ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  経営管理/戦略  直近の企業・組織不祥事事案から学ぶ有事・平時の危機管理

開催日 2019/03/27 (水) 開催地 東京都

~ 第三者委員会等の調査報告書から読み解く ~

直近の企業・組織不祥事事案から学ぶ有事・平時の危機管理

主催 株式会社 経営調査研究会 講師 鈴木 悠介  ... 受講料 34,400円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
 大規模な企業・組織不祥事が発生した際には、多くの場合、調査委員会による事実調査が行われ、これをまとめた調査報告書が作成されます。このような調査報告書は、まさに危機管理の生きた教材であり、そこで述べられている不祥事発生の経緯、原因や再発防止策は有事・平時の危機管理対策を講じる上で非常に参考となります。

 また、調査報告書は弁護士らが作成する無味乾燥な文書であると思われがちですが、実際には不祥事のありさまを赤裸々に記したものも多く、調査報告書を読むことで事件を追体験し、不祥事の背景にある根本的問題や再発防止策についてより深く考えを巡らせることができます。

 本セミナーでは、これまでに数多くの危機管理案件に従事し、実際に調査報告書の作成にも携わった経験が豊富な弁護士が、直近に発生した主要な企業不祥事の調査報告書を読み解くことを通じて、調査報告書を読む意味、調査報告書から見える不祥事の類型、調査報告書から学ぶ有事・平時の危機管理対策を解説致します。
開催日時 2019/03/27 (水)     13:30~ 16:30     (受付  13:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/03/26
主催会社 株式会社 経営調査研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
共催会社
(協力会社)
株式会社 金融財務研究会
定員 30名
受講料 34,400円
開講場所 ・会場名: 茅場町・グリンヒルビル金融財務研究会本社 セミナールーム
・住所: 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル
・交通アクセス: 地下鉄東西線・日比谷線 茅場町駅6番出口より徒歩1分           (開場は開演の30分前です。)

セミナー マップ

講師
鈴木 悠介 講師写真

鈴木 悠介  (スズキ ユウスケ)

西村あさひ法律事務所
弁護士/元報道記者(TBSテレビ)

【講師紹介】
2007年 東京大学法学部卒、TBSテレビに入社し、外信部、
社会部等で報道記者として勤務。
社会部などで報道記者として事件・事故取材にあたる中で
「評論家で終わるのではなく、当事者と共に、問題の解決に
あたりたい」との思いを強くし弁護士を目指す。
現在は、西村あさひ法律事務所にて、企業不祥事対応や訴訟案件
等に従事しながら、最近は、AI(人工知能)と法に関する業務分野
についても取り組む。
2013年第二東京弁護士会弁護士登録。
2014年~日本パブリックリレーションズ協会 正会員、
2017年~人工知能学会 正会員。

【主な著書】
◇「元報道記者の弁護士が提言
 メディアの動きを先読みする広報になる!」
 (広報会議、2016年4月から連載)、
◇「会社とAI(人工知能)-会社法への示唆-」
 (共著、資料版 商事法務399号、2017)、
◇「『忖度』から考える企業不祥事
 ~忖度の『効能』と『副作用』」
 (西村あさひのリーガル・アウトルック、2017)、
◇「名著から読み解く 日本型組織の特徴と
 不正防止への示唆」
 (ビジネス法務、2018年5月号)
など多数。


堀田 純平 講師写真

堀田 純平  (ホッタ ジュンペイ)

西村あさひ法律事務所
弁護士

【講師紹介】 
2011年 早稲田大学法学部卒、2013年 東京大学法科大学院修了、
2014年 東京弁護士会弁護士登録・西村あさひ法律事務所入所。
入所以来、企業不祥事対応等の危機管理案件、訴訟案件、一般
企業法務案件などに従事。
危機管理分野では、製造業の品質問題案件、独占禁止法違反案件、
海外公務員贈賄案件、不適切会計案件への対応等に携わっている。

【主な著作】
◇「危機管理法大全」
 (共著、商事法務、2016年)
カリキュラム、
プログラム
1.調査報告書を読む意味

 (1)危機管理の生きた教材としての調査報告書

 (2)調査報告書から見えてくる不祥事の類型

 (3)調査報告書から有事・平時の危機管理を考える


2.最近の企業・組織不祥事の調査報告書を読む

 (1)不祥事発生後の危機管理失敗事案(事後対応不備型)

 (2)スポーツ界のパワハラ事案(権限集中型)

 (3)大学入試における不正事案(歪んだ企業風土型)

 (4)急成長企業における不適切会計事案(コンプライアンス置き去り型)

 (5)役員が不正に利益を得ていた事案(経営トップ私的利益型)

 (6)金融機関における不正融資事案(主力部門暴走型)

 (7)品質偽装事案(自浄作用不十分型)


3.調査報告書から学ぶ有事の危機管理対策

 (1)迅速で・徹底した・正確な事実調査と法的評価

 (2)当局対応・マスコミ対応

 (3)不祥事ドミノを防ぐには


4.調査報告書から学ぶ平時の危機管理対策

 (1)最大の危機管理は、不祥事を起こさないこと

 (2)各報告書の原因・背景分析から学ぶ

 (3)なぜ、多くの調査報告書が“企業風土”に言及するのか



      ※ 本セミナーにつきましては、
         法律事務所ご所属の方はお申込みご遠慮願います。※
特典 資料配布 資料配布 
コンセプト図 セミナー コンセプト

持ち物 受講証、名刺、筆記用具、電卓
セミナー参加費
支払い方法
参加費は1名につき34,400円(消費税含)、1社2名以上同時参加お申込の場合、

お2人目から1名につき29,000円となります。

複数名お申し込みの場合は、2人目以降からは『通信欄』にお名前、部署等をご記入

ください。

お申込をいただいた方には、折り返し、受講証と請求書を郵送致します。



下記の普通預金口座に開催日前日までにお振込み下さい。

(但し経理の都合等で間に合わない場合は、ご連絡いただければお待ちいたします。)



普通預金 口座名 (株)経営調査研究会

三菱UFJ銀行 八重洲通支店 0602180

三井住友銀行 東京中央支店 3207281

みずほ銀行 京橋支店 1813877



参加費の払戻しは致しませんので申し込まれた方がご都合の悪い時は代理の方が

ご出席下さい。



又当日ご参加になれなかった場合、当社および金融財務研究会主催の他のセミナーに

無料でご出席いただけます。(但し新しいセミナーの参加費との差額が2,000円以上の

時は差額をお支払いいただきます。また、振替は1年以内にお願いいたします。)
お知らせ 経営調査研究会のホームページからもお申込いただけます。 kinyu.co.jp

お申込をいただいた方には、折り返し、受講証と請求書を郵送致します。

ご記入いただきました個人情報は、当社および関係会社の受講者名簿の整備や
今後開催されるセミナーのご案内等に使用します。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。

☆ Twitter、Facebook、Blog も更新中! ☆
 ☆ keichoken で検索してみてください ☆
資料ダウンロード
開催前資料1(PDF) ご案内状・お申込み書  
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。