ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  総務/管理  株主総会事務局の役割と議事運営上の留意点

開催日 2019/04/16 (火) 開催地 東京都

  • 飲み物

株主総会事務局の役割と議事運営上の留意点

主催 株式会社プロネクサス 講師 三浦 亮太 氏 受講料 27,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
プロネクサス取締役・監査役向けセミナー

~ 議長支援を中心に株主総会への関与のポイントを基本から理解する ~

■ セミナーの趣旨

出席株主数や発言株主数の増加が顕著な状況のもと、事務局の役割もより一層重要なものになっていますが、事務局の実務を基本から学ぶ機会は限られています。
本セミナーでは、株主総会事務局の役割と議事運営上の留意点について、会社法改正への対応も含め、講師の具体的な経験に基づき具体的に説明し、対応能力の向上を図ります。

セミナーの対象者はこんな方です

総務・法務部門の役員・管理者・担当者
開催日時 2019/04/16 (火)     14:00~ 17:00     (受付  13:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2019/02/07  ~ 2019/04/15
主催会社 株式会社プロネクサス
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 50名
受講料 27,000円
開講場所 ・会場名: 弊社セミナールーム
・住所: 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング 5F
・交通アクセス: JR浜松町駅北口or大江戸線大門駅B1より徒歩五分
講師
三浦 亮太 氏 講師写真

三浦 亮太 氏

弁護士/三浦法律事務所 パートナー

東京大学法学部卒業、2000年弁護士登録(東京弁護士会)、森綜合法律事務所(森・濱田松本法律事務所)入所。2007年同事務所パートナー、2019年三浦法律事務所設立。会社法を専門分野とするほか、コンプライアンス全般を取り扱う。著書等として「企業は株主総会をどう位置付けるべきか」(ビジネス法務、11年5月号)、『ケース・スタディ 消費者トラブル対応の実務』(共編著、新日本法規、11年)、『新しい事業報告・計算書類 〔第3版〕』(共著、商事法務、10年)、「取締役会運営上の留意点」(共著、旬刊商事法務、No.1889、10年2月5日号)のほか、執筆、講演多数。

カリキュラム、
プログラム
■ 講義内容(途中休憩有り)

Ⅰ 株主総会の位置づけ

Ⅱ 株主総会の運営方針

Ⅲ 株主総会の準備事務
- 事務日程の作成、会場手配、招集通知等の準備

Ⅳ 想定問答、リハーサルの重要性

Ⅴ イレギュラーな事態への対応(準備編)
- 株主提案権の行使、書類閲覧権の行使、事前質問状の送付等

Ⅵ 株主総会当日の運営と事務局の役割
- 受付事務、議事運営、採決、事務局等

Ⅶ イレギュラーな事態への対応(当日編)
- 受付での混乱、不規則発言、動議、投票、退場命令等

Ⅷ 株主総会後の事務
 - 議事録、登記、書類備置等

※ 質疑応答・意見交換
特典 飲み物付き 飲み物付き 資料配布 資料配布 
持ち物 筆記用具
お知らせ ■詳細内容は下記
 「リアルセミナーの詳細・お申込みはこちら」をご覧ください。
  webゼミでもご覧いただけます。

■ご注意等
○反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへのご参加をお断りいたします。
○講義内容・趣旨等を考慮のうえ、講師と同業の方などセミナーへのご参加をご遠慮いただく場合がございます。
○大地震発生等の諸事情により、セミナーを中止・延期する場合がございますので予めご了承願います。

■個人情報の取り扱いについて
お預かりする個人情報は、本セミナーに関する事務処理及びお客様へのサービスの一環として、弊社が取り扱う商品、サービス情報やセミナー情報等についてご案内することを目的として収集し、それ以外に利用することはありません。また、頂いた個人情報を第三者に提供することはありません。
その他の当社個人情報取扱い方針につきましては、当社ホームページをご覧ください。

■お問合せ先
株式会社プロネクサス セミナー会員事業部 TEL:03-5777-3110
資料ダウンロード
開催前資料1(PDF) リアルセミナーの詳細・お申込みはこちら  
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。