ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  バイオ・食品関連  バイオプラスチック/生分解性プラスチックの開発動向と海洋分解を含めた将来展望【LIVE配信】

開催日 2020/06/09 (火) 開催地 WEB受講

バイオプラスチック/生分解性プラスチックの開発動向と海洋分解を含めた将来展望【LIVE配信】

主催 株式会社R&D支援センター 講師 宇山 浩 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
廃プラスチックが社会問題化したことを契機に生分解性プラスチックへの関心が高まっている。また、地球温暖化防止、循環型社会構築に貢献するバイオマスプラスチックの普及も社会的に重要視されている。

本講演ではバイオプラスチック(生分解性プラスチックとバイオマスプラスチック)の基礎から実用化の現状、開発動向、将来展望を述べる。加えて廃プラスチック・マイクロプラスチックによる海洋汚染を契機とする海洋生分解に関する現状を概説する。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

習得できる知識
・バイオプラスチックに関する基礎知識
・バイオプラスチックの課題
・バイオプラスチックの開発動向
・プラスチックの海洋生分解に関する基礎知識

セミナーの対象者はこんな方です

・生分解性プラスチックとバイオマスプラスチックの製造、応用、用途開発に関心のある方
・プラスチックに関わる環境問題に関心のある方
  特典
開催日時 2020/06/09 (火)     10:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/06/08
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 10名
受講料 55,000円
開講場所 ・会場名: 本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです
・住所: 在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
・交通アクセス: 会場での参加はございません
講師
宇山 浩 氏 講師写真

宇山 浩 氏

大阪大学 工学研究科 応用化学専攻 教授 博士(工学)

【専門】高分子材料化学、バイオベースポリマー

カリキュラム、
プログラム
1 環境に優しいプラスチックとは

2 バイオプラスチック(生分解性プラとバイオマスプラ)の基礎
  2-1 バイオプラスチックの定義、概要
  2-2 バイオプラスチックの用途例

3 生分解性プラ
  3-1 代表的な生分解性プラ
    3-1-1 ポリグリコール酸、ポリ乳酸
    3-1-2 微生物産生ポリエステル
    3-1-3 ポリカプロラクトン
    3-1-4 重縮合系ポリエステル類
    3-1-5 多糖類
    3-1-6 ポリビニルアルコール
  3-2 生分解性プラの具体的な用途

4 バイオマスプラ
  4-1 バイオマスプラの社会的意義
  4-2 モノマーのバイオ化を経るバイオマスプラの新潮流
  4-3 代表的なバイオマスプラ
    4-3-1 バイオベースの生分解性プラ
    4-3-2 バイオポリアミド
    4-3-3 バイオポリオレフィン
    4-3-4 バイオPET、バイオPTT、バイオPEF
    4-3-5 バイオポリウレタン
    4-3-6 植物油脂ベースポリマー
    4-3-7 多糖類ベースブレンド・複合材料
  4-4 バイオマスプラの具体的な用途
  4-5 バイオマスプラの開発動向

5 プラスチックによる海洋汚染
  5-1 マクロプラスチックとマイクロプラスチック
  5-2 Plastisphere(プラスチック生物圏)
  5-3 プラスチックの海洋汚染の現状
  5-4 環境問題に対する国際的な取組み

【質疑応答・名刺交換】
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
お知らせ 資料付

・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、Zoomをダウンロードせず、Webブラウザから参加するかの2種類がございます。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。