ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  環境・エネルギー  蓄熱蓄冷・熱エネルギー搬送技術の基礎とそのシステム化技術および最新研究の動向とその新展開【LIVE配信】

開催日 2022/07/20 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

蓄熱蓄冷・熱エネルギー搬送技術の基礎とそのシステム化技術および最新研究の動向とその新展開【LIVE配信】

主催 株式会社R&D支援センター 講師 稲葉 英男 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
~熱エネルギー需給のミスマッチの解決手段としての蓄熱蓄冷・熱エネルギー搬送技術の本質と先駆的研究開発の動向から新規商品開発のシーズを提供する~


最近における我国のエネルギー情勢は、エネルギー源の多様化、地球環境保全や急速な情報化社会の進展などを踏まえて、エネルギーの供給と利用間の量的かつ質的なミスマッチを如何に効率的な手段で解決できるかが重要な課題となっている。例えば、エネルギー源の多様化に向けての変動性に富む再生可能エネルギーの導入、脱炭素環境に向けた省エネルギーの促進そしてAIやIoT等を活用したエネルギー消費の削減などには、蓄電池技術や蓄熱蓄冷・熱エネルギー搬送技術の新たな展開が喫緊の課題である。

具体的には、改正建築物省エネ法等によるネットエネルギービル(ZEB)や住宅(ZEH)の展開に欠かせない蓄熱・蓄冷・熱エネルギー搬送技術の新たな展開が望まれている。一方、運輸部門においても、大気環境改善対策としての排ガス規制や車内環境の快適性向上等に向けて、変動性を有する内燃機関駆動自動車排熱(機関冷却水、燃焼排ガスなど)利用が期待されている。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

習得できる知識

・蓄熱蓄冷技術に関連する環境とエネルギー政策等の動向
・建築物・自動車空調分野における省エネルギー技術としての蓄熱蓄冷技術
・蓄熱蓄冷材料と熱搬送機能性媒体とその分類
・蓄熱蓄冷技術と熱エネルギー搬送に関するシステム化技術
・蓄熱蓄冷と熱エネルギー搬送システムの経済性
・内燃機関自動車や電動車の省エネルギーに向けての蓄熱・蓄冷技術の新展開
・新たな蓄熱蓄冷・熱エネルギー搬送材料の特徴の応用
・再生可能エネルギーと蓄熱技術間の電力と熱エネルギーのマッチングに向けての新展開
  特典
開催日時 2022/07/20 (水)     10:00~ 16:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/07/19
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 15名
受講料 55,000円
開講場所 本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです
※会社やご自宅でご受講下さい。 
ご自宅や職場のノートPCで受講できます。
講師
稲葉 英男 氏 講師写真

稲葉 英男 氏

岡山大学名誉教授、津山高専名誉教授、工学博士

1979年3月 北海道大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)
1979年4月 カナダ国アルバ-タ-大学 博士研究員
1980年4月 北見工業大学工学部機械工学科 助教授
1989年4月 岡山大学工学部機械工学科 教授
2004年4月 岡山大学工学部副工学部長
2005年6月 岡山大学理事・副学長
2005年6月 岡山大学付属図書館長
2006年4月 岡山大学研究推進・産学官連携機構長
2008年4月(独法)国立高等専門学校機構 津山工業高等専門学校校長
2013年4月 就実大学・就実短期大学学長
2014年4月 就実学園専務理事(併任)
現在 岡山大学名誉教授、津山高専名誉教授

カリキュラム、
プログラム
普及が期待されている電気自動車の熱マネジメント(蓄電池の温度管理、インバーターなどの排熱や換気・日射熱)においても、蓄熱・蓄冷・熱搬送技術の新たな進展が期待されている。特に、近年において太陽電池や風力発電の需給ミスマッチの解決手段としての新たな蓄熱技術や電気自動車のバッテリーの熱管理などで蓄熱技術の新たな展開が期待されている。

本セミナーでは、建物や自動車そして再生エネルギー分野などに活用が期待されている蓄熱・蓄冷・熱搬送技術の本質とそのシステム化技術の現状とその活用に関して、具体例を示しながら総合的に解説する。さらに、排熱などの熱エネルギーの需要先の新たな開拓に向けて、熱エネルギーを車両で搬送供給するオフライン熱供給に欠かせない機能性熱流体の特徴についても紹介する。


プログラム

1.蓄熱蓄冷熱技術活用に向けての社会的動向
 1-1.熱エネルギー需給の現状と地球環境保全に向けての社会的要請
 1-2.住宅・ビルなど建物の熱エネルギーマネジメントの現状と展望
 1-3.電気自動車を含む車両等の熱エネルギーマネジメントの現状と展望

2.蓄熱蓄冷技術の基礎
 2-1.蓄熱蓄冷技術に要求される機能と特徴
 2-2.蓄熱蓄冷材の分類と特徴
 2-3.蓄熱に関する伝熱機構とその課題
 2-4.蓄熱蓄冷システムのコストと経済性
 2-5.蓄熱蓄冷技術のシステム化に向けての計画フロー

3.蓄熱装置と蓄熱システムの展開
 3-1.顕熱蓄熱材と顕熱蓄熱システムの特徴と展開
 3-2.潜熱蓄熱材と潜熱蓄熱システムの特徴と展開
 3-3.化学蓄熱材と化学蓄熱システムの特徴と展開
 3-4 電気自動車を含む車両の蓄熱・蓄冷システム
 3-5.新たな蓄熱材・調湿剤として規開された高分子収着剤の特徴と展開

4.熱エネルギー搬媒体としての機能性熱媒体とその展開
 4-1.機能性熱媒体の定義
 4-2.流動抵抗軽減剤とその利用
 4-3.有機・無機潜熱スラリーの特徴と利用形態
 4-4.オフライン熱エネルギー搬送システムの特徴と利用形態

5.今後の蓄熱技術開発の展開
 5-1.顕熱潜熱分離型空調システムや放射空調システムへの蓄熱蓄冷技術の展開
 5-2.最近の先駆的蓄熱技術の展開
   (柔粘性結晶化蓄熱、吸着型蓄熱、固体転移蓄熱、熱弾性蓄熱、光熱変換蓄熱 など)


スケジュール

昼食の休憩時間12:00~12:45を予定しております。

※進行によって、多少前後する可能性がございます。
※質問は随時チャット形式で受け付けます。また音声でも可能です。


【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】

1.Zoomを使用されたことがない方は、ミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。

2.セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。セミナー開始直前のトラブルについては対応いたしかねますのでご了承下さい。

3.開催日の数日前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加下さい。
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
お知らせ 資料付

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。

・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。


・キャンセルについて
原則としてキャンセルはお受けいたしかねます。
ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

代理の方が見つけられない場合、セミナー開催日より、
営業日で8日前までに限りキャンセルを承ります。
8日を過ぎますと欠席扱いとし、受講料の全額をお支払いいただきます。
ご欠席の場合は後日、セミナーで使用したテキストをお送りいたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。