ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます

開催日 2020/04/27 (月) 開催地 東京都

基礎知識に加え、事例問題も取り上げ平易に解説いたします

労働基準法の基礎知識と実務対応Q&A

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 千葉 博 氏 受講料 46,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
働き方改革に伴い、企業が労働者に対する局面で、社会からこれまで以上に厳しい目が向けられるようになってきており、感覚・経験で乗り切るのではなく、正しい法的知識に基づいた対応が不可欠です。

本セミナーでは、実務の根幹をなす労働基準法、法改正の中核にある働き方改革関連法の概要を確認した上で、実際に実務で問題となるさまざまな事例を踏まえたQ&Aに基づき、ハラスメント規制法など最新の問題も踏まえた「使える」知識をお話しします。

セミナーの対象者はこんな方です

人事部門、総務部門、監査部門、法務部門などのご担当者
  特典
開催日時 2020/04/27 (月)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/03/27
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 46,200円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:麹町)
・住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2F  
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
千葉 博 氏 講師写真

千葉 博 氏

千葉総合法律事務所 弁護士

カリキュラム、
プログラム
<基礎知識編>
1 労働基準法のポイントと働き方改革への対応
(1)労働基準法の最重要ポイントと改正法による長時間労働の是正
  1)労働条件とは
  2)労働契約・就業規則・労働協約
  3)労働契約期間
  4)賃金・賞与・退職金
  5)労働時間・残業管理・三六協定・割増賃金
    時間外労働の上限規制
    労働時間の客観的な把握
    勤務間インターバル制度の普及促進
  6)サービス残業
  7)変形労働時間制・フレックスタイム・裁量労働制
    フレックスタイム制の拡充
    高度プロフェッショナル制度
  8)休日、代休・休日振替、年次有給休暇
    年次有給休暇の確実な取得
  9)解雇権の濫用
 10)労災補償と安全配慮義務

(2)「同一労働同一賃金」に関する法改正
  1)不合理な待遇差の解消
  2)待遇に関する説明義務の強化
  3)行政指導や裁判外紛争解決手続(行政ADR)の規定の整備


<実務に見られるQ&A>

1 募集・告知・労働契約
 Q1.募集広告・求人票に記載した労働条件は、労働契約の内容になるのか
 Q2.労働者の地位に応じた労働条件の明示方法・説明義務とは
 Q3.採用内定、内々定の取消は、どのような紛争を生むのか
 Q4.試用期間後の本採用拒否は可能か
 Q5.身元保証人を付けさせる際、注意すべきポイントは
 
2 賃金・賞与・退職金
 Q6.賃金を引き下げる時のポイントとは。就業規則不利益変更はどこまで許されるか。
 Q7.賞与支給日在籍要件をめぐるトラブルとは
 Q8.退職金の引き下げや退職年金の切り下げは、どこまで可能か
 Q9. 「長澤運輸事件」「ハマキョウレックス事件」の実務への影響は

3 時間外労働時間管理と健康管理
 Q10.労働時間はどのように管理するのが適正なのか
 Q11.「名ばかり管理職」とはどのような管理職のことか
 Q12.労働時間の把握方法はどのようにすべきか
 Q13.過労死と認定される条件と、企業がなすべき対応とは
4 労働契約の終了
 Q14.有期雇用労働者の無期転換をめぐる企業の動きとは
 Q15.雇い止めトラブルを回避するための注意点は
 Q16.退職勧奨を行う際の注意点は
 Q17.定年後再雇用を回避したい対象者がいる場合、対応策はあるか
5 懲戒と人事異動
 Q18.配置転換や出向命令は、どのような場合に可能か
 Q19.懲戒処分を行なう際の注意点とは
 Q20.私事での不祥事(飲酒運転、痴漢、万引など)を行った社員に対する適正な処分とは
Q21.休職社員への復帰対応の順序とポイントは
6 セクハラ、パワハラ
 Q22.ハラスメント規制法の概要
 Q23.企業が責任を問われるセクハラのケースは
 Q24.企業が責任を問われるパワハラのケースは
 Q25.マタハラの判例と最近の傾向とは
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 46,200円(本体 42,000円)
企業研究会会員 41,800円(本体 38,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。