ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2019/07/01 (月) 開催地 東京都

同一労働同一賃金への対応実務

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 江畠 健彦 氏 &nbs... 受講料 35,640円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
受講対象

人事労務部門、法務部門、総務部門等に所属され、上記テーマをめぐる内容について実務の観点から学びたい方
  特典
開催日時 2019/07/01 (月)     13:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/06/28
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 35,640円
開講場所 ・会場名: 厚生会館(東京・平河町)
・住所: 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-5-9 厚生会館
・交通アクセス: 東京メトロ有楽町線 麹町駅 1番出口徒歩2分 

セミナー マップ

講師
江畠 健彦 氏 講師写真

江畠 健彦 氏

【第1部】石嵜・山中総合法律事務所 パートナー弁護士

山本 奈々 氏 講師写真

山本 奈々 氏

【第2部】デロイト トーマツコンサルティング合同会社 シニアマネジャー

カリキュラム、
プログラム
【第1部】13:00 ~ 15:00 判例・法律・ガイドライン編
  使用者側人事労務専門弁護士からみた労契法20条訴訟と同一労働同一賃金新ガイドラインの理解とその対策について

1.正社員と有期雇用労働者の均衡待遇を求める労契法20条について争われた
   2つの事件(ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件)の最高裁判決を踏まえて

2.均衡待遇をめぐる裁判例の動向
    社員と有期雇用労働者またはパートタイム労働者の均衡待遇について争われた他の地裁判決を紹介

3.最高裁判決を受けた実務対応
   規定整備と賃金項目に関する考察

4.新ガイドラインの内容と実務への影響

5.働き方改革関連法-パート有期法の概要
  (1)不合理な待遇の禁止(均衡待遇)
  (2)差別的取り扱いの禁止(均等待遇)
  (3)その他

【第2部】15:00 ~ 17:00  同一労働同一賃金を踏まえた制度見直し~10の疑問への回答を通じて~

1.同一労働同一賃金の考え方・原則ルールについて

2.同一労働同一賃金を踏まえた制度見直しに関する10の疑問
  (1)同じ業務をやるなら、給与項目も同じにしないといけないのか?
  (2)毎日のやっている業務が同じなら、基本給も同じ金額にしないといけないのか?
  (3)非正規社員にも賞与を支給しなければならないのか?
  (4)同じ成績の人には、同じだけ賞与を支給しないといけないのか?
  (5)差をつけられる手当とつけられない手当は何が違うのか?
  (6)住宅手当や家族手当も非正規社員に支給しなければならないのか?
  (7)総額人件費を(できるだけ)上げずに見直す方法はあるか?
  (8)制度の見直しは行わずに対応できないか?
  (9)定年後再雇用者も、同一労働同一賃金にしなければならないのか?
  (10)明日、何から始めれば良いのか?

3.多様な働き方を許容する、これからの人事制度のあり方
  ・雇用形態が多様化する中での、これからの人材ポートフォリオの考え方
  ・多様な働き方を許容する人事制度の検討ステップ

4.まとめ
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 35,640円 (本体 33,000円)
企業研究会会員 32,400円 (本体 30,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方のご参加をお断りする場合がございます。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。