ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  経理/財務/会計  2日間で学ぶ 経理・会計センスを高めるための入門講座

開催日 2020/05/20 (水) 他1回/計2回 開催地 東京都

セッション毎のご参加も可能です。

2日間で学ぶ 経理・会計センスを高めるための入門講座

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 松田 修 氏 受講料 60,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
第1講では、簿記・会計の基礎から勘定科目、仕訳のやり方、出納帳や伝票の記入方法、決算業務から最終的に決算の作成まで豊富な演習問題を通じて解説します。

第2講では、決算書の経営分析、キャッシュフロー(資金繰り)改善の具体的方法、損益分岐点の計算などを解説し、強い会社を作る「会計センスの高め方」の具体的手法を身につけていただきます。

セミナーの対象者はこんな方です

経理部門、監査部門、企画部門、IR部門など、関連部門のご担当者、もしくは上記テーマにご関心のある方
  特典
開催日時 2020/05/20 (水)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )
2020/05/27 (水)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/04/01
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 60,500円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:麹町)
・住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2F  
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
松田 修 氏 講師写真

松田 修 氏

松田会計事務所 所長 税理士

カリキュラム、
プログラム
◆セッション1:マネージメント アカウンティング(管理会計)の第一歩は「簿記・会計」の習得から!

◆日時:2020年5月20日(水)10時~17時

Ⅰ.簿記・会計の基礎をマスターしましょう

1.簿記の2つの最終目的をしっかり理解する
(1)【目的1】 今どれだけの利益が出ているか?
(2)【目的2】 今どれだけの財産があるか?

2.貸借対照表と損益計算書の仕組みと役割

3.簿記を理解する大前提=「勘定科目」の意味を徹底理解しましょう

4.苦手意識を持たずに仕訳が理解できる「仕訳入門」

5.経理実務でよくある質問
  ①振込料が差し引かれて入金されたら
  ②振込料を差し引いて代金を支払ったとき
  ③パソコンなどの購入―費用なのか資産なのか
  ④商品が売れなくなったら
  ⑤代金が回収できなくなったら

6.出納帳・伝票を実際に記入してみよう
  現金預金出納帳・入金伝票・出金伝票・振替伝票の記入

7.転記を理解し、試算表をマスターしよう

Ⅱ.決算業務をマスターしましょう

1.「売上原価」を計算する

2.減価償却の意味と計算方法

Ⅲ.実際に決算書を作成してみよう

1.売上原価の算定

2.精算表の作成

3.貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)の作成練習


◆セッション2:ビジネスパーソンの必須条件「会計のセンス」を高めるために必要な知識を習得する

◆日時:2020年5月27日(水)10時~17時

Ⅰ.決算書を読み、経営分析を行い「会計スキル」を高めましょう

1.損益計算書(P/L)の見方・読み方、経営分析


2.貸借対照表(B/S)の見方・読み方、経営分析

Ⅱ.資金繰り(キャッシュフロー)を理解し「会計センス」を高めましょう
(1)資金繰り(キャッシュフロー)を改善する4つの方法とは
(2)「利益」が出ても現金預金が増えないのはなぜか?
(3)倒産原因を資金繰りから解明する―事例検証
(4)<演習>①月次試算表から月々の資金繰り(キャッシュフロー)を計算する  
       ②どの科目が増減し、どのように資金繰り(キャッシュフロー)に影響しているか
(5)資金繰りを良くする「着眼点7ヶ条」
(6)貸借対照表(B/S)を図形化して考えましょう

Ⅲ.損益分岐点売上の計算と応用で「会計センス」を高めましょう

(1)損益分岐点売上の計算方法
(2)最終利益はどう計算されるか?変動費・固定費を理解する
(3)安全余裕率・安全余裕額を理解し、実際に計算する
(4)新規出店で固定費が増大した場合、損益分岐点売上高はどの程度増加するか
(5)年収500万円の従業員を採用、社員はいくらの売上で損益はトントンか?
(6)目標利益を達成するための売上はどう計算されるか?
(7)売上高が減少した場合、固定費をどの程度削減しなければならないか?
(8)利益を出すポイントは3つ―どこを改善すれば利益が出て、キャッシュフローが改善できるか?
(9)利益体質の会社か否か? 不景気に強いか否か?を検討しよう
(10)この仕事を実行するか止めるか、「採算性」を考えましょう
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
◆両セッション参加の場合
会員 55,000円(本体 50,000円)一般 60,500円(本体 55,000円)

◆1セッションのみ参加の場合
会員 41,800円(本体 38,000円)一般 46,200円(本体 42,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。