ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  リスクマネジメント  個人情報保護  世界各国の『個人情報保護法』対応

開催日 2019/04/05 (金) 開催地 東京都

-ポストGDPRの各国規制対応-

世界各国の『個人情報保護法』対応

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 大井 哲也 氏 受講料 37,800円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
日本企業の世界進出に伴い、グローバルレベルでのクラウドサービスの導入、インターネット・コンテンツやSNSサービスの世界各国への提供が近年、急速に拡大しています。そのため、グローバルでビジネス展開する日本企業も本年5月25日に施行されたGDPRの対応を行ってきました。しかしながら、GDPRはEU地域に特有の厳しい個人情報保護規制であるという誤解からEU地域以外のヨーロッパ各国、中東、アメリカ、アジア各国の個人情報保護法対応を先延ばし、または、看過する例も多くみられます。

特に、日本企業の商品・サービスのマーケットサイズが大きく、個人データの取扱いの頻度や取扱いボリュームが大きいアジア各国の個人情報保護法対応を看過することは、GDPR違反以上に法的リスクが高い状況です。なぜなら規制内容によっては、GDPRよりもさらに厳格な個人情報保護規制を有している国や、個人の権利保護目的ではなく経済産業の国策として個人データを保護すべきとするデータ・ローカライゼーション規制も適用される可能性があるためです。

セミナーの対象者はこんな方です

法務部門、総務部門、情報システム部門、人事部門、監査部門など関連部門のご担当者
  特典
開催日時 2019/04/05 (金)     13:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/04/02
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 37,800円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム
・住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2F (旧:麹町M-SQUARE)
・交通アクセス: ●東京メトロ有楽町線 麹町駅 1番出口 徒歩5分

セミナー マップ

講師
大井 哲也 氏 講師写真

大井 哲也 氏

TMI総合法律事務所 パートナー弁護士

カリキュラム、
プログラム
本セミナーでは、グローバル展開する日本企業がケアすべき法令の内容を確認するとともに、世界各国の個人情報保護規制のクリアランスをどのように進めて行くべきか、法務部門のための指針を示します。


プログラム

1.世界主要国の個人情報保護規制の概観
  (1)個人情報保護規制違反リスクの考え方
  (2)各国規制のリスク・マッピング
  (3)個人情報保護規制の準拠法の考え方

2.個人情報保護規制の類型
  (1)個人の権利保護目的の個人情報保護法
  (2)データ・ローカライゼーション規制とは

3.世界各国の個人情報保護規制のクリアランス・アプローチ
  (1)データ・マッピング
  (2)データ活用とマーケットの分析
  (3)グローバル共有対応とローカル対応の考え方

4.世界主要国の個人情報保護規制の解説
  (1)中国
  (2)インド
  (3)シンガポール
  (4)韓国
  (5)香港
  (6)台湾
  (7)フィリピン
  (8)オーストラリア
  (9)アメリカ
  (10)ロシア

※本セミナーにつきましては、法律事務所ご所属の方はお申込みご遠慮願います。
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 37,800円(本体 35,000円)
企業研究会会員 34,560円(本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方のご参加をお断りする場合がございます。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。