ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  業務改善/組織改善  業務効率を飛躍的に向上させたい人のための『仕事時短スキル』養成講座

開催日 2021/01/29 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

業務効率を飛躍的に向上させたい人のための『仕事時短スキル』養成講座

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 森 真一 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
本セミナーはWEB会議システム(ZOOM)を利用して開催いたします。 
ご自宅やオフィスなどからご受講可能でございます。

【開催にあたって】
政府の提唱する働き方改革により、各企業とも労働時間の削減が大きなテーマになっています。
しかし、労働時間を画一的に短くするというかつての“時短”ではなく、重要なのは、業務プロセスの効率化と社員のモチベーションを両立させ、単位時間の生産効率を高めていくことです。
本セミナーでは、「仕事のスピードアップによる生産効率の向上」に主眼を置き、具体的・実践的な手法を講師の体験を交えながら解説します。


セミナーの対象者はこんな方です

『仕事時短スキル』の向上に関心のある方
  特典
開催日時 2021/01/29 (金)     13:00~ 17:00     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2021/01/28
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 zoomセミナー
  

講師
森 真一 氏 講師写真

森 真一 氏

株式会社ヒューマンパワー・リサーチ 

カリキュラム、
プログラム
1.はじめに

2.なぜ仕事の時短が必要なのか

3.ヒューマンエラーの防止
(1)ヒューマンエラー(人的ミス)の3分類
・認知ミス ・判断ミス 
・行動ミス
(2)ヒューマンエラー(人的ミス)の防止対策
・心構え 
・ツールの活用

4.仕事時短術の準備
(1)仕事の分類
・定型業務(ルーチンワーク)
・非定型業務
・報連相業務(報告・連絡・相談)
・企画業務
(2)仕事の棚卸しシートを作成する(個人ワーク)
(3)時短できる仕事を考える(個人ワーク)
(4)仕事時短シートを作成する(個人ワーク)

5.仕事時短術の実践
(1)やることリストの活用(アイビーリーの25,000ドルのアイディア)
・時間を記録して分析する(ピータードラッカー流時間管理術)
・細切れ時間の活用(専用の仕事を用意する)
(2)フォーマットの活用(仕事を型にはめる)
・企画書、報告書、議事録、その他
・TTP(できる人のやり方を徹底的にパクる)
(3)報連相の効率化
・結果報告「PREP法(結論・理由・具体例・結論)を使う」
・途中経過報告(企画書・報告書は60%の完成時点で報告)
・メール連絡(定型文の用意・すぐに返信する)
・電話連絡(用件を整理してから電話する)
(4)すぐに着手する(鉄は熱いうちに打て)
(5)デッドライン(締切日)を早く設定する
(6)タイムパフォーマンスの価値観
(7)自分にしかできない仕事を明確にする

6.仕事時短術の水平展開
(1)ベクトルを合わせるための施策
(2)タイムパフォーマンスの価値観を共有するための施策
(3)信賞必罰を徹底するための施策


※本セミナーは『社内研修』としての開催も可能です。
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円(本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円(本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。