ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  経理/財務/会計  【ディスクロージャー経理実務セミナー】第10講 減損会計

開催日 2018/12/19 (水) 開催地 東京都

  • 飲み物

【ディスクロージャー経理実務セミナー】第10講 減損会計

主催 株式会社プロネクサス 講師 齋藤 亮仁 氏 受講料 14,040円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
■ セミナーの趣旨

減損会計が導入され約10年経ち、実務的にも定着し、事例も増えてきました。一方、非上場企業では適用されていないことが多く、また、見積りに関することであるため、社内でも担当者が限定されており、実際の実務を行ったことがない方も多いかと思います。
本セミナーでは、減損会計の内容を確認するとともに、その手続きのポイントについて順を追って解説していきます。

セミナーの対象者はこんな方です

・簿記2級程度の知識の有る方
・既上場、近く上場を目指す企業の新任経理・財務担当者や開示実務に携わる担当者 
開催日時 2018/12/19 (水)     10:30~ 13:00     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2018/10/23  ~ 2018/12/18
主催会社 株式会社プロネクサス
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 14,040円
開講場所 ・会場名: 弊社セミナールーム
・住所: 〒105-0022 東京都東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング 5F
・交通アクセス: JR山手線・京浜東北線:浜松町駅 北口/都営地下鉄大江戸線・浅草線:大門駅 B1出口 徒歩3分
講師
齋藤 亮仁 氏 講師写真

齋藤 亮仁 氏

米国公認会計士/株式会社会計工房 

会計コンサルタント。海外大手監査法人にて監査業務、SOX導入支援業務等に携わる。現在は株式会社会計工房にて、内国法人に対する業務標準化、内部統制、システム導入支援、海外進出支援等の各種コンサルティング業務のほか、外国法人及びその日本子会社に対する会計・税務アドバイザリー業務を行っている。

カリキュラム、
プログラム
■ プログラム(電卓を使用いたします。)

1.減損会計の概要
・減損会計の基本的考え方
・減損会計による経営の意思決定への影響
・臨時償却・臨時損失との関係
・適用対象資産

2.資産のグルーピング
・資産のグルーピングとは
・グルーピングの手順
・個別論点(遊休資産、連結におけるグルーピング)

3.減損の兆候
・減損の兆候の判定
・判定のポイント

4.減損損失の認識
・減損損失の認識の判定
・割引前キャッシュ・フローの総額の見積り

5.減損損失の測定
・減損損失の測定
・回収可能価額の算定
・個別論点(共用資産、のれん)

6.減損処理後の会計処理
・減損処理後の減価償却
・遊休資産等の減価償却
・減損損失の戻入れ

7.開示の取扱い
・財務諸表の表示
・注記事項
特典 ※全講受講者の皆様に弊社発行の書籍「ディスクロージャー経理実務検定 
公式テキスト・問題集」(4,500円+税)をご提供いたします。



飲み物付き 飲み物付き 資料配布 資料配布 
持ち物 筆記用具・電卓
お知らせ ■詳細内容は下記
 「リアルセミナーの詳細・お申込みはこちら」をご覧ください。
  webゼミでもご覧いただけます。

■ご注意等
○反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへのご参加をお断りいたします。
○講義内容・趣旨等を考慮のうえ、講師と同業の方などセミナーへのご参加をご遠慮いただく場合がございます。
○大地震発生等の諸事情により、セミナーを中止・延期する場合がございますので予めご了承願います。

■個人情報の取り扱いについて
お預かりする個人情報は、本セミナーに関する事務処理及びお客様へのサービスの一環として、弊社が取り扱う商品、サービス情報やセミナー情報等についてご案内することを目的として収集し、それ以外に利用することはありません。また、頂いた個人情報を第三者に提供することはありません。
その他の当社個人情報取扱い方針につきましては、当社ホームページをご覧ください。

■お問合せ先
株式会社プロネクサス セミナー会員事業部 TEL:03-5777-3110
資料ダウンロード
開催前資料1(PDF) リアルセミナーの詳細・お申込みはこちら  

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。