004年12月(約6年半)プラント建設 / 土木・建築設計業務 に従事
 2004年12月 装置機器技術部 産業機械設計課 に異動
  ~2012年3月(約7年半)産業機械設計業務 に従事
  ~2015年9月(約3年半)産業機械設計管理業務 に従事
  ~2019年3月(約3年半)産業機械設計マネジメント業務 に従事
  ~2020年2月現在(約1年)産業機械セールスエンジニア業務 に従事

大森 一樹 氏 講師写真

大森 一樹 氏

【第2部(2)】
三菱化工機(株) 企画本部 研究開発部

《専門》
 膜ろ過分離や遠心分離など固液分離技術と分離装置の開発企画

《略歴》  
 1973年3月 茨城大学工学部 卒業
 1973年4月 三菱化工機株式会社 入社
  遠心分離機、ろ過機など固液分離装置及び水処理機器の設計業務に従事
  固液分離装置の設計部門マネジメント業務に従事
  固液分離技術及び固液分離装置の研究と開発企画業務に従事

カリキュラム、
プログラム
【第1部】
濾過は化学、食品、医薬品、バイオ、環境、繊維、紙・パルプ、鉄鋼、電池、ガラス、セラミックスなどの各種産業分野において、コストを支配する基幹の技術として重要な役割を果たしており、生産工程から排水処理工程に至るさまざまな場面で適用されています。

本講習会では、濾過の原理やメカニズム、濾過挙動を記述する理論について、基礎からわかりやすく説き起こすとともに、実践的な濾過試験方法や濾過データの評価・解析方法について、具体的に解説します。

産業の現場において濾過プロセスを取り扱う際、経験に頼るケースが多く見られます。もちろんそれも重要な要素ですが、理論やモデルに立脚して現象を捉えることが実は本質的に重要であると考えます。本講習会を受講することにより、性能の向上、問題の解決、装置の選定、プロセスデザイン、スケールアップなどに活用できる濾過プロセスの必須基礎知識を習得することができます。


【第2部】
ろ過(固液分離)は身近に存在で一見簡単なようですが奥が深い単位操作です。しかし、実際にろ過を含む固液分離を行う上で必要な情報は経験的に伝えられることが多く、また、どのような情報をもとに考えていけば良いのか、なかなか体系的に理解する機会は少ないと思います。

そこで、本講座では、ろ過に関わる、もしくは、これから関わる予定の方が実務を行う上で理解しておいてほしい項目をわかりやすく解説します。また、最新の動向についても紹介・解説致します。
 

プログラム
【第1部】
「濾過プロセスの必須基礎知識」

1.ケーク濾過

2.閉塞濾過

3.膜濾過

4.助剤濾過(ケイソウ土濾過)

5.ケークレス濾過(ダイナミック濾過)

6.濾過操作の選定と設計

≪質疑応答・名刺交換≫


【第2部】
(1)「ろ過技術基礎とろ過装置の選定・スケールアップ」

1.ろ過(固液分離)の概要

2.ろ過(固液分離)装置の種類と特徴

3.ろ過装置の産業界での活用事例紹介

4.ろ過操作の影響因子

5.スケールアップによるろ過装置の選定

6.スケールアップ事例

7.トラブル事例とその対処法

8.最新の動向

≪質疑応答・名刺交換≫


(2)「最新の膜ろ過技術」
~≪回転型セラミック膜フィルタ≫ダイナミック・クロスフロー~

1.ダイナミック・クロスフロー・フィルタの概要

2.ダイナミック・クロスフロー・フィルタの捜査因子

3.ナノ粒子製造プロセスへの応用事例

4.スケールアップと装置選定

≪質疑応答・名刺交換≫
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
お知らせ 資料付
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。