ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  リスクマネジメント  法務/コンプライアンス/契約書  有効に機能するコンプライアンスと不正・不祥事を起こさない組織作りについて

開催日 2020/10/01 (木) 開催地 東京都

有効に機能するコンプライアンスと不正・不祥事を起こさない組織作りについて

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 鈴木 悠介 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
品質不正、会計不正、カルテル、インサイダー取引、ハラスメント・・・多くの日本企業が不祥事に頭を悩ませています。
不正を防止するための社内手続の整備や、コンプライアンス研修の実施など、コンプライアンス対策に真面目に取り組んできたにも関わらず、不祥事を防止できなかったのは何故なのでしょうか。
企業不祥事が起きた原因・背景を深く分析していくと、そこには、日本型組織の悪弊とも言うべきいくつかの組織風土が潜んでいることが分かります。
本セミナーでは、こうした悪弊が、どのように 企業不祥事に繋がってしまうのかのメカニズムについて、実例を織り交ぜながら解説するとともに、どうしたら日本型組織が陥りがちな悪弊を断ち切れるかという具体的な解決策についてもご紹介致します。

元報道記者で、現在は企業不祥事を専門とする弁護士が解説致します。

セミナーの対象者はこんな方です

コンプライアンス、法務、総務、監査部門のご担当者
  特典
開催日時 2020/10/01 (木)     13:30~ 16:30     (受付  13:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/09/24
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:麹町)
・住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2F  
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
鈴木 悠介 氏 講師写真

鈴木 悠介 氏

西村あさひ法律事務所 弁護士

カリキュラム、
プログラム
1.企業不祥事につながる本当の根本原因 - 日本型組織の悪弊
(1) 社内手続の整備・コンプライアンス研修の実施だけでは防げない企業不祥事
(2) 多くの企業不祥事の背景に潜む日本型組織の悪弊、習慣
(3) 新卒一括採用・終身雇用がもたらした組織としての均質性

2.不正を起こさない組織構築を阻害する - 本音と建前
(1) 製造現場に多く見られる本音と建前の乖離、「必要悪」という正当化
(2) 本音(現場の実態)と建前(ルール)の乖離がコンプライアンス意識を鈍麻させる
(3) 本音と乖離しない建前作りに向けた取り組み

3.組織内の隠ぺいを引き起こす - 空気(同調圧力)
(1) どんな企業不祥事においても聞こえてくる「仕方なかった」という正当化
(2) 「空気」の支配によって、不正が長年にわたって隠ぺいされる
(3) 同調圧力を和らげるための「組織の攪拌」、「多様性の確保」、「心理的安全性の確保」

4.健全な企業活動を妨げる - 忖度
(1) 忖度の常態化や行き過ぎによって奪われる思考の独立性・多様性
(2) 忖度による内向き思考が企業・業界の「ムラ社会化」を招き、世間の批判を招く
(3) 良い忖度をもたらし、悪い忖度を排除する「企業理念」の効能

5.マネジメントの不在、危機管理の欠如 - 無責任主義
(1) 相互牽制の働かないタコツボ型組織で発生しがちな「ポテンヒット」
(2) 事なかれ主義、正常性バイアス、両論併記の弊害
(3) 責任の所在を明確化する文書・記録管理の重要性
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円(本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円(本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。