ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  バックオフィス(その他)  自社技術を核にした新用途・新商品構想の実践ノウハウ

開催日 2019/10/02 (水) 開催地 東京都

自社技術を核にした新用途・新商品構想の実践ノウハウ

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 葉山 英樹 氏 &nbs... 受講料 46,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
これまでの事業活動・研究開発活動の中で蓄積された技術は、未来へ向けたイノベーションを生み出す貴重な資源であり、
自社技術を効果的に活用できるか否かは、ものづくり企業の成長を大きく左右します。

しかし、一方、多くの企業では、独自の優れた技術を持ちながらも、それらが十分見える化されておらず、イノベーションに
つながっていないことに強い問題意識を持っています。

本セミナーでは、「技術の見える化」と「特許情報の活用」に焦点をあて、自社技術を核にした新用途・新商品構想の進め方について、
(株)ケミストリーキューブが開発した実践手法をもとに解説します。

セミナーの対象者はこんな方です

製造企業の経営者、研究・開発部門長・管理者・技術者・研究者、技術・開発企画部門長・管理者・スタッフ
新規事業部門長・管理者・スタッフ、知的財産部門長・管理者・スタッフ

特に下記の課題認識をお持ちの方:
 ・自社技術を核にした新用途・新商品を企画したい
 ・自社技術を進化させる技術開発の方向性を具体化したい
 ・自社技術を見える化したい可視化し、具体化したい。
 ・新たなテーマを生み出すための特許情報の活用の仕方を学びたい
 ・技術者、研究者に必要な企画スキルとマインドを学びたい
 ・R&D現場に新用途・新商品の企画プロセスを構築したい。
  特典
開催日時 2019/10/02 (水)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/10/01
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 46,200円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:麹町)
・住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2F (旧:麹町M-SQUARE) 
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
葉山 英樹 氏 講師写真

葉山 英樹 氏

株式会社ケミストリーキューブ 

平木 肇 氏 講師写真

平木 肇 氏

株式会社ケミストリーキューブ 

カリキュラム、
プログラム
1.変化するR&Dのミッションとイノベーション戦略
(1)イノベーションの時代
・ものづくり企業を取り巻く変化   
・イノベーションとは「価値の創造と具現化」 
(2)変化するR&Dのミッションと現場の悩み
・経営戦略・事業戦略との整合から創発へ   
・R&D現場の悩み
(3)イノベーション戦略の実践
・イノベーションと技術の創発サイクルを創り出す   
・技術マネジメントの重要性

2.自社技術の見える化 
(1)なぜ技術マネジメントは難しいのか
・技術マネジメントとは   
・技術マネジメントの難しさの本質 ~技術の多義性~
・技術の5階層モデル(技術の捉え方)   
・技術創造のUモデル ~リニアモデルとUモデル~
(2)技術の見える化 ~顧客価値を起点とした技術の構造化~
・役に立たない技術の棚卸   
・技術の見える化の鍵は「構造化」
・技術の構造化手法iMap(アイマップ)
(3)技術の構造化手法iMap(アイマップ)の進め方
・フレームワークと実践プロセス   
・価値コンセプトの設定 ~顧客価値を具体化する~
・技術の洗い出しと噛み砕き ~技術の機能を定義する~
(4)自社技術を起点としたイノベーション構想
・イノベーションを生み出す3つのアプローチ   
・技術の展開の考え方
・特許探索:特許情報を活用した新用途・新商品探索活動

3.特許情報を活用したイノベーション構想
(1)なぜ、特許情報を活用するのか
・特許から何がわかるのか   
・特許情報を効果的に活用するための3原則
(2)実践プロセスとフレームワーク
・探索フレームワークの設計   
・展開候補の抽出と選定
・未来の商品創出   
・イノベーションへのアイデア発想

4.実践のための心得と基本技術
・研究者が持つべき3つの基本思考(目的思考・仮説思考・構造化思考)
・必要なスキルとその習得

5.R&D現場での取り組み方と大切にしたいこと
・活動における2つの目標 ~2軸志向~ 
・気づきを生み出す仕掛け ~ワイガヤによる実践~
・「やってみる」を促進する組織文化  
・経営者・管理者の役割 ~革新マインドを支援する~

6.実践事例の紹介
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 46,200円 (本体42,000円)
企業研究会会員 41,800円 (本体 38,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。