ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  バイオ・食品関連  ポリ乳酸の生分解機構から理解する耐久性と抗菌・防カビ性の発現機序【LIVE配信】

開催日 2023/02/03 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~生分解性からスマートプラスチックへ~

ポリ乳酸の生分解機構から理解する耐久性と抗菌・防カビ性の発現機序【LIVE配信】

主催 株式会社R&D支援センター 講師 望月 政嗣 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
☆数多くある生分解性プラの中でも、なぜポリ乳酸が選択されるのか?
ポリ乳酸の特異的な生分解機構と分解制御技術等を詳述し、最新の技術・市場開発動向についても紹介する!


近年の地球環境・資源・廃棄物問題の中で、通常の石油系プラに比し著しく耐久性に劣り、しかも細菌やカビが生え易い酵素分解型生分解性プラ(微生物産生ポリエステル、デンプン系)がごく一部の用途を除き既存石油系プラを代替することなどあり得ない。

近年、数多くある生分解性プラの中でもポリ乳酸(PLA)は急速な市場拡大に伴い世界的な新設・増産計画(2024年:約50万トン/年)が相次いでいる。なぜ、PLAが選択されるのか?その背景には、PLAは単なる生分解性プラではなく既に旧来の石油系汎用プラと同等の性能レベルを有しながら、本来ならばトレードオフの関係にある生分解性と耐久性の両立、生分解性と抗菌・防カビ性の両立を可能にしている、正しく次世代スマートプラスチックとしての基本的要件を内包していることにある。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

習得できる知識

・地球環境保全と持続可能な源循環型社会に向けて、SDGsとしてのポリ乳酸
・ポリ乳酸の生分解機構と分解制御技術、抗菌・防カビ性の発現機構
・ポリ乳酸の高性能化材料設計技術、成形加工と最新用途・製品・市場開発動向
  特典
開催日時 2023/02/03 (金)     10:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2023/02/02
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 15名
受講料 55,000円
開講場所 本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです
※会社やご自宅でご受講下さい。 
在宅、会社にいながらセミナーを受けられます。
講師
望月 政嗣 氏 講師写真

望月 政嗣 氏

(元京都工芸繊維大学特任教授、工学博士、高分子学会フェロー)

1968年 京都大学工学部高分子化学科卒。京都大学工学部助手を経て
1969年 ユニチカ(株)入社、中央研究所から大阪本社技術開発企画室を経て
2003年 理事、テラマック事業開発部長。この間山形大学と京都工芸繊維大学客員教授、
 京都工芸繊維大学バイオベースマテリアル研究センター特任教授兼務
2007年 ユニチカ(株)定年退職後、京都工芸繊維大学繊維科学センター特任教授(常勤)として
 5年間勤務。この間、日本バイオプラスチック協会(JBPA)識別表示委員会委員長、
 (社)繊繊学会理事関西支部長等を歴任。繊維学会功績賞、日経BP技術賞、その他を受賞。

カリキュラム、
プログラム
本講では、PLAの特異的な非酵素分解(加水分解)型生分解機構と分解制御技術や抗菌・防カビ性の発現機序等を詳述し、最新の技術・市場開発動向についても紹介する。


プログラム

1.持続可能な開発目標(SDGs)としてのポリ乳酸(PLA)
 1.1 地球環境・資源・廃棄物問題と生分解性プラスチック
 1.2 PLAの基本特性
 1.3 PLAレジンメーカー

2.ポリ乳酸の生分解機構、分解(開始・速度)制御技術と耐久性
 2.1 非酵素分解(加水分解)型…PLAを分解するのは微生物ではなく、単なる水
 2.2 PLAが内包する分解開始制御機構
 2.3 PLAの分解速度制御技術と耐久性
 2.4 PLAの様々な使用環境下における(非)分解挙動

3.ポリ乳酸の生分解性と抗菌・防カビ性の両立・同時発現機構
 3.1 ネズミ食害試験
 3.2 プラスチックのカビ抵抗性試験…JIS Z-2911
 3.3 生鮮イチゴ収納容器のカビ抵抗性試験
 3.4 繊維の抗菌・防カビ性試験…繊維製品新機能評価協議会・抗菌防臭加工基準
 3.5 ポリ乳酸の特異的な生分解機構と抗菌・防カビ性の発現機構
 3.6 消費者から届けられた声

4.ポリ乳酸の高性能化材料設計技術
 4.1 耐熱性
 4.2 耐衝撃性
 4.3 寸法安定性

5.ポリ乳酸の成形加工と製品・市場開発
 5.1 成形加工性…繊維・不織布・モノフィラメント、フィルム・シート、
   真空成形、射出成形、発泡成形(押出発泡、ビーズ発泡)、ブロー成形
 5.2 用途・製品・市場開発動向<多数の製品写真で説明>

6.質疑応答


【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】

1.Zoomを使用されたことがない方は、ミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。

2.セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。セミナー開始直前のトラブルについては対応いたしかねますのでご了承下さい。

3.開催日の数日前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加下さい。
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
お知らせ ・資料付


・2名申込の場合は計55,000円(2人目無料)になります。両名の会員登録が必要です。


・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
ご自宅への送付を希望の方は備考欄にご住所などをご記入ください。


・キャンセルについて
原則としてキャンセルはお受けいたしかねます。
ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

代理の方が見つけられない場合、セミナー開催日より、
営業日で8日前までに限りキャンセルを承ります。
8日を過ぎますと欠席扱いとし、受講料の全額をお支払いいただきます。
ご欠席の場合は後日、セミナーで使用したテキストをお送りいたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。