ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  バックオフィス(その他)  新任担当者のための『決算・財務報告プロセス評価』の基礎実務

開催日 2019/07/12 (金) 開催地 東京都

新任担当者のための『決算・財務報告プロセス評価』の基礎実務

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 樋口 洋介 氏 受講料 37,800円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
金融商品取引法に基づく内部統制報告制度が導入されてから数年が経過し、制度そのものは
安定的に運用されています。

一方、各社においては評価部門担当者の異動が断続的に行われ、ハードルが高いと感じることが多い
「決算・財務報告プロセス」を如何に引き継ぐかが課題となっています。

当セミナーでは、決算・財務報告プロセス評価に携わることになった方々を対象に、評価を実施する上で
必要な知識やノウハウに加え、評価対象部門や監査法人とのコミュニケーションにも焦点を充てて、
必要十分な解説を致します。

セミナーの対象者はこんな方です

内部監査部門の新任担当者
  特典
開催日時 2019/07/12 (金)     13:00~ 17:00     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/07/11
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 37,800円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:麹町)
・住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2F (旧:麹町M-SQUARE) 
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
樋口 洋介 氏 講師写真

樋口 洋介 氏

樋口公認会計士事務所 公認会計士・CIA・CFE

カリキュラム、
プログラム
1.決算・財務報告プロセスとは何か
(1)内部統制報告制度の枠組み
(2)決算・財務報告プロセスの概要
・決算・財務報告プロセスとは?
・区分と評価範囲
・特徴
・決算業務の実務的な流れを学ぶ
(3)決算・財務報告プロセスの本質
・「開示すべき重要な不備」の事例からの考察

2.財務会計入門
(1)財務報告、財務諸表とは
(2)会計の基本的な4つのルール

3.単体決算の評価ポイント
(1)全社的な観点で評価すべき項目
・リスクと統制例、テスト例による具体的な解説
(2)貸倒引当金の会計処理と統制のポイント
・貸倒引当金の業務の流れ
・具体的な統制例・テスト例による解説
(3)有価証券の会計処理と統制のポイント
・保有目的による分類
・ありがちな「作っていない資料」とは?
・具体的な統制例・テスト例による解説
(4)たな卸資産の会計処理と統制のポイント
・期中の処理と期末の処理
・具体的な統制例・テスト例による解説
(5)固定資産の会計処理と統制のポイント
・固定資産の会計処理の基本
・減損とは?
・減損処理の業務の流れ
・具体的な統制例・テスト例による解説
(6)税金・税効果の会計処理と統制のポイント
・税金の算定過程
・税効果会計の意味と役割
・設例を使った「税効果」の解説
・具体的な統制例・テスト例による解説

4.連結決算の評価ポイント
(1)連結財務諸表の作成プロセス
(2)作成プロセス毎の統制・評価のポイント
・連結範囲の判定
・各社での資料作成
・連結の下準備
・資本連結
・取引消去
・債権債務消去
・未実現利益の消去
・それぞれについて、具体的な統制例・テスト例による解説

5.開示の評価ポイント
(1)上場企業を取り巻く開示書類
(2)有価証券報告書の作成プロセスと統制例・テスト例
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 37,800円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 34,560円 (本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。