ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  環境・エネルギー  水素エネルギーの最新動向と有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの最前線【LIVE配信】

開催日 2022/07/06 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

水素エネルギーの最新動向と有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの最前線【LIVE配信】

主催 株式会社R&D支援センター 講師 古川 森也 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
☆水素キャリアとして有望視されている「有機ハイドライド」について、基礎から貯蔵・運搬・生成に必要な基盤技術について解説!
また、現在、技術体系がどの程度確立されていて、今後の水素社会の構築に向けてあと何が必要なのかについても明らかにします。


水素キャリアとして有望視されている有機ハイドライドに関して、基礎知識や社会状況に加えて、貯蔵・運搬・生成に必要な基盤技術について解説する。また、有機ハイドライドの技術体系が現在どの程度確立されていて、今後の水素社会の構築に向けて後何が必要かについて明らかにする。加えて、基幹技術である脱水素プロセスに関して、触媒に求められる性能や高性能化の方法論について分かりやすく解説するとともに、多元素合金触媒などの最先端の技術・材料及び、本脱水素触媒技術を応用したプロパン脱水素による高効率なプロピレン製造の研究展開についても紹介する。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

習得できる知識

・水素社会に関する基礎知識
・有機ハイドライドに関する基礎と社会情勢
・水素サプライチェーンの実証例と概要
・脱水素技術における触媒の設計指針
・脱水素触媒開発の進め方

セミナーの対象者はこんな方です

化学、石油関連、エネルギー、自動車、物流、水素関連技術に携わる若手から中堅の方


必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします
  特典
開催日時 2022/07/06 (水)     13:00~ 15:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/07/05
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 15名
受講料 38,500円
開講場所 本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです
※会社やご自宅でご受講下さい。 
在宅、会社にいながらセミナーを受けられます。
講師
古川 森也 氏 講師写真

古川 森也 氏

北海道大学 触媒科学研究所 准教授 博士(工学)

カリキュラム、
プログラム
プログラム

1.水素エネルギーに関する基礎知識と社会情勢
 1-1.水素エネルギーシステムの社会導入に関して
 1-2.水素キャリアの経済性と安全性

2.有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの現状
 2-1.水素化・脱水素の技術体系
 2.2.水素貯蔵・運搬システムの構築と実証化

3.脱水素触媒の高性能化
 3-1.脱水素触媒に必要な触媒設計の指針
 3-2.多元素合金による高性能・高耐久脱水素触媒の開発
 3-3.脱水素触媒技術の応用:高効率プロピレン製造への展開
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
お知らせ ・資料付

・2名申込の場合は計38,500円(2人目無料)になります。両名の会員登録が必要です。


1)Zoomを使用されたことがない方は、
ミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。
ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。

2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。

3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。
当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLより
WEB配信セミナーにご参加ください。


・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
ご自宅への送付を希望の方は備考欄にご住所などをご記入ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。