ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  経営管理/戦略  G20サミットBIS議論で見えてきた「仮想通貨の未来」

開催日 2018/04/27 (金) 開催地 東京都

G20サミットBIS議論で見えてきた「仮想通貨の未来」

主催 株式会社 経営調査研究会 講師 山崎 秀夫 受講料 38,000円

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
 2018年1月仮想通貨交換所のコインチェック・ハッキング事件の興奮が未だ冷めやらぬ中、3月19-20日、G20サミット(財務省・中央銀行総裁会議)がアルゼンチンのブエノスアイレスで行われました。そこでは仮想通貨の規制議論が行われ、今後の仮想通貨市場の方向が定まったと言えます。

 また各国で熱っぽい動きがある中、影響力の大きい国際決済銀行(BIS)が中央銀行自身による仮想通貨(CBDC)の発行に関する具体的な見解(卸としての銀行間での利用CBDC、一般小売り利用CBDCなど)と今後の方向性を指し示し、大きな反響を呼んでいます。ブロックチェーン技術の限界、神話崩壊も指摘されるなど従来からの仮想通貨及びブロックチェーン技術礼賛論とは大きく異なっています。

 本講演ではG20サミットを踏まえて中央銀行及び金融機関による仮想通貨の方向性と併せ、仮想通貨全体の未来を提示します。(CBDCは中央銀行発行デジタル仮想通貨)
開催日時 2018/04/27 (金)     09:30~ 12:30     (受付  09:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2018/04/23
主催会社 株式会社 経営調査研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
共催会社
(協力会社)
株式会社 金融財務研究会
定員 30名
受講料 38,000円
開講場所 ・会場名: 茅場町・グリンヒルビル金融財務研究会本社 セミナールーム
・住所: 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル
・交通アクセス: 西線・日比谷線 茅場町駅6番出口より徒歩1分             (開場は開演の30分前です。)

セミナー マップ

講師
山崎 秀夫 講師写真

山崎 秀夫  (ヤマサキ ヒデオ)

元野村総合研究所 シニア研究員
日本ナレッジマネジメント学会 専務理事

【講師紹介】
1972年 東京大学経済学部卒、三井情報入社
ITエンジニアを14年務める。
1986年 野村総合研究所入社
シニア研究員としてICTビジネス関係の調査・研究、
コンサルティング実施。
現在、日本ナレッジマネジメント学会 専務理事。

【著 書】
ペンネーム川北蒼
IOT関係:
「スティーブ・ジョブズがデザインしていた
未来」
 (総合法令出版)、
「スマートテレビで何が変わるか」
 (翔泳社)、
「グーグル+の衝撃」
 (KK ベストセラーズ)、
「ゼロから学ぶスマート革命」
(中央経済社)
など。
カリキュラム、
プログラム
1.中央銀行による仮想通貨発行計画とBISの議論

  1)中央銀行による仮想通貨発行計画とは何か

  2)先進国の動き

     スウェーデン、デンマーク、オランダ、カナダ、シンガポール、中国、英国

  3)新興国の動き、日本の動き

  4)BISの論点

     卸目的のCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)

     小売り目的のCBDC、キャッスレス社会とCBDC

  5)中央銀行発行CBDCの未来


2.BISが指摘したブロックチェーン技術の限界

  1)ビットコインなどのパブリック・ブロックチェーン技術

  2)CBDCなどのプライベート・ブロックチェーン技術

  3)ブロックチェーン技術の何が魅力、何が未成熟?


3.コインチェックなどへのハッキングの影響

  1)BISなどでの規制の議論

  2)各国の規制

     仮想通貨を抑える中国、韓国

     連邦証券法で規制する米国

  3)国内規制議論への影響

  4)国内都市銀行による仮想通貨発行計画への影響

     Jコイン、MUFGコイン、QRコード利用


4.G20での議論

  1)英国イングランド銀行の総裁兼FSBの案

  2)フランス、ドイツの共同提案

  3)日本の提案

  4)仮想通貨規制の行方

  5)中央銀行による仮想通貨の発行の行方


5.キャッシュレス社会で果たす仮想通貨の役割はあるか?

  1)キャッシュレス社会の各国の現状

  2)遅れた日本

  3)仮想通貨とブロックチェーンの役割


6.スマートコントラクトは役に立つのか?


7.仮想通貨全体の未来
特典 資料配布 資料配布 
コンセプト図 セミナー コンセプト

持ち物 受講証、名刺、筆記用具
セミナー参加費
支払い方法
参加費は1名につき38,000円(消費税含)、1社2名以上同時参加お申込の場合、

お2人目から1名につき33,000円となります。

複数名お申し込みの場合は、二人目以降からは『通信欄』にお名前、部署等をご記入

ください。

お申込をいただいた方には、折り返し、受講証と請求書を郵送致します。



下記の普通預金口座に開催日前日までにお振込み下さい。

(但し経理の都合等で間に合わない場合は、ご連絡いただければお待ちいたします。)



普通預金 口座名 (株)金融財務研究会

三菱UFJ銀行 本店 1642356

三井住友銀行 本店営業部 7397637

みずほ銀行 東京営業部 1427715



参加費の払戻しは致しませんので申し込まれた方がご都合の悪い時は代理の方が

ご出席下さい。



又当日ご参加になれなかった場合、当社および経営調査研究会主催の他のセミナーに

無料でご出席いただけます。(但し新しいセミナーの参加費との差額が2,000円以上の

時は差額をお支払いいただきます。また、振替は1年以内にお願いいたします。)
お知らせ 金融財務研究会のホームページからもお申込いただけます。 kinyu.co.jp

お申込をいただいた方には、折り返し、受講証と請求書を郵送致します。

ご記入いただきました個人情報は、当社および関係会社の受講者名簿の整備や
今後開催されるセミナーのご案内等に使用します。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。

☆ Twitter、Facebook、Blog も更新中! ☆
 ☆ keichoken で検索してみてください ☆
資料ダウンロード
開催前資料1(PDF) ご案内状・お申込み書  
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
 
オンラインLive社員研修
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。