ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  リスクマネジメント  内部統制  英文内部監査報告書の作成ノウハウとビジネス英語の勘どころ

開催日 2020/11/26 (木) 開催地 東京都

英文内部監査報告書の作成ノウハウとビジネス英語の勘どころ

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 藤井 範彰 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
今回は、監査や内部統制の分野で活躍する専門家として押さえておきたい慣行的な英語表現や専門用語の使い方および日本人が間違いやすい表現形式などを解説します。
更に、米国などで監査プロフェッショナルの教育に使われるビジネス英語の書き方や文法上のルールを教える事例を紹介します。これを通して本場のビジネス英語の感覚を味わっていただければと思います。

セミナーの対象者はこんな方です

監査部門、海外事業の監査・内部統制の実務および管理に携わる方
  特典
開催日時 2020/11/26 (木)     13:00~ 17:00     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/11/25
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:麹町)
・住所: 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2F  
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
藤井 範彰 氏 講師写真

藤井 範彰 氏

藤井範彰公認会計士事務所 公認会計士・公認内部監査人・米国公認会計士(現在inactive)

カリキュラム、
プログラム
第1部.英文内部監査報告書の標準様式の例示と参考事例の検討
・監査報告に対するIIAの指針と英文の標準監査報告書の例示
・外国人が書いた報告書事例から学び取る英文監査報告書の書き方
・日本人の言語表現や文化の特性から気を付けたい英文レポートの留意点

第2部.海外監査に見られる指摘事項、改善提案の事例検討と書き方
国内では見られない指摘事例も含めて、海外の監査で見られる指摘・改善提案の事例を和文英訳ではなく外国人が書いた英文で(あるいは和訳も付けて)紹介し、どのようなロジックをどのような文章表現で書くかを具体的な案件ごとに指摘事項、リスクの記載、および改善提案の記載事例を見ながら理解を深めていただきます。

第3部.国際的な監査のプロとして押さえておきたいビネス英語 
監査に限らず国際業務のプロに必要なのは、専門能力と共にビジネス英語を使いこなす能力です。これは追及しても切りがないところですが、以下の様な点について時間の許す範囲でなるべく多くの参考事例を紹介します。
1.英文レポートを書くときに気を付けたい英語での慣行的な言い回しや専門家らしい表現
・内部統制の不全を指摘するためのロジックと英語表現における留意点
・専門家らしい正確な言葉への置き換えや実務でよく使う専門用語の使い方など

2.国際的なビジネス・パーソンとして押さえておきたいビジネス英語と英文法のルール 
・英文法や構文上の間違いやすい事例 -誤った例と正しい使い方の例の比較など
・米国で推奨される英文スタイル、ビジネス英語の文法的にも正確な使い方や言葉の選び方、
・改善提案に使える英語表現の例など
 
<質疑応答&意見交換> 講義をベースに質疑応答および自由な意見交換の場を設けます


※内容は若干変更する場合もあります。予めご承知おき願います
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円 (本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。