ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  IR/CSR  広報活動に役立つ法律知識

開催日 2020/05/19 (火) 開催地 東京都

広報活動に役立つ法律知識

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 渡辺 泰央 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
【開催にあたって】
企業のホームページ、SNS利用なども一般化する中、ネット上のトラブル発生件数も大幅に増加してきています。

どの企業であっても常にその問題は発生する可能性があります。

この対応を誤ってしまうと企業活動に深刻なダメージを与えかねないレピテーション(風評)リスクに悩まされてしまう事態にまで発展しかねません。

そこで、ネットトラブルはどのようにして発生するのか、そのメカニズムと、そのような問題にどのように予防・対応すべきかについて法律の観点から解説致します。

特に今回のセミナーでは、私の経験に基づく、実践的かつ戦略的なアドバイスなども内容に盛り込んでお話ししたいと考えています。

セミナーの対象者はこんな方です

広報部門、法務部門、総務部門、その他関係部門 等
  特典
開催日時 2020/05/19 (火)     13:30~ 17:00     (受付  13:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/04/01
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:麹町)
・住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2F  
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
渡辺  泰央 氏 講師写真

渡辺 泰央 氏

四谷コモンズ法律事務所 代表弁護士 

カリキュラム、
プログラム
1.なぜ広報活動に法律の知識が必要か
(1)インターネット上の広報活動のリスク
(2)ネット上のトラブル ~広報担当者が向き合う「炎上」とは~
(3)「炎上」発生のメカニズムと法律
(4)これまでの炎上事例と最近の傾向

2.広報活動に役立つ法律知識
(1)肖像権
事例:プロモーションイベントで撮影した際の来場者の顔や全身が写った画像を公開したい
(2)プライバシー権、個人情報
   事例:年齢、職業、アンケート結果・・・個人に関する情報はどこまで公開使用して平気なの?
(3)著作権
   事例:画像や写真を使用するときの注意点 文章が似てしまったときは著作権侵害?引用で認められる範囲は?・・など
(4)名誉毀損・侮辱
   事例:他社へのネガティブ評価は一切許されない?
(5)労働関係法
   事例:自社の労働環境の適切なPR方法
(6)その他 

3.ネット上のトラブル~炎上~ を予防するには
(1)組織的な対応が重要  
(2)社員教育の必要性 
(3)チェックシートの作成・見直し
(4)社内規定の整備    
(5)取引先との契約関係にも注意

4.ネット上の初期トラブル~ぼや~が起こったときの心構え/収束の仕方
(1)むやみな対応はしない まず確認すべきこと
(2)ネット上の初期トラブル~ぼや~が起こったときの三原則
(3)検討すべき対応方針
(4)ネット上のトラブル~炎上~ によって権利侵害を受けたときは

*受講者特典:当日、テキストとして講師著『サイト・サーバ管理者のための削除・開示請求 法的対策マニュアル』(中央経済社)を配付します。
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円 (本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。